Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

新規ユーザーのログオン時も[Windows 2000の紹介]ダイアログを表示しないようにする

解説をスキップして操作方法を読む

デジタル・アドバンテージ
2003/03/01
 
対象OS
Windows 2000 Professional
新しいユーザーがWindows 2000にログオンすると、[Windows 2000の紹介]ダイアログが表示される。
これは初心者ユーザーを対象とするもので、熟練ユーザーにとっては無用の長物であるとともに、自動化処理の妨げとなる場合もある。
 

解説

 Windows 2000 Professionalシステムにユーザーが初めてログオンすると、次のような[Windows 2000の紹介]ダイアログ・ボックスが表示さる。

Windows 2000の紹介ダイアログ・ボックス
Windows 2000 Professionalシステムにユーザーが初めてログオンすると、このダイアログが最前面に表示される。初めてWindows 2000に触れる人に対して、Windows 2000を紹介するという親切な機能なのだが、何度も目にするのはうっとうしいし、何らかの自動化処理などを行うときには障害になる場合もある。
  このチェック・ボックスをオフにすれば、次回からはダイアログが表示されなくなる。

 画面から分かるとおり、これはWindows 2000に始めて触れるユーザーに対して、Windows 2000の機能紹介などを行うものだ(Windows XPでは、ダイアログが表示される代わりに、Windows XPの機能概要を紹介するツアーの開始ボタンが通知領域に表示されるように変更された)。親切心から組み込まれたものだが、熟練ユーザーにとっては無用の長物である。幸い、左下にある[スタートアップ時にこの画面を表示]チェック・ボックスをオフにすれば、次回のログオン時(同一ユーザーでのログオン時)からはダイアログは表示されなくなる。

 しかし、新規ユーザーでログオンしたときには、またぞろダイアログが表示されてしまう。うっとうしいだけなら許せるのだが、ユーザーの状態によって(すでにログオンして、チェック・ボックスをオフにしているか、オフにしていないか。あるいは初回のログオンか)によって、起動時の状態が変化することになる。例えば、多数のクライアント・コンピュータを一斉に起動させて、グラフィカル・インターフェイスを制御して、何らかの自動化処理を実行する場合などは、コンピュータの状態によって操作が異なってしまう(Office向けのサービス・リリースやセキュリティ・アップデートを自動インストールする場合など)。

 必要なら、新しいユーザーが初めてログオンしたときでも、紹介ダイアログを表示しないように設定することができる。これには、新規ユーザーがログオンしたときにソースとして参照されるレジストリ・データを編集すればよい。

 新規ユーザーが初めてログオンしたとき、Windowsシステムはそのユーザー向けのプロファイル・フォルダを作成する(初回ログオン時に多少時間がかかるのはこのためだ)。例えば、WindowsがC:にインストールされているとして、ユーザー名が「testuser」なら、プロファイル・フォルダ(デフォルト時)は次のようになる。

C:\Documents and Settings\testuser

 周知のとおり、このフォルダ以下は、「マイ ドキュメント」や「お気に入り」など、ユーザーの作業ディレクトリとして使用されることになる。またこのフォルダには、ユーザーごとの設定を保存するレジストリ・ファイル(ntuser.dat)もある。ユーザーごとの設定情報は、このレジストリに記録される。

 プロファイル・フォルダの新規作成では、次のフォルダにあるファイルがオリジナルとして使われる。

C:\Documents and Settings\Default User

 つまりユーザーごとのntuser.datファイルは、システムに最初にログオンしたときに、このDafault Userフォルダの下にあるntuser.datを元にしてコピーされるのだ。

 従ってすべての新規ユーザーで「紹介ダイアログ」を非表示にするには、このDefault User以下にあるntuser.datファイルを編集してしまえばよいわけだ。


操作方法

Default Userフォルダのutuser.datファイルを編集する

[注意]

レジストリに不正な値を書き込んでしまうと、システムに重大な障害を及ぼし、最悪の場合、システムの再インストールを余儀なくされることもあります。レジストリ エディタの操作は慎重に行うとともに、あくまで御自分のリスクで設定を行ってください。何らかの障害が発生した場合でも、本Windows Server Insider編集部では責任を負いかねます。ご了承ください。

 まず最初にレジストリ・エディタを起動する。[スタート]−[ファイル名を指定して実行]で“regedt32”と入力して[OK]をクリックする。

 レジストリ・エディタが起動したら、[ローカル コンピュータ上の HKEY_LOCAL_MACHINE]ウィンドウをアクティブにしてから、[レジストリ]メニューの[ハイブのロード]を実行する。「ハイブ」とは、レジストリの特定のセクションを指すもので、今回は「レジストリ・ファイルをロードする」と思えばよい。

[レジストリ]−[ハイブのロード]を実行する
これにより、レジストリ・ファイルをレジストリ・エディタにロードする。アプリケーションでドキュメント・ファイルを開くのと同じである。
  これを実行する。

 メニューを実行すると、ファイル・オープン・ダイアログが表示されるので、以下のファイルを指定して[開く]ボタンをクリックする(システムの状態によっては、ドライブやフォルダ名が異なる場合もある。ここでは、システム・ドライブはC:で、デフォルトのプロファイル・フォルダが使われるものとする)。

C:\Documents and Settings\Default User\ntuser.dat

ntuser.datファイルをロードする
C:\Documents and Settings\Default Userの下にあるntuser.datファイルを指定する。
  このファイルをロードする。

 すると、ロードするハイブのキー名を要求されるので、「ntuser」と入力して、[OK]ボタンをクリックする。こうすると、HKEY_LOCAL_MACHINEの直下に「ntuser」というハイブ(レジストリ・ツリー)がロードされて表示される。

 次は追加されたntuserツリーの階層を下りながら、以下のキーを選択する。

Software\Microsoft\Windows\Currentversion\Explorer\Tips

 このとき右のペインに表示される「SHOW : REG DWORD : 1」の部分をダブルクリックし、表示される入力ダイアログでREG_DWORD値をデフォルトの1から0に変更し、[OK]をクリックする。

レジストリ・エディタでのデータの編集
変更したいレジストリ・ファイルを指定してロードし、目的のデータを変更し、アンロードする。
  Software\Microsoft\Windows\Currentversion\Explorer\Tipsキー
  これをダブルクリックして、表示されるダイアログで値をデフォルトの1から0に変更する。

 以上でデータの変更は終わりなので、再度トップの「ntuser」キー(ツリーのトップ)をクリックして、[レジストリ]−[ハイブのアンロード]メニューを実行し、表示される警告ダイアログで[はい]をクリックし、ntuserハイブをアンロードする。レジストリ・エディタを終了する。

 これ以後は、新規ユーザーがログオンしても、「紹介ダイアログ」は表示されないようになる。ただし、しくみ上、すでにログオンを行って、プロファイル・フォルダができてしまったユーザーに対しては効果はないので、そのユーザーについては紹介ダイアログのチェック・ボックスをオフにする。End of Article

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH