Windows TIPS
[User Interface]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

リモート・デスクトップ接続中にリモート・コンピュータを再起動する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 島田 広道
2010/11/12
対象OS
Windows XP
Windows Vista
Windows 7
リモート・デスクトップで作業中に、リモート・コンピュータを再起動したいことがある。
しかしリモート・デスクトップでは、ローカルでの操作時と異なり、スタート・メニューに[再起動]や[シャットダウン]といった項目が表示されない。
セキュリティ・ダイアログやタスク・マネージャを呼び出せば、再起動やシャットダウンを実行できる。

解説

 リモート・デスクトップを利用すると、あたかもローカル・コンピュータを操作するような感覚でリモート・コンピュータを操作できる。それゆえ、ローカル・コンピュータで可能な操作はリモート・コンピュータでも同じようにできると思いがちだ。しかし例外もある。

 その1つがシステムの再起動だ。調子がおかしくなったリモート・コンピュータを回復させるために、あるいはシステム関連の設定変更を反映させるために、といった理由からリモート・デスクトップによる作業中にリモート・コンピュータを再起動したいことがある。しかし、例えばWindows 7の場合、次のようにローカルではスタート・メニューからすぐに再起動を実行できるのに対し、リモート・デスクトップではそれができない。再起動のメニュー項目が表示されないからだ。

■ローカルで操作しているときのスタート・メニュー
■リモート・デスクトップでのスタート・メニュー
Windows 7へのリモート・デスクトップ接続時、スタート・メニューには[再起動]などがない
ローカルで操作しているときは、スタート・メニューから[シャットダウン]ボタンのすぐ右脇をクリックすると、再起動を含むメニューが現れる。一方、リモート・デスクトップでは、[シャットダウン]ボタンの代わりに[ログオフ]ボタンがあり、同様にその右脇をクリックしても[再起動]や[シャットダウン]といった項目は表示されない。

 そこで本稿では、再起動やシャットダウン、スリープなどをリモート・デスクトップから実行する手順を説明する。接続先のWindows OSの種類によって手順に違いがあるので注意が必要だ。

 リモート・デスクトップ以外の手段でリモート・コンピュータを再起動またはシャットダウンする方法については、TIPS「システムをリモートからシャットダウンする」を参照していただきたい。

  操作方法

 以下では、接続先のWindows OSを次のように分類して操作手順を説明する。

Windows 7/Windows Vistaの場合

TIPS「リモート・デスクトップ・クライアントでCtrl+Alt+Deleteを送信する

 Windows 7やWindows Vistaにリモート・デスクトップで接続中に再起動を行うには、まずスタート・メニューから[Windows セキュリティ]をクリックする。あるいは[Ctrl]+[Alt]+[End]キーを押す(この操作については関連記事が参考になる)。するとセキュリティ・ダイアログが表示される。

セキュリティ・ダイアログを表示させる
[Ctrl]+[Alt]+[End]キーを押すことでも、セキュリティ・ダイアログは表示できる。
これをクリックする。→

 画面が切り替わってセキュリティ・ダイアログが表示されたら、画面右下にある赤いボタンのうち、右側の▲マークの方をクリックする。表示されたメニューから[再起動]を選べば、再起動が実行できる。シャットダウンやスリープも可能だ。

セキュリティ・ダイアログから再起動を実行する
  これをクリックするとシャットダウンが実行される。Windows Updateによってパッチが適用可能な場合、これをクリックするとパッチの適用とシャットダウンが自動的に実行される。
  これをクリックするとのメニューが表示される。
  [再起動]をクリックすれば、再起動が実行される。シャットダウンやスリープも可能だ。

 リモート・デスクトップ接続の開始直後にログオン画面が表示された場合、上の画面と同じ赤いボタンが表示されていれば、同じ操作手順で再起動やシャットダウンができる。

Windows XPの場合

 Windows XPにリモート・デスクトップで接続中に再起動を行うには、まずスタート・メニューから[Windows セキュリティ]をクリックする。あるいは[Ctrl]+[Alt]+[End]キーを押す。

セキュリティ・ダイアログまたはタスク・マネージャを表示させる
この操作の代わりに[Ctrl]+[Alt]+[End]キーを押してもよい。
  これをクリックすると、設定に応じてセキュリティ・ダイアログかタスク・マネージャのどちらかが起動する。

 接続先のWindows XPがドメインに参加しているか、ユーザー・アカウントの設定で[ようこそ画面を使用する]という設定がオフの場合、次のようにセキュリティ・ダイアログが表示される。あとはローカル操作時と同様に再起動やシャットダウンが可能だ。

セキュリティ・ダイアログから再起動を実行する
接続先のWindows XPにて、[ようこそ画面を使用する]という設定がオフ、すなわちログオン画面が表示される設定の場合、前述の操作によってセキュリティ・ダイアログが表示される。
  これをクリックするとのダイアログが表示される。
  シャットダウンや再起動を行うためのダイアログ。
  これをクリックして表示されるプルダウン・メニューから[再起動]をクリックすれば、再起動が実行される。シャットダウンやスタンバイなども可能だ。

 一方、ユーザー・アカウントの設定で[ようこそ画面を使用する]がオンの場合、タスク・マネージャが起動される。次のように[シャットダウン]メニューをクリックすると、再起動やシャットダウンを実行できる。

タスク・マネージャから再起動を実行する
接続先のWindows XPにて、[ようこそ画面を使用する]という設定がオンの場合、前述の操作によってタスク・マネージャが表示される。
これをクリックするとのメニューが表示される。
[再起動]をクリックすると再起動が実行される。シャットダウンの場合は[コンピュータの電源を切る]をクリックする。

Windows Server 2003/2008/2008 R2の場合

 Windows Serverについては、リモート・デスクトップでもローカル操作時と同じ手順でスタート・メニューから再起動やシャットダウンを実行できる。End of Article

この記事と関連性の高い別のWindows TIPS
システムをリモートからシャットダウンする
リモート・デスクトップ・クライアントでCtrl+Alt+Deleteを送信する
リモートから「リモート デスクトップ」を許可する
[スタート]メニューの[シャットダウン]ボタンの設定を変更する
リモート・デスクトップの便利なショートカット・キー
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「Windows TIPS」

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • 第423話 歴史の悲劇 (2014/7/29)
     どうしてハードディスクはCドライブなんだ。AやBはどうした。えっ、PCの歴史を知らないからだって? そんなもの知る必要あるの?
  • iPhone/iPadで使える「iBeacon」とは? (2014/7/28)
     iBeaconを活用したサービスでは、iPhoneなどのユーザーが実店舗に入店したときだけクーポンを入手したりできるという。その仕組みは? 活用例は?
  • dirコマンドでファイル名の一覧を取得する【更新】 (2014/7/25)
     Windows OS標準コマンドの基本中の基本、といっても過言ではないdirコマンド。オプションを駆使してさまざまなファイル名一覧を取得する方法を解説
  • PowerShell DSCによる展開の概要とプッシュ型展開 (2014/7/24)
     Windows OSの設定や構成変更を簡単に、そして確実に行うことができるPowerShell DSC。今回は展開の概要とプッシュ型の展開方法について解説
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第2回 ヒートマップでLPO――ヒートマップの登場で“in-page web analytics”時代に突入したLPO
ヒートマップがWebサイト分析の現場に登場したことで、LPOは、“in-page web analytics”...

ダウンロードフリー! 「戦略リーダーとしてのマーケティング組織、CMO機能」(eBook版)
「ITmedia マーケティング」編集部では、過去の人気連載をeBook 形式に再編集した新シリ...

第1回 なぜ、いま、DMPなのか?
最近のデジタルマーケティング分野における重要キーワードにDMP(Data Management Platfo...