Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

クライアント版Windowsに付属するIISの制限

デジタルアドバンテージ 島田 広道
2002/02/27
2009/10/09更新
対象ソフトウェア
Windows 2000 Professional
Windows XP Professional
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business
Windows Vista Enterprise
Windows Vista Ultimate
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows 7 Enterprise
Windows 7 Ultimate
一部の例外を除いて、クライアント版Windows OSにも、Windows Serverと同様にWebサーバ/FTPサーバを構築するためのIISが標準で添付されている。
ただし、これらのWindowsに付属するIISは、Windows Server版と比較すると制限が加えられており、本格的なサービスを提供するサーバには使えない。
Webアプリケーションの開発テスト・検証、あるいはごく小規模のイントラネット・サーバ/インターネット・サーバといった用途が考えられる。

  解説

 Windows 2000以降のWindows OSには、一部のエディションおよびWindows Meを除いて、コンピュータをWebサーバやFTPサーバとして機能させるためのInternet Information Services(以下IIS)が標準添付されている。Windows 2000 ProfessionalやWindows XP Professional、Windows Vista、Windows 7といったクライアント版Windowsでも、サーバ版Windows(Windows Server)と対応するバージョンのIISが利用できる。ただし例外もあって、Windows XP Home EditionではIISを利用できない。また、Windows Vista/Windows 7のStarter/Home Basicの各エディションは、IISのコンポーネントの一部を含んでいるものの、WebサーバやFTPサーバとしては利用できないので注意が必要だ。

クライアント版Windows OS IISのバージョン 同じバージョンのIISを搭載するWindows Server
Windows 2000 Professional IIS 5.0 Windows 2000 Server
Windows XP Professional IIS 5.1 −(強いて挙げればIIS 6.0搭載のWindows Server 2003)
Windows Vista IIS 7.0 Windows Server 2008
Windows 7 IIS 7.5 Windows Server 2008 R2
クライアント版Windows OSで利用できるIISのバージョン
いずれもIISは標準添付されている。またWindows XP Professionalを除いて、同じバージョンのIISを搭載したWindows Serverが存在する。

 インターネット/イントラネットに接続されたWindowsマシンにこの機能をインストールすれば、WebサーバやFTPサーバとして機能させることができる。クライアント版Windowsの場合、IISはデフォルトではインストールされないが、手動でインストールすれば利用できるようになる(インストール方法の詳細についてはTIPS「クライアント版WindowsでIISをインストールする」を参照)。

 ただし、Windows Serverに含まれるIISと比較すると、クライアント版Windowsに含まれるIISには何らかの制限が加えられている。特にWindows 2000 Professional/Windows XP Professionalの制限は重大といえる。それに比べると、エディションにもよるが、Windows Vista/Windows 7の制限は緩い。

Windows 2000 Professional/Windows XP ProfessionalにおけるIISの制限

 これらのクライアント版WindowsのIISには、同等バージョンのWindows Server版IISと比較して、次のような制限が加えられている。

Webサーバの機能制限 
制限項目/未サポート機能 内容
単一のWebサイトのみ作成可能 Server版付属のIISのように、1つのマシンで複数のWebサイトを構築することはできない。またWebページ・ファイルの保存場所はローカル・ディスクのみを指定可能で、ネットワーク上の共有ディレクトリを指定したり、ほかのURLにリダイレクトしたりはできない
TCPでの同時接続数は最大10個まで TCPレベルでの同時接続数が最大で10個までに制限される。1人のユーザーが多数のTCP接続を開始している場合には、それだけで10個のTCP接続がいっぱいになってしまう可能性がある
HTTP圧縮機能 HTTP圧縮機能は、これをサポートするWebサーバとWebブラウザ間で、ページを高速に転送するための技術。Server版のIISでは、この機能によりネットワーク・トラフィックを軽減できる
IPアドレスとドメイン名の制限機能 IPアドレスやドメイン名によって、Webサーバへのアクセスを制限する機能
プロセス調整機能 ASPなどによる外部アプリケーション・プロセスを高速実行するための調整機能
Webサイト・オペレータの変更機能 Windows OSの管理者権限とは別に、一部のWebサイト管理機能だけを利用可能なサイト・オペレータに任意のユーザー・グループを指定する機能
ODBC経由でのログ収集機能 大量のログを収集・管理するためのデータベース・インターフェイス
帯域幅調整機能 Webサーバで使用する帯域幅を調整する機能
FTPサーバの機能制限 
制限項目/未サポート機能 内容
単一のFTPサイトのみ作成可能 1つのマシンで複数のFTPサイトを構築することはできない。またFTPサーバのファイルの保存場所はローカル・ディスクのみを指定可能で、ネットワーク上の共有ディレクトリは指定できない
TCP/IPアクセス制限機能 TCP/IPの条件によりFTPサーバへのアクセスを制限する機能
ODBC経由でのログ収集機能 大量のログを収集・管理するためのデータベース・インターフェイス
FTPサイト・オペレータの変更機能 サイト・オペレータに任意のユーザー・グループを指定する機能
そのほかのサーバの機能制限 
制限項目/未サポート機能 内容
SMTPサーバにおけるODBC経由でのログ収集機能 大量のログを収集・管理するためのデータベース・インターフェイス
NNTPサーバ機能 ネット・ニュース用サーバを公開する機能
Windows 2000 Professional/Windows XP ProfessionalにおけるIISの制限
これらのクライアント版IISでは、上記の機能が利用できない。

 制限事項をざっと眺めれば、多数のユーザーに向けて本格的なサービスを公開するための機能が制限されていることが分かるだろう。まず、単一のWebサイト/FTPサイトしか構築できないことに加え、Webページ・ファイルやFTP用のファイルの保存先もローカル・ディスクのみ指定可能で、ネットワーク上の共有ディレクトリなどは指定できない。

 そしてTCPレベルでの同時接続数は最大で10個までに制限される。ここで注意すべきは、10個までのTCP接続が許されるからといって、10人のユーザーが同時にWebページを表示できるわけではないことだ。Webブラウザは、テキストや画像など、複数の要素からなるWebページを表示する際、複数のTCP接続を開始して、それらのデータを並行してダウンロードするようになっている。このため、たとえWebサーバに接続しているユーザー数がわずかでも、1人のユーザーが多数のTCP接続を開始している場合には、それだけで10個のTCP接続がいっぱいになってしまう可能性がある。

 このほか、Webページ・データを圧縮してネットワーク・トラフィックを低減させるHTTP圧縮機能や、複数メンバでサイトを管理することを想定したサイト・オペレータの変更機能、ASP(Active Server Pages)などのWebアプリケーションを効率よく実行するためのプロセス調整機能、サイトのセキュリティを向上させるIPアドレスとドメイン名の制限機能(Webサーバ)やTCP/IPアクセス制限機能(FTPサーバ)など、いずれも大規模なサイト構築では欠かせない機能が制限されている。

Windows Vista/Windows 7におけるIISの制限

 Windows Vista/Windows 7のIISに加えられた制限は、以下のようにエディションによって異なる。

機能名または制限 内容 Business/
Professional/
Enterprise/
Ultimate
Home Premium
同時接続の制限 クライアント版IISでは、外部からWebサーバ/FTPサーバに対する接続要求のうち、同時に処理できる最大数が決まっている。それを超える接続要求はキューに送られて順番に処理されるが、キューが満杯になるとエラーになってしまう。つまり多数のクライアントからのアクセスには応えられない。Windows Server版では無制限 10 3
WebDAV発行 WebDAV(Web Distributed Authoring and Versioning)を利用したWebサーバでのファイル公開機能 Vista:×
Win 7:○
×
ODBCログ 大量のログを収集・管理するためのデータベース・インターフェイス ×
Windows認証 ユーザー認証機能の1つで、Active Directoryを利用してWindowsドメイン・アカウントによる認証を可能にする ×
ダイジェスト認証 ユーザー認証機能の1つで、パスワードのハッシュ値を送信することで基本認証(ベーシック認証)よりセキュリティを高められる ×
クライアント証明書マッピング認証 ユーザー認証機能の1つで、Active Directoryを利用したクライアント証明書による認証を可能にする ×
IISクライアント証明書マッピング認証 ユーザー認証機能の1つで、IIS自身によるクライアント証明書での認証を可能にする ×
FTPサーバ FTPサーバを公開できる ×
Windows Vista/Windows 7の各エディションにおけるIISの制限
同じバージョンのWindows Server版IISと比べて、制限のあるIISの機能をピックアップした。特記しない限りWindows VistaとWindows 7で共通である。なお、WebサーバおよびFTPサーバの機能がないStarter/Home Basicエディションについては省略した。

 どのエディションでも同時接続数は制限されるが、機能面での制限が加えられているのはHome Premiumエディションだけだ。Business/Professional/ Enterprise/Ultimateの各エディションでは、同じバージョンのWindows Server版IISと同じ機能を利用できる(例外はWindows VistaのWebDAV発行機能で、全エディションで利用できない)。

 Business/Professional/ Enterprise/Ultimateに機能制限がないのは、これらが企業でWebアプリケーションの開発テスト・検証用として使われるためだろう。マイクロソフトは、開発テスト・検証にクライアント版IISを利用した場合でも、実運用ではWindows Server版IISを使うことを推奨している。これに従った場合、両者に機能差があると、機能によってはクライアント版IISでテストができなかったり、実運用への移行時に設定の追加や変更が必要になったりと面倒なことが増えてしまう。そのため、クライアント版とWindows Server版で機能がそろっていた方が、開発・運用ともに都合がよい。

 機能制限はなくても、同時接続数は10以下に制限されているため、これらのエディションを多数のユーザー向けの本格的なサービス提供には利用できない。

 一方、Home Premiumに加えられた制限の対象は、WebDAV発行やFTPサーバを除けば企業でしか使われない機能といえる。認証機能についても、基本認証(ベーシック認証)は利用できる。つまり、WebDAV発行やFTPサーバを除けば、Home Premium本来の家庭向け用途に支障はないだろう。逆にいえば、WebDAV(Windows 7のみ)やFTPサーバが必要な場面では、Home Premiumの代わりにBusiness/Professional/ Enterprise/Ultimateのいずれか、あるいはWindows Serverを用意しなければならない。

クライアント版Windows OSに付属のIISは開発用途、ごく少数ユーザー向け

 上述のようにクライアント版Windows OSに付属のIISには、機能制限あるいは同時接続数の制限があるため、多数のユーザーに対する本格的なサービス提供は不可能といってよい。ではどんな用途に使えるのか? 1つは、Webアプリケーションの開発テスト・検証用だ。ただ、Windows 2000 Professional/Windows XP ProfessionalのIISでは、機能制限が多いせいでテストや検証に使えない可能性もあるので注意したい。

 もう1つの用途は、ごく小規模なシステムでの実運用だ。例えばSOHOのイントラネット環境などで情報ポータルのようなサイトを構築したり、FTPベースのファイル・サーバを構築したりするくらいのことは可能だろう。また、セキュリティの確保に注意を払わなければならないが、例えば家族など、ごく限られた人だけがアクセスするWebサイト程度なら、インターネット向けにサービスを公開することは不可能ではない。End of Article

この記事と関連性の高い別の記事

このリストは、デジタルアドバンテージが開発した自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。

generated byJigsaw
更新履歴
【2009/10/09】Windows Vista/Windows 7のIISについて記述を追加しました。

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • Mastodon(マストドン) (2017/4/26)
     ネット上で話題の「Mastodon」について解説。次世代Twitterとも称されるMastodonとはどのようなものなのか、特徴や問題点などを見ていこう
  • 第546話 悪夢のワケ (2017/4/25)
     うーーん……うわぁぁ! ハッ! あぁ、またインベーダーが迫ってくる夢か……、最近こればっかりだな…… はぁはぁ
  • Gmailを便利に使うための初期設定TIPS 8選 (2017/4/21)
     Gmailを便利に使うための初期設定をまとめた。Gmailを使い始めたら、この初期設定を行おう。うっかり誤送信を防止できたり、スターの使い勝手が向上したりする
  • HTTP Cookieとは何か? その役割は? (2017/4/20)
     ステートレスなHTTPプロトコルにおいて、セッション管理やユーザーの行動追跡などを行うために使われているCookie。その概要を解説
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH