Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ

システムのブート情報ファイルBOOT.INIを編集する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ
2004/11/20
 
対象OS
Windows 2000
Windows XP
Windows Server 2003
Windows OSのブート情報はBOOT.INIというファイルに記述されている。
BOOT.INIファイルはテキスト・ファイルなのでメモ帳で編集することができる。
Windows XP以降のOSではbootcfg.exeというプログラムで編集することもできる。
 
解説

 Windows OSシステムがブートするために利用する情報は、システム・ドライブのルートにあるBOOT.INIファイル(通常はc:\boot.ini)に記述されている。このファイルには、どのドライブからブートするか、どのフォルダにあるシステム・ファイルを使ってブートするか、どのOSをブートするか、ブート時にどのようなオプションをOSカーネルに渡すか(オプション・パラメータによってOSの動作が変わる)などの設定が含まれており、ユーザーは起動するOSや設定を選択できるようになっている(ただしOSイメージが1つしかない場合は、システムは自動的に起動する)。

 このファイルは単なるテキスト・ファイルであり、ユーザーは必要に応じてその内容を表示させたり、編集することができる。内容を確認する方法はいくつかあるが、例えば[スタート]メニューの[ファイル名を指定して実行]で「c:\boot.ini」と入力するのが簡単でよいだろう。BOOT.INIファイルの用途や設定項目については、以下のサポート技術情報などを参照していただきたい。

 BOOT.INIファイルの内容は、Windows OSをインストールしたときにインストーラが自動的に変更するようになっているので、基本的にはユーザーが編集する必要はない。だが場合によっては、オプション・パラメータを追加するなどの操作が必要になることがある。例えば特別なデバイスをシステムに装着していたり、異なるHALを指定しなければならない場合には、手動で内容を変更する必要がある。

 BOOT.INIファイルは単なるテキスト・ファイルなので、テキスト・エディタでオープンして編集すればよいのだが、ファイル属性には注意する必要がある。このファイルはシステムのブート設定を決める重要なファイルなので、通常は「システム」「隠し」「読み出しのみ」という3つの属性が付けられている(エクスプローラでBOOT.INIファイルの属性を表示させるか、コマンド・プロンプト上で「attrib c:\boot.ini」を実行すると分かる)。そのため、変更したデータを書き戻すためには、これらの属性を一時的に外すか、BOOT.INIファイル編集用の特別なツールなどを使う必要がある。


操作方法

方法1―テキスト・エディタで編集する

 BOOT.INIファイルをテキスト・エディタで編集するには、あらかじめ特殊なファイル属性を外しておく必要がある。例えばメモ帳で編集するなら、「読み出しのみ」という属性はオフにしておかなければならない(「システム」と「隠し」属性はオンになっていても構わないようだ)。ファイルの属性を変更するには、エクスプローラでファイルの[プロパティ]を表示させて属性のチェック・ボックスを外すか、コマンド・プロンプト上で「attrib -s -h -r c:\boot.ini」とすればよい。この状態で「notepad c:\boot.ini」のようにすれば、内容を編集して、書き戻すことができる。

方法2―システムのプロパティを利用する方法

 Windows XPやWindows Server 2003を利用している場合は、もっと簡単に属性の変更やメモ帳の起動を行うことができる。まず[マイ コンピュータ]を右クリックしてポップアップ・メニューから[プロパティ]を選択する。そして表示された[システムのプロパティ]ダイアログで[詳細設定]の[起動と回復]にある[設定]ボタンをクリックする。すると[起動と回復]というダイアログが表示されるので、ここにある[編集]を押せばよい。BOOT.INIファイルの「読み出しのみ」という属性がオフになり、(デフォルトでは)メモ帳でBOOT.INIファイルがオープンされる。

システムの[起動と回復]メニュー
BOOT.INIファイルの内容を変更するには、このダイアログを利用する。
  起動するOSイメージの選択。
  OSイメージが複数存在する場合に、選択メニューを表示する時間。1つしかない場合は自動的に起動するので、選択メニューは表示されない。
  システムに障害が発生した場合など、特別な起動メニュー(セーフ・モードの選択など)を表示する場合の時間。
  これをクリックすると、BOOT.INIが(デフォルトではメモ帳で)オープンされ、編集できる。

方法3―bootcfg.exeコマンドを利用する

 これもWindows XPとWindows Server 2003でのみ利用可能な方法であるが、新しくコマンド・プロンプト用に用意されたbootcfg.exeというコマンドを使って編集することもできる。

C:\>bootcfg …オプションなしで起動すると現在の状態を表示する

ブート ローダー設定
-------------------
timeout: 10
default: multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS

ブート エントリ
---------------
ブート エントリ ID:   1 …ブートOS 1
フレンドリ名:         "Microsoft Windows XP Professional"
パス:                 multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS
OS ロード オプション: /fastdetect

ブート エントリ ID:   2 …ブートOS 2
フレンドリ名:         "test Windows XP"
パス:                 multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(2)\WINDOWS2
OS ロード オプション: /fastdetect

 このコマンドを利用すると、コマンド・プロンプト上でBOOT.INIファイルの内容を編集することができる。またローカルのBOOT.INIだけでなく、リモート・コンピュータのBOOT.INIファイルを表示したり、編集したりできる(例「bootcfg /query /s server1」とする)。

 このコマンドの詳しい使い方については、例えば「bootcfg /?」「bootcfg /copy /?」などとすると表示されるので参考にしていただきたい。通常のテキスト・エディタによる編集作業と比べると、操作できる項目にはやや制限がある。行(新しいOSエントリ)の追加と削除、各OSエントリに対するオプションの追加と削除などの操作ができる。

方法4―msconfig.exeコマンドを利用する

 boot.iniの内容を大幅に書き換えるのではなく、既存のエントリに対して/noguibootというパラメータを追加・削除する程度なら、msconfig.exeというGUIベースのツールも利用できる。このコマンドは%windir%\PCHealth\HelpCtr\Binariesにインストールされているので起動が面倒だが、通常は[スタート]メニューの[ファイル名を指定して実行]で「msconfig」と入力して起動する。boot.iniの内容を編集するには、[BOOT.INI]タブを選択する。具体的な使用例についてはWindows TIPS「起動時のWindowsロゴ表示を省略し、起動時間を短縮する」を参照していただきたい。End of Article

関連記事
  Windows TIPS「XP SP2のデータ実行防止(DEP)機能を無効にする」(Windows Server Insider)
  Windows TIPS「マルチブート環境で、デフォルトで起動されるOSを変更する方法」(Windows Server Insider)
  Windows TIPS「デュアルブート・システムにおけるWindows 9x/Meの削除方法」(Windows Server Insider)
  Windows TIPS「起動時のWindowsロゴ表示を省略し、起動時間を短縮する」(Windows Server Insider)
     
「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • Windows 10のUIをWindows 7風にする (2017/6/28)
     Windows 10に移行したものの、UIに慣れない。そんな場合は、Windows 10のUIを慣れたWindows 7に合わせよう。設定やユーティリティーでどこまで近づけられるのか?
  • 第552話 怖い話 (2017/6/27)
     なにぃ、会社のトイレにお化けが出るって? あー、バカバカしい。ホラー映画の観過ぎじゃないの、まったく……
  • Azure SQL DBのインデックスやキャッシュを制御する (2017/6/26)
     Azure SQL Databaseのインデックスやプロシージャキャッシュを制御するには、そのためのT-SQLを直接実行する。知っておくと便利なT-SQLを紹介する
  • DNSのリゾルバ/キャッシュ/フォワーダ機能 (2017/6/23)
     今回は、DNSサーバのクライアント側であるリゾルバやキャッシュの機能について見ていく。リゾルバは、コンテンツDNSサーバに繰り返し問い合わせて名前解決を図る
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH