Windows TIPS
[User Interface]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ

XP SP2のIEでポップアップ・ブロックを回避する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ
2004/11/06
 
対象ソフトウェア
Windows XP SP2 Internet Explorer 6
XP SP2のIE6では、ポップアップ・ウィンドウをブロックするようになっている。
ブロックされたウィンドウを表示させるには、情報バーのメニューから許可を選択する。
[Ctrl]キーを押しながらページを再ロードさせると、ブロックを回避することができる。
 
解説

 Windows XP Service Pack 2(以下XP SP2と略記)のInternet Explorer 6では、新たに「ポップアップ・ブロック」という機能が導入された。Webページを開くと自動的にポップアップしてオープンされるウィンドウをブロックしたり、ActiveXコントロールなどの自動ダウンロードやインストールを検出して、ブロックしたりする機能である。これにより、広告用のポップアップ・ウィンドウが次々とオープンされてしまうのを防いだり、不正な(ユーザーの望まない)ActiveXコントロールがインストールされたりするのを防ぐ効果がある。

 このようなブロックが行われると、ウィンドウの最上部に「情報バー」という通知用のインジケータが表示され、(デフォルトでは)さらに「情報バー」が表示されたことを表すダイアログが画面上に大きく表示される。

ActiveXコントロールがブロックされた場合の例
ポップアップ・ウィンドウやActiveXコントロールのダウンロードがブロックされると、このようにウィンドウの最上部に情報バーが表示されるほか、短いサウンドが鳴り、ブロックされたことが通知される。
  これはActiveXコントロールがブロックされた場合の例。ポップアップ・ウィンドウがブロックされた場合は、別の種類のアイコンや説明文字列が表示される。
  情報バーが表示されたことを通知するダイアログ。
  これをオンにしてから[OK]をクリックすると、今後はこのダイアログは表示されず、情報バーでのみ通知される。
  ポップアップ・ウィンドウがブロックされた場合は、ここにも通知アイコンが表示される。

 ポップアップがブロックされた場合は、その内容が適切かどうかをユーザーが判断し、もし妥当なものならブロックを解除して、ウィンドウをオープンしたり、ダウンロードを許可したりする必要がある。一部のサイトでは、例えばログオンするユーザーIDやパスワードの入力にこのようなポップアップ・ウィンドウを使っていることがあり、ウィンドウがブロックされてしまうと、サービスを利用できなくなるからだ。

 このTIPSでは、ブロックされたポップアップ・ウィンドウを許可するための方法を2つ紹介する。


操作方法

方法1―情報バーのメニューを利用する

 情報バー上でマウスをクリックすると(右クリックと左クリックのどちらでもよい)、ポップアップ・メニューが表示されるので、必要に応じて[ActiveX コントロールのインストール]や[ポップアップを一時的に許可][このサイトのポップアップを常に許可]などの項目を選び、実行する。

ブロックの解除
ブロックされたポップアップ・ウィンドウやActiveXコントロールを解除するには、メニュー情報バーのメニューを使って許可するとよい。
  情報バー上でマウスをクリックすると(右クリックでも左クリックでもよい)、ポップアップ・メニューが表示される。
  これを選択すると、ブロック(保留)されていたActiveXコントロールのインストールが再開される。
  [Ctrl]キーを押しながらこの[再ロード]ボタンをクリックしてもよい。

方法2―[Ctrl]キーを押しながらリンクをクリック、またはWebページをロードさせる

 XP SP2のIEでは、ポップアップ・ウィンドウを表示したり、ActiveXコントロールをダウンロードしたりするときに、[Ctrl]キーが押されていると、ブロック機能がバイパスされる。つまり、[Ctrl]キーを押しながら、Webページを再表示させるか、(別のページを開く)リンクやボタンをクリックしたりすれば、ブロックされない。

 具体的には、[Ctrl]キーを押しながらリンクをクリックするか、[Ctrl]キーを押しながらページを再表示(再ロード)させるとよい。実際には次のような操作を行う。

■操作方法1.[Ctrl]キーを押しながらリンクを開く
 ポップアップ・ウィンドウがブロックされた場合、ブラウザの[戻る]ボタン(もしくは[Alt]+[←]キー)を使っていったん元のページへ戻り、そこで[Ctrl]キーを押しながら、マウスでリンクをクリックするかボタンをクリックする。

■操作方法2.[Ctrl]キーを押しながら再ロードする
 いちいち元のページへ戻るのではなく、[Ctrl]キーを押しながらWebページの再ロード(再表示)を行っても、ブロックを回避することができる。IEでWebページを再ロードするためにはいくつかの方法があるが、そのいずれと組み合わせてもよい。具体的な再ロードの方法としては、[表示]メニューの[最新の情報に更新]を選択する、[F5]キーを押す、ツール・バー上の[更新]ボタンを押す、[Ctrl]+[R]キーを押す、Webページ上で右クリックしてポップアップ・メニューから[最新の情報に更新]を選択する、があるので、[Ctrl]キーを押しながらそれぞれの操作を行う([Ctrl]+[R]の場合はすでに[Ctrl]キーを押しているので、さらに別の[Ctrl]キーを押す必要はない)。ただしいずれの場合でも、新しいページの内容がすべて表示されるまで[Ctrl]キーを押し続けておく必要がある。表示の途中で[Ctrl]キーを離すと、またブロック機能が有効になってしまう。End of Article

関連記事
  ネットワーク管理者のためのWindows XP SP2レビュー(Windows Server Insider)
     
「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH