Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

Windows UpdateのトラブルをFix itで解消する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 小林 章彦
2011/09/09
対象OS
Windows XP
Windows Server 2003
Windows Vista
Windows Server 2008
Windows 7
Windows Server 2008 R2
Windows Updateを実行したとき、エラーが発生して修正プログラムの検出・適用ができないことがある。
失敗する理由はさまざまだが、その原因を特定して修復するのは簡単ではない。
マイクロソフトのサポート技術情報で提供されているWindows Updateの問題を診断・修復する「Fix it」を実行することで、自動的に問題を修復できる。

解説

 Windows Update(以下WU)は、Windows OSなどの脆弱性や不具合を解消する修正プログラムを適用するのに非常に便利なサービスだ。自動更新も含めると、ほとんどのユーザーが利用しているだろう。

TIPS「[Fix it]アイコンとは」

 しかし突如としてWUが、8桁の16進数のエラーを表示して、修正プログラムの検出や適用に失敗することがある。マイクロソフトのサポート・オンラインにある「Windows Update サポート ページ」には、エラー・コードとその対処方法を記したサポート技術情報へのリンクが掲載されている。だが、エラー・コードから原因を究明し、不具合を解消するのは難しい作業である。

 実は、こうしたエラーの原因を特定して修復する診断ツール(Fix it)がマイクロソフトから提供されている。WU関連のファイルが壊れたなどの原因により、WUが正常に起動しないような不具合は、このFix itを実行することで自動的に検出、修復できる可能性がある。本稿では、このFix itを使ったWUの不具合解消方法を紹介する。

 なおこのWU向けfix itは、WUで配布されている修正プログラムが適用できない不具合を解消するものではないことに注意していただきたい。WU自身を構成するファイルなどに問題がある場合に、それを修正するものである。

  操作方法

 何らかの不具合によりWUが正常に動作せず、修正プログラムの適用が行えないような場合は、以下のマイクロソフト サポート・オンラインを開き、Fix itを実行してみよう 。Webブラウザで下記のURLを開き、[今すぐ実行]ボタンをクリックする。すると「MicrosoftFixit.wu.Run.exe」を実行または保存するか聞かれるので、[実行]ボタンをクリックして、MicrosoftFixit.wu.Run.exeを実行する。

マイクロソフト サポート・オンラインの「診断ツール Fix it : Windows Update に失敗する問題」ページ
WUに不具合が生じている場合は、このページを開き、[今すぐ実行]ボタンをクリックし、Fix itを実行してみよう。
[今すぐ実行]ボタンをクリックし、Fix it(MicrosoftFixit.wu.Run.exe)を実行する。

 ユーザー・アカウント制御(UAC)の警告ダイアログが表示されたら、ここで[はい]ボタンをクリックすると、[Microsoft Fix it]ウィザードが起動する。あとはウィザードの指示に従って進めていき、[Windowsを更新できない問題を解決します。]ぺージでは、「問題を検出して、解決方法を表示する」を選択する。こちらを選択しておけば、どのような不具合が発生しているか、検出した結果を確認できる。すぐ自動的に修復したい場合は、「問題を検出して、解決方法を適用する」を選択する。なおFix itは、実行エンジンなどをインターネットからダウンロードするため、実行する際にはインターネット接続が必要となる。

TIPS「Windows Updateのトラブルを解消する(SoftwareDistributionフォルダ修復)」

 不具合が検出されたら、そのままウィザードを進め、その不具合を修復させればよい。このようにウィザードで簡単に不具合が解消できるため、エラー・コードなどをサポート技術情報で調べ、不具合修正プログラムを適用するといった面倒な作業から解放される。WUに不具合が生じた場合は、まず、このFix itを実行してみるとよい。それでも解消されない場合は、関連記事にある解消方法も試してみよう。End of Article

ウィザードの[Windowsを更新できない問題を解決します。]ぺージの画面
「問題を検出して、解決方法を表示する」を選択すると、どのような不具合が発生しているか、検出した結果を確認できる。
自動的に不具合を修復したい場合は、こちらを選択する。
原因を確認するには、こちらを選択する。→

ウィザードの[診断が完了しました]ぺージの画面
診断によって見つかった不具合と解決方法が表示される。
  見つかった不具合と解決方法。
  不具合の詳細を知るには、ここをクリックする。 →

ウィザードの[トラブルシューティング レポート]ぺージの画面
このページで不具合の詳細を確認できる。ここでは、Windows Updateのコンポーネントに修復が必要な問題が検出されたことが分かる。

この記事と関連性の高い別のWindows TIPS
サポート技術情報にある[Fix it]アイコンとは
Windows Update/Microsoft Updateのトラブルを解消する(SoftwareDistributionフォルダを修復する方法)
Windows Update/Microsoft Updateの主なエラー番号別対処方法
Internet Explorer 7/8の設定をリセットする
修正プログラムのアンインストール情報を削除してディスクの空き容量を増やす
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「Windows TIPS」

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • PowerShell DSCによる展開の概要とプッシュ型展開 (2014/7/24)
     Windows OSの設定や構成変更を簡単に、そして確実に行うことができるPowerShell DSC。今回は展開の概要とプッシュ型の展開方法について解説
  • IIS/Azure WebのURL Rewriteの基本的な使い方 (2014/7/23)
     WebサイトのURLを変更したいとき、いちいちHTMLファイルの名前や配置を変えるのは非効率だ。URL Rewriteで手間なくURLを「書き換える」方法を解説
  • 第422話 つい (2014/7/22)
     成功する可能性があるものは、成功する。失敗する可能性があるものは、失敗する……
  • Twitterのアプリ連携を確認・解除する (2014/7/18)
     Twitterでしばしば報告されるアプリ連携機能を悪用したスパム行為などの被害。ときどき連携アプリ調べて、不審なものは解除した方がよい。その方法は?
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

検索広告市場の構造変化――モバイル端末のクリックが全検索広告の50%に
モバイル端末の急速な普及は、企業に対し、検索広告市場に対する戦略の転換を迫る。検索...

第3回 潜在興味を言語化するカギ、Topic Modelの威力とは
潜在興味を炙り出す方法を発見し、そのための武器である「Topic Model」も手に入れました...

LINE、Google+を活用する企業がいずれも3割超え
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションとループス・コミュニケーションズ...