Windows TIPS
[Office Master]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ

Word/Excelで分割されたウィンドウを素早く切り替える

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ
2004/11/06
 
対象ソフトウェア
Word 2000/2002/2003
Excel 2000/2002/2003
長いドキュメントやシートを編集するとき、ウィンドウ分割機能を使えば、同一ドキュメントの一部分を参照しながら、別の部分を編集できる。
分割したウィンドウの移動にはマウスが使えるが、[F6]キーで素速く移動することもできる。
 
解説

 何ページにもわたるWordドキュメントや、大きなExcelシートを作成していると、同一ドキュメントやシートのある部分を参照しながら、別の部分を編集したいと思うことがある。このような場合には、WordやExcelのウィンドウ分割機能が使える。例えば下の画面は、Wordのドキュメント表示を上下2つに分割したものだ。

Wordのウィンドウ分割機能
ウィンドウ分割機能を使えば、同一ドキュメントの一部を参照しながら、別の場所を編集できる。
  上側のペインがアクティブになっている。分かりやすいように、文書の一部を選択状態にした。

 分割表示されたウィンドウでは、どれか1つが入力フォーカスを持っており、キーボード入力は入力フォーカスを持っている方に送られる。例えば上の画面では、上側のウィンドウに入力フォーカスがある(分かりやすいように、文書の一部を選択状態にしている)。下側のウィンドウを編集したければ、マウスで下側のウィンドウをクリックすればよい。

下側のウィンドウに入力フォーカスを移動する
ウィンドウを分割した場合でも、入力フォーカスは1つのウィンドウが持っているので、編集したい方のウィンドウをマウスでクリックする。
  分かりやすいように一部を選択した。

 このように分割されたウィンドウの切り替えはマウスで行えるが、キーボード入力をしているときにマウスに手を移動させるのは面倒、という場合がある。このような場合には、[F6]を押すと、分割ウィンドウ間で順に入力フォーカスが切り替わる。例えば前出のWordの例なら、[F6]キーを押すたびに1番目の画面と2番目の画面の状態が切り替わる。

 この分割されたウィンドウ間での[F6]キーによる移動は、本文ウィンドウとコメント・ウィンドウの間での移動にも利用できる(Word 2000/Word 2002では、本文とコメントが分割ウィンドウで表示される)。

 同様の操作はExcelでも可能だ。Excelでは、Wordのような上下の分割だけでなく、左右のウィンドウ分割も可能だ。例えば次のような状態である。

Excelでシートを4分割表示したところ
Excelでは、上下方向だけでなく、左右方向にもウィンドウを分割できる。
  このウィンドウに入力フォーカスがある。分かりやすくするために一部のセルを選択状態にした。

 この場合も、入力フォーカスを持っているのは1つのウィンドウだけだ。上の画面では左上のウィンドウが入力フォーカスを持っている。

 Wordと同じく、分割ウィンドウ間でフォーカスを移動するにはマウスが使えるが、Excelでも[F6]が使える。上の画面から[F6]を押すと、次のように右上のウィンドウにフォーカスが移動する。

上の画面で[F6]を押したところ
Wordと同じく、入力フォーカスの移動を[F6]キーで行える。[F6]キーを押すたびに、時計回りの方向でウィンドウのフォーカスが移動する(左上→右上→右下→左下→左上…の順)。
  上の画面から1回[F6]を押すと、右上にフォーカスが移動する。

 以後[F6]を押すたびに、時計回りの方向で入力フォーカスが移動する。具体的には、左上→右上→右下→左下と移動し、さらに[F6]を押すと左上に戻る。反時計回りに移動させたければ、[Shift]+[F6]キーを押せばよい。

 ここでは代表的な例としてWordとExcelをご紹介したが、これら以外のOfficeアプリケーション、Office以外のマイクロソフト製品、あるいはサードパーティ製アプリケーションの中にも、[F6]キーを使って同様の操作が行えるものもある。例えばWindows標準のヘルプ・ウィンドウでも、左側の目次やキーワード・ウィンドウと、右側の本文ウィンドウ間での切り替えが、[F6]キーで行える。End of Article

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH