Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

Windows Updateの不要な項目を表示させないようにする

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ
2003/08/23
 
対象OS
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows 2000 Advanced Server
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows Server 2003
Windows Updateでは、必須ではないが、インストールした方がよいとされる項目が[推奨する更新]として表示される。
[推奨する更新]をインストールしない場合、Windows Updateを実行するたびに表示されるので、少々煩わしいと感じられることもある。
Windows Updateをカスタマイズすれば、[推奨する更新]に表示させないようにできる。
 
解説

 システムの脆弱性を防いだり、不具合を修正したりするために、マイクロソフトからはさまざまな修正プログラムやホットフィックス、サービスパックなどが提供されている。これを実際にシステムにインストールするためには、Windows Updateが使われることが多い。だがWindows Updateでは、「重要な更新(緊急性の高いセキュリティ・フィックスや不具合の修正)」だけでなく、「推奨する更新」という項目も表示されることがある。このカテゴリには、例えば「Microsoft .NET Framework Version 1.1」や「Microsoft Windows Journal ビューア」を始めとして、インストールは必須ではないが、必要ならばインストールしてもよい、といった項目が含まれている。これらの項目は、ユーザーが選択した場合にのみインストールされる(これに対し、「重要な更新」は、ユーザーが解除しない限りインストールされることになっている)。

表示された「推奨する更新」の項目
このカテゴリには、インストールは必須ではないが、(必要ならば)インストールするのが望ましいと考えられるプログラムなどが登録されている。だが、Windows Updateを毎回実行するたびに表示されるのは、やや煩わしい。設定を変更することにより、これらを表示しないようにすることができる。
  この「重要な更新とService Pack」には、セキュリティ・パッチや不具合の修正など、必ずインストールした方がよいものが登録されている。
  「推奨する更新」には、インストールしてもよいもの、インストールするのが望ましいもの、などが表示されている。この項目をクリックすると、右側のペインに項目が一覧表示される。インストールに伴う無用なトラブルを避けるためには、これらの項目は、必要になった時点でインストールすればよいだろう。
  この「ドライバの更新」カテゴリのデバイス・ドライバも、現在問題がなければ積極的にインストールする必要はない。
  現在利用可能な「推奨する更新」の一覧。デフォルトではインストールされない。[追加]ボタンをクリックすると、インストールされることになる。
  「推奨する更新」の表示項目をカスタマイズするためには、この[Windows Updateのカスタマイズ]をクリックする。

 つまり、ユーザーが明示的にインストールを指示しない限り、Windows Updateを実行するたびに「推奨する更新」がいくつか表示されることになる。これは便利なようでもあるが、少々煩わしいと感じられることも多い。ここに表示されるものは何でもインストールしておくのが望ましいわけではなく、本当にその機能が必要になった時点でインストールするのが望ましいからだ(現在特に問題が起こっていないのならば、無用なトラブルを避けるためにもインストールしないというのは正しい判断である)。

 Windows Updateの設定を変更すると、不要な「推奨する更新」を表示させないようにすることができる。こうやって設定を行っても、最初の1回は表示されるので、まったく気が付かなくなって見落としてしまう、ということはない。表示された各項目を調査して、当面は不要であると判断すれば、それを表示させないように設定しておけばよい。必要ならば、後でまた「推奨する更新」に表示させることも可能である。


操作方法

 上のWindows Updateの画面において、左側にある[Windows Updateのカスタマイズ]をクリックすると、推奨する更新をカスタマイズするための画面に切り替わる。

推奨する更新のカスタマイズ
不要な項目を表示させないようにすることができる。インストールしたくなったら、またカスタマイズすればよい。
  カスタマイズするにはこれをクリックする。
  表示させたくない項目のチェック・ボックスをオフにする。
  設定が終了したら、これをクリックする。

 この画面の右側にある[Windows 2000の更新](Windows XPの場合は[Windows XPの更新])の下に、利用可能な項目の一覧とチェック・ボックスが表示されている。デフォルトではすべてのチェック・ボックスがオンになっているが、表示させたくないものをオフにすればよい。そして上部にある[設定の保存]をクリックすると、ただちに設定が反映され、[推奨する更新]のリストが更新される。

 以上の設定により、以後Windows Updateを実行しても、ここで非選択にした項目は[推奨する更新]には表示されなくなる。もしこれらの項目をインストールしたくなったら、またこのカスタマイズ画面を表示させ、それぞれのチェック・ボックスをオンにすればよい。End of Article

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH