Windows TIPS
[User Interface]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ

ちょっとしたウィンドウ操作に便利なショートカット・キー

 

デジタルアドバンテージ
2004/11/13
 
対象OS
Windows 2000
Windows XP
Windows Server 2003
ウィンドウをたくさん開いていていると、ウィンドウ同士が重なっていたり、くっついていたりして、ドラッグしにくいことがある。
キーボードで作業しているときは、いちいちキーから手を離しマウスに手を伸ばすのは面倒である。
キー操作をピンポイントで知っておくとこのような悩みはほとんど解消される。
 
解説

 一連の作業の途中で、キーボードとマウスの間で右手が行き来するのは面倒だ。例えばダイアログボックス内のコントロール(ボタンやチェック・ボックスなど)は[Tab]キーで順次フォーカスが移動し、[Space]キーで選択できる(マウスの左ボタン・クリックに相当)。これを知っていれば、キーボードから手を離さずにダイアログ・ボックスを操作できる。

 しかしWindowsには次々と新しいGUIコントロールが登場するため、ショートカットを覚えるのも一苦労である。今回は、頻繁に使うにもかかわらず(比較的新しいコントロールであるため)、あまりショートカットが利用されていない例として、タブ・コントロールとツリー・コントロール、ブラウザ・コントロール(IE)を取り上げ、知っておくと便利なショートカットをご紹介する。

タブ・コントロールの移動

 ダイアログ・ボックスのサイズを広げるには限界があるが、ダイアログで設定したい項目は増えるばかりだ。この悩みを解決したのがタブ・コントロールである。タブを切り替えるには、タブ部分をマウスでクリックすればよい。しかし、いちいちマウスに手を伸ばさなくても、アクティブなタブを移動させることができる。

 これには[Ctrl]+[Tab]と[Ctrl]+[Shift]+[Tab]が使える。

目的 ショートカット・キー
現在の右隣のタブへ移動(右端のタブなら左端に移動) [Ctrl]+[Tab]
現在の左隣のタブへ移動(左端のタブなら右端に移動) [Ctrl]+[Shift]+[Tab]
アクティブなタブの移動
 
タブ・コントロールの移動
アクティブなタブはキーボードだけで移動することもできる。は現在アクティブなタブ。このとき[Ctrl]+[Tab]を押すと、のタブをアクティブにできる。

ツリー・コントロールの展開と移動

 階層構造の表示と操作を可能にするのがツリー・コントロールだ。代表的なところでは、エクスプローラの「フォルダ」エクスプローラ・バーがある。この「フォルダ」エクスプローラ・バーでは、階層的なディレクトリを展開したり、折りたたんだりしながら、フォルダ/ファイルの操作(コピーや削除、ファイル名の変更、実行など)が行える。

 エクスプローラのツリー表示で目的のフォルダやファイルの展開したいとき、普通はマウスで目的のフォルダ(またはファイル)をクリックする。しかし必要なら、キーボードだけで操作することもできる。

目的 ショートカット・キー
ツリーを展開する [→]
ツリーを閉じる(折りたたむ) [←]
ツリー表示で1つ上に移動 [↑]
ツリー表示で1つ下に移動 [↓]
ツリー・コントロールのショートカット・キー
 
ツリーの展開/折りたたみと移動
キーボードだけでツリーの展開/折りたたみ、移動ができる。
  まずこの項目がアクティブだったとして、[↓]を押すと、ツリーに表示されているフォルダのすぐ下のフォルダが選択状態になる。画面は2回[↓]を押したところ。
  これがアクティブになったら、[→]を押すと、それ以下のフォルダとファイルが展開表示される(画面は展開したところ)。展開した一覧を元に戻す(折りたたむ)には、[←]を押す。

エクスプローラで目的のファイル/フォルダを素早く選択する

 一覧に多数のフォルダ/ファイルがあるときには、その名前の先頭文字をキーボードから入力することで、当該項目に一気にジャンプできる。詳細は別稿を参照されたい。

ブラウザ・コントロールでのリンク移動

 通常、Webページには多数のリンク文字がある。これらをマウスでクリックすると、別のWebページに簡単にジャンプできる。しかし場合によって、リンク文字をマウスでクリックするのが困難な場合もある。例えば、複数ページに記事ページのインデックスが、小さな数字で表示されている場合などだ(特に細長い「1」は大変だ)。また文字色の設定などによっては、どこにリンク文字があるのか分からない場合もある。

 IE(ブラウザ・コントロール)では、[Tab]キーを押すことで、Webページ内のリンク文字を次々と移動することができる。

 IEでは、入力フォーカスのあるリンク文字には点線が表示されるようになっている。

入力フォーカスを持つリンク文字
IEでは、現在入力フォーカスを持っているリンク文字が点線で囲まれて表示される。
  現在入力フォーカスを持っているリンク文字。

 ここで[Return]を押せば、当該リンク文字をマウスで左クリックした場合同様、リンク先にジャンプすることができる。

目的 ショートカット・キー
リンク文字の入力フォーカスを次(下)に移動 [Tab]
リンク文字の入力フォーカスを前(上)に移動 [Shift]+[Tab]
IEでのリンク文字の入力フォーカス移動

 入力フォーカスを次のリンク文字に移動させるには、[Tab]キーを押す。すると、HTMLデータ中で次のリンク文字(Aタグが設置された文字)に入力フォーカスが移動する。逆に直前のリンク文字に移動するには[Shift]+[Tab]キーを押す。なお、現在表示されているページの外部にリンク文字がある場合には、その文字が表示される位置まで自動的にスクロールされる。End of Article

リンク文字の入力フォーカスを移動させる
現在入力フォーカスを持つリンク文字を移動させるには、[Tab]または[Shift]+[Tab]キーを押す。
  現在入力フォーカスを持っているリンク文字。
  [Tab]を押すと、この文字に入力フォーカスが移動する。
 
関連記事
  Windows TIPS:Word/Excelで分割されたウィンドウを素早く切り替える(Windows Server Insider)
     
「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH