Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

sysprepで環境複製用のマスタ・イメージを作成する(Windows XP/Server 2003編)

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2005/04/09
 
対象OS
Windows 2000
Windows XP
Windows Server 2003
多数のクライアント・コンピュータの導入を行う場合、マスタとなるディスク・イメージをコピーして利用すれば、インストールの手間が軽減される。
展開時には、コンピュータ名の変更やハードウェアの違いによるデバイス・ドライバの再設定作業などが必要になる場合がある。
このような用途では、sysprepを使ってマスタ・イメージを用意するとよい。sysprepが適用されたイメージを実行すると、ミニ・セットアップが起動し、最低限の操作でOSやアプリケーションのインストールを完了させることができる。
 
解説

本TIPSではWindows XP/Windows Server 2003向けのsysprepの使い方を解説しています。Windows Vista/Windows Server 2008以降のWindows OS向けのsysprepについては、次のTIPSを参照してください。

:Sysinternalsから提供されていたnewsid.exeツールのような、ディスク・イメージをコピーしてからSIDを強制的に変更するツールを使って環境を複製する方法は推奨されていません(現在ではnewsid.exeツールの配布は停止されています)。SIDの重複に関する問題やその背景については、TIPS「環境の複製にはnewsidではなくsysprepを利用する」を参照してください。

 多数のクライアント・コンピュータを導入展開したり、仮想マシン(Virtual PC 2004やVirtual Server 2005)上でOSを展開・実行するには、マスタとなるOSのディスク・イメージを作成しておき、それを元にインストール作業を行うとよい。(市販の)ディスク・コピー・ツールを使ってインストール済みのディスク・イメージを複製すれば(仮想マシンの場合は単なるファイル・コピーでよい)、コンピュータ名の変更など、わずかな作業で展開作業を行うことができる。いちいち、ゼロからOSをクリーン・インストールするのと違って、大幅に時間が短縮できるし、インストール時の作業(コンピュータ名の指定やネットワークの設定、セキュリティ・パッチやアプリケーションの導入/設定など)も省略することができる。

 だが、単にディスクの内容をコピーするだけでは、問題が発生することがある。例えばWindows NT系のOS(Widows NT、Windows 2000、Windows XP、Windows Server 2003)では、コンピュータ名とは別に、内部には「SID(Security ID)」と呼ばれる固有の数値情報を持っており、このSIDを使ってコンピュータを識別している場合がある(ドメインに参加しているコンピュータの場合など)。コンピュータ名を変更しても、このSIDが同じだと、管理情報が衝突することがある。

 またイメージを展開する場合、ハードウェアの構成が完全に同じならよいが、微妙なハードウェア構成やハードウェアのリビジョンなどの差により、使用するデバイス・ドライバやその設定などを変更しなければならない場合もある。このような場合は、セットアップ・シーケンスのうち、デバイス・ドライバの設定部分だけをやり直せると都合がよい。

 以上のような状況に対応するため、Windows OSには、「sysprep(system preparation)」というツールが用意されている。このツールを利用すると、すでに動作中のOSイメージを元に、インストール初期段階のセットアップ部分(「ミニ・セットアップ」という)をやり直させることができる。インストール作業のうち、ハードウェア構成の設定やコンピュータ名の再入力、インストールするネットワーク・コンポーネントの選択や再設定などを再実行させ、内部的なSID番号の再生成なども行う。すでにインストールされたアプリケーションやService Pack、セキュリティ・パッチなどはそのまま残るため、最新の環境を元に、ユーザーの環境に合わせた再インストール作業を容易に実施することができる(メーカー製コンピュータの出荷時の状態を作成するためにも利用されている)。

 本TIPSでは、このsysprepの簡単な使い方について解説する。

 sysprepツールは、OSのインストールCD-ROMのSUPPORTフォルダ中に用意されているが、Service Packの提供とともにバージョン・アップしている場合がある(SPのバージョンが上がると、OSのセットアップ項目も増加していることがあるため)。以下の情報を元に、OSやService Packのレベルに合わせたsysprepツールを利用していただきたい。

sysprepツール
これはWindows Server 2003のインストールCD-ROM中に用意されているsysprepツールの例。sysprepツールはDEPLOY.CABファイル中に、関連するドキュメントなどとともに用意されている。
  sysprepツールは、DEPLOY.CABファイルの中に用意されている。使い方やsysprepを使った展開方法については、deploy.chmなどを参照のこと。
  sysprep以外のファイル(特に*.exeファイル)もコピーしておくこと。

 なおこのsysprepツールは、(複製用のマスタ・イメージの作成だけでなく)すでにインストールされているOSイメージに対して、初期化を行うためにも利用することができる。そのため、イメージをコピーしてからsysprepを実行するという使い方も可能であるが、基本的には、先にsysprepを適用しておいてからイメージを保存/展開するというふうに利用する。


操作方法

手順1―OSのインストール

 最初に、ベースとなるOSとService Pack、セキュリティ・パッチ、アプリケーションなどをインストールする。これがマスタのイメージとなる。以後の作業は、管理者としてログオンして実行する。

手順2―c:\sysprepフォルダの作成とツールのコピー

 sysprepツールは、システム・ドライブ(通常はC:)の\sysprepというフォルダ中に用意しておく。このフォルダは、システムのセットアップ終了後に自動的に消去されるので、sysprep以外のツールやファイルが含まれていても特に問題はない。展開したCABファイル(やsysprepツール・ファイル)の内容(ドキュメントなども含まれている)をすべてコピーしておく。

手順3―setupmgr.exeで応答ファイルを作成する

 sysprepによってシステムが再起動すると、ミニ・セットアップ・シーケンスが開始される。このとき、sysprep.infという応答ファイルが存在すれば、その内容に基づいてセットアップが実行される。この応答ファイルを作成するためのツールがsetupmgr.exeである。CDキーの入力や組織名の指定などを自動で行わせたければ、応答ファイルを作成しておけばよい。ユーザーの介在なしに、コンピュータ名の指定なども含めて、セットアップ作業を完全に自動化することもできるが、そうすると、同じイメージを複数のコンピュータに対して同時に展開することができなくなる。コンピュータ名が重複してしまうからだ。コンピュータ名だけは手動で指定するようにするか、セットアップ後に、手動でコンピュータ名を変更するなどして、対処する必要がある。

 setupmgr.exeを起動すると、作成するinfファイルの種類を問い合わせる画面が表示されるので、[Sysprep セットアップ]を選択する。OSの種類や完全自動化するかどうかの選択後、各種のセットアップ・オプションを指定すると、c:\sysprepフォルダにsysprep.infという応答ファイルが作成される。

セットアップの項目
これらの項目をあらかじめ指定しておくことができる。
  設定項目。組織名やネットワーク設定、プロダクト・キーなどもあらかじめ設定しておくとよい。

手順4―sysprep.exeの実行

 以上の準備が完了すれば、次はsysprep.exeを実行すればよい。

■Windows 2000の場合
 Windows 2000用のsysprepを起動すると、ミニ・セットアップの準備をしてシステムをシャットダウンするか、キャンセルするかの選択画面が表示される。もしオプションを指定したければ、「sysprep.exe -pnp」のように、コマンドラインで直接オプションを指定する(オプションの一覧は「sysprep -?」で表示される)。[OK]をクリックすると、システムがシャットダウンし、イメージをコピーする準備が完了する。

■Windows XP/Windows Server 2003の場合
 これらのOS用のsysprep.exeを起動すると、次のようなGUI画面が表示される。必要なオプションを設定後、[再シール]をクリックすると、システムが(デフォルトでは)シャットダウンする。

sysprepの起動画面
Windows XP/Windows Server 2003向けのsysprepツールの起動画面。
  これをクリックすると、システムがシャットダウンし、ミニ・セットアップの準備が完了する。
  SIDを再生成させないための設定。
  セットアップ・シーケンスにおける、ハードウェア構成の走査をやり直させる。ハードウェア構成が異なるコンピュータ上に展開する場合に有用なオプション(ただしデバイス・ドライバの再インストールなどが行われることがある)。
  をクリックした場合の動作。デフォルトではシャットダウンするが、[再起動]にすると、すぐにミニ・セットアップ・シーケンスが開始される。

手順5―イメージの保存/コピー

 sysprepを実行すると、通常はシステムがシャットダウンする。この状態でミニ・セットアップを起動する準備ができているので、あとはハードディスクの内容を市販のディスク・コピー・ツールなどを使ってコピーしたり、VPC2004やVS2005の場合は、仮想ディスク・ファイルをコピーしておけばよい。コピーされたイメージを起動すると、ミニ・セットアップ・シーケンスが開始され、コンピュータ名やネットワーク情報などを入力すると、インストールが完了する。インストールに要する時間は5分から10分程度であり、ゼロから新規インストールするのと比べると大幅に短縮されている。End of Article

関連記事(Windows Server Insider)
  製品レビュー:サーバ・システムの統合/マイグレーションを推進するVirtual Server 2005
  製品レビュー:デスクトップOSのマイグレーションを支援するVirtual PC 2004
  Windows TIPS:仮想ハードディスクのデフラグに注意
     
「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH