Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

お気に入り一覧を印刷する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ
2003/08/30
 
対象OS
Internet Explorer 6.0
Internet Explorer 5.5
Internet Explorer 5.0
IEの「お気に入り」は便利な機能だが、長く使っていると、いつの間にか大量の項目が登録されているものだ。
IEで整理することが可能だが、作業の補助として、「お気に入り」一覧を印刷したくなる場合がある。
IEには、直接「お気に入り」を印刷する機能はないが、「お気に入り」のエクスポート機能を使えばこれが可能である。
 
解説

 Internet Explorer(およびエクスプローラ)には、よく利用するサイトのURLやフォルダなどを登録しておき、わずかなアクションで目的のページを表示可能にする「お気に入り」と呼ばれる機能がある。ここであらためて述べるまでもなく、だれもが活用している機能だろう。

 便利な「お気に入り」機能であるが、長期にわたってIEを使いながら、必要なときどきにURLを追加していくと、あっとう間に「お気に入り」が登録された情報でいっぱいになってしまう。この「お気に入り」に登録された情報は、%USERPROFILE%\Favoritesフォルダ(デフォルトではC:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Favorites)に保存されている。この内容をコピーすることで、「お気に入り」項目の移動やコピーを行うことができる。

 例えば、大量の「お気に入り」項目を整理するとき、狭いディスプレイ画面ではなく、紙に印刷して情報を一望にしたいと思うときがある。しかしこの場合でも、IEやエクスプローラには、「お気に入り」項目の一覧を直接印刷する機能は提供されていない。この場合には、次に示すように「お気に入り」のエクスポート機能を利用して、2段階で印刷すればよい。


操作方法

「お気に入り」一覧をHTMLデータとしてエクスポート

 「お気に入り」をエクスポートするには、IEの[ファイル]−[インポートおよびエクスポート]を実行する。こうするとウィザードが起動されるので、表示される手順に従って[お気に入りのエクスポート]を選択し、エクスポート元のフォルダを選択する。

インポート/エクスポート ウィザード
[ファイル]−[インポートおよびエクスポート]を実行すると、ウィザードが開始される。手順の途中で操作の選択を求められるので、ここで[お気に入りのエクスポート]を選択する。

 次にエクスポート先のフォルダを選択し、最後に[完了]ボタンをクリックする。すると、「お気に入り」の内容がHTML形式のWebページ・データとしてファイルに出力される。

出力されたWebページ・データ
このように「お気に入り」の内容がWebページとして出力される。各URLはリンクになっており、これをクリックすることで対象のページにジャンプできる。フォルダの階層構造はインデント表示される。

 後は、このページをIEで表示して、印刷すればよい。

 なお、[ファイル]−[印刷]を実行したときに表示される[印刷]ダイアログの[オプション]タブにある[リンク ドキュメントをすべて印刷する]チェック・ボックスをオンにすると、ページ内にあるリンク先のページもすべて印刷される。多数のリンクが含まれている場合には、大量の紙と印刷時間を消費することになるので注意が必要だが、覚えておく価値はあるだろう。End of Article

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH