Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ

DHCPサーバの構成情報をバックアップ/移行する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2005/04/02
 
対象OS
Windows 2000 Server
Windows Server 2003
DHCPサービスはネットワークにおける基本的なサービスであり、安定な運用は欠かせない。
DHCPサービスの構成情報をバックアップしたり、リストアするには、dhcpeximというツールが利用できる。
Windows Server 2003の場合は、netsh dhcp serverコマンドを利用する。
 
解説

 DHCPサービスは、TCP/IPネットワークの設定を自動化するためには欠かせないサービスである。DHCPサービスが停止していると、DHCPクライアント・コンピュータに対してIPアドレスを割り当てることができず、ネットワークがまったく利用できなくなる可能性がある。そのため、可能な限り停止しないように運用する必要がある。必要ならば、安定的に稼働できる、新しいサーバ・システムへ移行させるといった運用も必要になる。また不測の事態に備えて、DHCPサービスの構成情報などをバックアップしておくことも重要である。

 DHCPサービスに関する各種の情報をバックアップしたり、ほかのサーバへ移行したりするには、DHCPの構成情報(スコープ情報やIPアドレス・プール情報、各DHCPオプション・パラメータなど)や、リース中のIPアドレスのデータベース情報などをファイルなどに出力し、それを移行先のサーバで読み込む必要がある。

 DHCPサービスは、Windows NT以来のサーバOS(Windows NT Server、Windows 2000 Server、Windows Server 2003)で利用することができるが、その構成情報の取り扱いや、リース中のIPアドレスに関するデータベース情報の管理方法は、少しずつ異なっている。そのため、OSの標準機能だけではバックアップや移行は簡単ではないが(レジストリやデータベース・ファイルを直接バックアップしてコピーするなどの作業が必要)、マイクロソフトから提供されている以下のリソースキット・ツールを利用すると、この作業を容易に行うことができる(ただしこのツールはサポートなしで提供されている)。

 このツールはWindows NT ServerおよびWindows 2000 Server上で利用することができる。Windows Server 2003の場合は、このツールで出力された結果を、netshコマンドで取り込めばよい。


操作方法

 上記のページからファイルをダウンロードすると、DHCPExim_setup.exeというインストール・プログラムが得られる。これを実行すると、デフォルトでは「C:\Program Files\Resource Kit」というフォルダにdhcpexim.exeというプログラムがインストールされる。[スタート]メニューには特に何も登録されないので、エクスプローラでファイル名をダブルクリックするか、コマンド・プロンプトなどから直接起動する。

 このツールの機能は非常に単純であり、ローカルのコンピュータ上で動作しているDHCPサービスの情報をバックアップするか(Export)、バックアップした情報を読み込むか(Import)の2つの機能しか持っていない。ツールを起動すると、次のような画面が表示される。

dhcpeximツールの起動画面
このツールを起動すると、ローカルのコンピュータ上で動作しているDHCPサービスに接続し、関連するデータのバックアップとリストアを行う。
  DHCPサーバの構成情報をバックアップする。
  構成情報をリストアする。

 このツールでは、「ローカルのコンピュータ上で動作しているDHCPサービス」に接続して、データのバックアップとリストアを行う。リモートから操作を行うことはできないので、各DHCPサーバごとにツールをインストールするか、dhcpexim.exeというプログラム・ファイルそのものをコピーして、起動する。

DHCPサーバの構成情報のバックアップ

 「Export ...」を選んで[OK]をクリックすると、現在のDHCPサーバのデータをバックアップ/出力するモードになる。出力するファイル名を選択するダイアログが表示されるので、適当なファイル名を指定して[OK]をクリックすると(例:dhcpserver.cnfなど。拡張子は特に付けなくてもよい)、次のように、出力するDHCPのスコープの一覧が表示される。

出力するDHCPのスコープの選択
デフォルトではすべてのDHCPスコープの情報が出力されるが、[Ctrl]キーで選択すると、指定されたスコープの情報だけが出力される。
  現在DHCPサーバに登録されているスコープの一覧。
  出力する前に、出力対象のスコープを非アクティブにする。出力中にIPアドレスのリースなどが行われて、データの整合性が取れなくなるのを防止する。
  これをクリックするとファイルに出力され、終了するとダイアログが表示される。

 この画面では、出力するDHCPのスコープを選択する。何も選択しなければ、すべてのスコープが出力対象となる。スコープを[Ctrl]キーを押しながらクリックして選択し、[Export]をクリックすると、指定されたスコープに関する情報がファイルに出力される。スコープを指定しないと、すべてのスコープが出力対象となる。

DHCPサーバの構成情報のリストア

 出力されたデータをローカルのDHCPサーバに読み込ませるには、最初のメニューで[Import ...]を選択すればよい。[OK]をクリックするとファイル名を選択するダイアログが表示されるので、スコープを選んで[Import]をクリックする。選択しないと、すべてのスコープが読み込まれる。

DHCPサーバ情報のリストア
デフォルトではすべてのDHCPスコープの情報がリストアされるが、[Ctrl]キーを押しながらクリックして選択すると、指定されたスコープの情報だけがリストアされる。
  ファイル中に含まれるスコープの一覧。
  これをクリックするとデータがリストアされる。

 ただしdhcpeximでは、DHCPのデータベース・パス指定やマルチキャスト・スコープ、BOOTPテーブル情報など、いくつかの情報はバックアップ/リストアされないので、あらかじめDHCPサービスを適切にインストールして、稼働させておかなければならない。またリストア後に、必要ならば「整合性の検査」を行って、不正なデータが含まれていないかどうかも確認しておく(各スコープのメニューにある[整合性]を実行する)。詳細については、dhcpexim.exeとともにインストールされるDHCPEXIM_README.TXTというファイルを参照していただきたい。

Windows Server 2003におけるDHCP構成情報のバックアップ/リストア

 dhcpeximツールはWindows Server 2003では利用できないので(実行するとエラーとなる)、代わりにnetshコマンドを利用する。netshは、コマンド・プロンプトでネットワーク関連のコンポーネントを設定するためのツールであり、Windows Server 2003ではdhcpサービスも制御することができる。ただしdhcpeximツールで出力した構成ファイルをnetshで読み込む(インポートする)ことはできるので、既存のWindows NT Server/Windows 2000 ServerのDHCPサーバの構成情報をWindows Server 2003へ移行する場合は、dhcpeximで出力して、netshで読み込むとよい。

■DHCP情報のファイルへの出力

netshの利用例(XP SP2解説記事)

 DHCPサーバの情報をファイルへ出力するには、netshのdhcp server exportコマンドを利用する。netshはインタラクティブに利用することもできるし、このような長いコマンド列を渡してコマンド・プロンプトから直接実行することもできるので、目的に応じて使い分けていただきたい。ヘルプ・メッセージを出力させながら実行するには、インタラクティブに利用する方がよいだろう。netshの使い方については、関連記事などを参照していただきたい。

 DHCPの構成情報をファイルへ出力するには、ファイル名と出力するスコープを指定する。

C:\>netsh dhcp server export c:\dhcpserver.cnf all

 「all」はすべてのスコープを出力することを意味し、例えば192.168.1.0とすると、このIPアドレスを含むスコープだけが出力される(スコープは複数指定可)。

■DHCP情報のリストア
 dhcp server exportやdhcpeximで出力されたDHCPの構成情報をリストアするには、netshのdhcp server importコマンドを利用する。スコープにallを指定すると、すべてのスコープに関する構成情報がリストアされる。End of Article

C:\>netsh dhcp server import c:\dhcpserver.cnf all
 
関連記事
  Windows TIPS:Windows OSで有効なDHCPオプション(Windows Server Insider)
  Windows TIPS:DHCPサーバで固定IPアドレスを割り当てる(Windows Server Insider)
  Windows TIPS:WebブラウザのProxy設定を行うための4つの方法(Windows Server Insider)
  Windows TIPS:DHCPサーバのスコープ・オプションを追加定義する(Windows Server Insider)
     
  関連リンク
  DHCP データベースを別の Windows サーバーに移行する方法(マイクロソフト サポート技術情報)
  [HOWTO] DHCP データベースを Windows NT 4.0 Server から Windows Server 2003 に移動する(マイクロソフト サポート技術情報)
  破損した DHCP データベース ファイルの復元方法(マイクロソフト サポート技術情報)
  DHCPの削除と再インストールおよびDHCPの構成を保存する方法(マイクロソフト サポート技術情報)
  DHCP Server Does Not Issue IP Leases After You Run Dhcpexim.exe[英語](マイクロソフト サポート技術情報)
  Exporting DHCP Settings[英語](マイクロソフト サポート技術情報)
     
「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH