Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

ディスクのボリューム・サイズを拡張する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2005/06/11
 
対象OS
Windows 2000
Windows XP
Windows Server 2003
ディスクを利用するには、あらかじめパーティションやボリュームを作成するフォーマット操作を行うが、1度行うと、以後は簡単にサイズを変更することはできない。
diskpartコマンドを利用すると、ボリュームの直後に空き領域がある場合に限り、そのボリュームを拡大することができる。
パーティション・サイズを変更する操作は確認なしですぐに実行されるため、十分注意して実行する必要がある。
 
解説

 Windows OSで利用するハードディスクは、あらかじめフォーマットと呼ばれる作業を行ってから利用する。具体的には、ハードディスクの中に「パーティション」と呼ばれる論理的な区画を割り当て、さらにパーティションの中をNTFSやFATなどの「ボリューム」として初期化してから利用する。ディスクを複数のパーティションに分けて管理すれば、それぞれのパーティションを異なるファイル・システムで初期化して利用したり、システム用とデータ用、各ユーザーのホームディレクトリ用など、目的に応じてデータを格納する場所を使い分けることができる。

 このパーティションの割り当て作業は、通常は、システムにディスクを装着した直後に1度だけ行い、その後は操作することはない。だが場合によっては、既存のパーティション(ボリューム)サイズを拡大したい場合がある。例えば古いOSを上書きして、新しいOSをアップグレード・インストールするためには(例:Windows NT→Windows 2000、Windows 2000→Windows Server 2003など)、OSサイズが大きくなっているので、より大きなボリューム・サイズが要求される。また、2つ以上に分轄されたパーティションを1つにまとめ、管理の手間を少なくしたり、より大きなボリューム・サイズを確保したりしたい場合もある。

 これ以外に、ハードウェアRAIDシステム(やSAN)などを利用している場合にも、ボリューム・サイズを拡大しなければならないことがある。ハードウェアRAIDシステムでは、OSの管理とは独立して、ハードディスクをシステムに自由に追加できるのが普通である。この場合OS側から見ると、ディスクの物理的なサイズ(総ブロック数)が自動的に拡大したように見える。拡大した部分は未使用領域として扱われるが、可能ならば既存のパーティションに追加して拡大できるとよい。新しいボリューム(ドライブ)を作成するのと違い、システムの構成などを一切変更する必要がないからだ。

 パーティション・サイズを拡大するには、Windows XPやWindows Server 2003に付属のdiskpart.exeというコマンドが利用できる。Windows 2000の場合は、以下の場所からダウンロードして、インストールすると利用できる(これはWindows 2000用リソースキット・ツールの1つである)。

diskpart.exeによるサイズ拡大の制限事項

 パーティションの操作には危険が伴うので、その機能と意味を十分理解してから実行していただきたい。間違えてパーティションを削除したり、サイズを変えたりしても、元に戻すことは一切できない。操作に自信がなければ、diskpart.exeではなく、市販のパーティション操作ユーティリティの利用を検討するべきである。

 またこのツールでは、パーティション・サイズの拡大しかできず、サイズの縮小や分割、統合、ディスクやパーティション内容のコピーなどができるわけではない。しかも、拡大する場合にも以下のような制限があるので、適用できるケースはかなり限定的である。そのことを十分理解して、利用していただきたい。

  • 拡大できるのはNTFSボリュームのみである。FATボリュームは拡大できない。

  • システム・ボリュームやブート・ボリューム(Windows OSシステムが格納されているボリューム)は拡大できない。どうしても拡大したければ、別のWindows OSシステムにディスクを付け替えて拡大操作を行う。

  • ベーシック・ディスクにおいて、あるパーティションを拡大するためには、その直後に空き領域が存在する必要がある。離れた場所にある空き領域と統合して1つのパーティションにすることはできない。すでに利用中のパーティションがある場合は、その部分をいったん解放し(パーティションを削除し)、空き領域にしておく必要がある。

  • ダイナミック・ディスクならば、離れた場所にある空き領域と統合して、パーティションのサイズを拡大できる。ただしベーシック・ディスクから変換したダイナミック・ディスクの場合は拡大できない(Windows 2000、Windows XPの場合)。Windows Server 2003では、ベーシック・ディスクから変換したダイナミック・ディスクでも拡大できる。

  • 操作には管理者権限のあるアカウントでログオンする必要がある。

ディスク管理ツール徹底活用

 これで分かるように、このツールで拡大可能なケースはかなり限定的である。例えば、データ・ディスク上に存在する2つのパーティションを統合して1つにしたい場合や(この場合、第2パーティションのデータを一時的にどこかへバックアップしておき、サイズ拡大後にリストアする)、ハードウェアRAIDシステムでディスクを追加したような場合に利用できるだろう。新規のハードディスクへシステムを移行させる用途なら、市販のパーティション操作ツールなどを利用する必要がある。なお、パーティションやボリューム、ベーシック・ディスク、ダイナミック・ディスクなどの用語については、関連記事を参照していただきたい。


操作方法

 ここでは、例として、以下の構成のディスクのパーティションを拡大してみる。

拡張前のパーティションの状態
このシステムには2台のディスク(ディスク0とディスク1)がインストールされており、いずれも後半分は空き領域となっている。diskpart.exeを使うと、未使用部分をその直前にあるボリュームに統合して、サイズを拡大することができる。
  ディスクの管理は、[コンピュータの管理]ツールの[記憶域]−[ディスクの管理]で行う。
  OSがインストールされているシステム・ボリューム。これは拡張できない。ほかのシステムにディスクを取り付ければ、拡張することができる。
  ディスク0の未使用領域。新規パーティションを作成することが可能。
  データ・ディスクの先頭ボリューム。後ろの未使用領域と統合して、ボリューム・サイズを拡張することができる。
  ディスク1の未使用領域。

 先ほどの制限から分かるように、ここで拡大可能なのは2台目のディスク(ディスク1)の先頭にあるパーティション(ボリューム名「VOL2」)だけである。1台目のディスク(ディスク0)にあるパーティション(ボリューム名「VOL1」)はOSが格納されているシステム・パーティションなので拡大できない。

 diskpart.exeを起動すると、ユーザーの入力を待つプロンプトが表示されるので、ここでコマンドをインタラクティブに入力して実行する。diskpartはさまざまなコマンドを持っているが、基本的な利用方法としては、まずselectコマンドで操作対象のディスクやパーティション、ボリュームを選択し、これに対して、createやdelete、extendなどのコマンドを発行して操作する。このコマンドの詳しい使い方は、[スタート]メニューの[ヘルプとサポート]で[Diskpart:コマンドラインリファレンス]を表示させるか(検索でdiskpartと入力して検索すると表示される)、以下のサイトの情報などを参考にしていただきたい。

 ボリューム・サイズを拡大するには(基本パーティション・サイズを拡大しても、結果的にその中のボリュームが拡大されるので、基本パーティションの拡大操作でもよい)、対象となるボリュームをselectしてから、extendコマンドを実行する。extendコマンドには、「size=サイズ」という引数を付けることができるが(サイズはMbytes単位で指定する)、引数なしだと、指定されたボリュームの後ろにある空き領域がすべて利用され、その分だけサイズが拡大する。

diskpartによるボリュームの拡張
diskpartを使ってボリューム(もしくはパーティション)を拡大することができる。ただし対象ボリュームの後ろに空き領域が存在する必要がある。
  diskpartの起動。
  現在のボリューム一覧を表示させる。
  対象となるボリュームを選択する。ボリューム番号はで表示された先頭の番号を指定する。
  選択されたボリュームを、空き領域いっぱいまで拡張する(引数を付けずにextendを実行すると、最大サイズまで拡張される)。
  実行中のメッセージ。extendコマンドを入力すると、確認なしにすぐに実行されるので注意。
  ボリューム一覧の表示。
  サイズが37Gbytesに拡張されている。

 以上の操作を実行すると、次のようになる。ディスク1の最後にあった空き領域がなくなり、先頭のボリューム(VOL2)に統合されているのが分かるだろう。

拡張後のパーティションの状態
DISK1にあった未使用領域が先頭のボリュームと統合され、サイズが拡大している。
  サイズ拡大後のボリューム。ディスク全体が1つのボリュームになっている。

 なおこのコマンドは、入力するとすぐに実行され、確認操作などは行われない。また、いったん拡張すると、元に戻すこともできないし、「extend /?」のようにしてヘルプを表示させることもできないので、十分注意して、実行していただきたい。End of Article

  関連リンク
  Diskpart.exe を使用してデータ ボリュームを拡張する方法(マイクロソフト サポート技術情報)
  ベーシック ボリュームを拡張する(マイクロソフトTechnet)
  シンプル ボリュームまたはスパン ボリュームを拡張する(マイクロソフトTechnet)
  The DiskPart.exe utility cannot extend a logical drive in an extended partition in Windows Server 2003[英文](マイクロソフト サポート技術情報)
  Functionality restrictions of the Diskpart.exe utility to extend system and boot partitions in Windows Server 2003 and in Windows XP[英文](マイクロソフト サポート技術情報)
  Diskpart コマンドライン ユーティリティについて(マイクロソフト サポート技術情報)
  The partition size is extended, but the file system remains the original size when you extend an NTFS volume[英文](マイクロソフト サポート技術情報)
  NTFS ボリュームの拡張が失敗しても正常に完了したように見える(マイクロソフト サポート技術情報)
     
この記事と関連性の高い別のWindows TIPS
diskpartコマンドでディスクのパーティションを操作する
仮想ハードディスクのサイズを拡大する
仮想ハードディスクのサイズを拡大する(Hyper-V編)
ディスクのパーティション・テーブルを調査する
クラスタ・サイズを変更してWindows OSをインストールする
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「Windows TIPS」

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第4回 お客さまと対話するCCO
企業の中において顧客への提供価値の連続性とその向上に責任を持つCCOとは別に、お客さま...

国内IoT広告市場、2020年には5倍に成長〜スパイスボックスが調査〜
スパイスボックスは12月17日、シード・プランニングのデジタル領域の市場/サービス調査...

日本オラクル、「Oracle Service Cloud」の新機能「Service Collaboration」を提供開始
日本オラクルは12月18日、カスタマーサポート業務を支援するクラウドソリューション「Ora...