Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

オフライン・ファイルを利用する

解説をスキップして設定方法を読む

デジタルアドバンテージ 小川 誉久
2005/06/18
 
対象OS
Windows 2000
Windows XP
Windows Server 2003
ファイル・サーバは便利だが、外出先からアクセスできないという欠点がある。
Windows 2000から提供されるようになった「オフライン・ファイル」の機能を使えば、オフライン状態でも、あたかもオンライン状態であるかのようにネットワーク・ファイルにアクセスし、ファイルを参照したり更新したりできる。
再びオンラインになったら、更新されたファイルがローカル・キャッシュとサーバ間で同期される。
 
解説

 企業では、ファイル・サーバに大容量のディスクを搭載して複数のメンバーとこれを共有可能にするとともに、サーバ・ディスクの組織的なバックアップを実施したり、RAIDなどの冗長化を施したりして、貴重なファイルを万一のディスク障害から保護するのが一般的である。

 こうして、普段オフィスにいるときには、ファイル・サーバ上のファイルを参照したり、編集したりすることになる。しかし、外出先でもこれらのファイルを参照したい場合には、共有フォルダ内の必要なファイルをノートPCのローカル・ハードディスクにコピーするなどの準備が必要だ。そして外出中にファイルを更新した場合には、オフィスに戻ったら、更新したローカル・ファイルをサーバ上の共有フォルダに忘れずにコピーしておく必要がある。これを忘れて、サーバ上の古いファイルを更新してしまうと、ファイルに異なる2つのバージョンができてしまい、トラブルにつながる。

 しかし外出前のファイル・コピーは面倒だし(外出前は時間に追われていることが多い)、帰社してからのファイルの同期も面倒だ。忘れないように心掛ければよいとはいえ、それでもうっかり忘れることはあるものだ。

 Windows 2000以降のOS(Windows XP、Windows Server 2003)では、「オフライン・ファイル」と呼ばれる機能が追加され、上記のような場面でのファイル・コピーと同期処理を自動化できるようになった。Windows 2000以前のWindows 98などにも、同様の機能の実現を目指した「ブリーフ・ケース」と呼ばれる機能があったが、残念ながらこちらは完成度が低く、あまり実用的ではなかった。これに対しオフライン・ファイルは、Windows 2000が提供するIntelliMirror(インテリ・ミラー)と呼ばれる機能の1つとしてまったく新たに開発されたもので、実用性は非常に高い。

 本稿では、このオフライン・ファイルの使い方と、利用上の注意点などをまとめる。

オフライン・ファイルの動作原理

 オフライン・ファイルの動作原理は次のとおりだ。

 最初に、クライアント側コンピュータ(例えばノートPC)でネットワーク・ファイルを「オフライン・ファイル」として指定する。この際フォルダを指定すれば、そのフォルダに含まれるファイルすべてがオフライン・ファイルに指定される。ネットワーク・ファイルの指定は、UNCを使ってもよいし、ドライブ文字を割り当てたネットワーク・ドライブを使って指定してもよい。

 すると、ネットワーク・ファイルが、キャッシュとしてローカル・コンピュータにコピーされる(この処理は「同期」と呼ばれる)。以後、ネットワークが接続された状態(オンライン状態)では、ネットワーク・ファイルを更新すると、ローカル・コンピュータのキャッシュも同時に更新されるようになる。

オフライン・ファイルのアクセス(オンライン時)
オンラインの状態では、ネットワーク・ファイルが参照されるが、ファイルを更新すると、ローカル側のキャッシュの内容も同時に更新される。双方が同期された状態になる。

 ネットワークを切断してオフラインの状態になったときには、キャッシュの内容を参照する。通常であればネットワーク・ファイルは参照できないが、キャッシュにアクセスすることで、ユーザーはあたかもネットワーク・ファイルにアクセスしているのと同様に、ファイルを読んだり、更新したりできる。

オフライン・ファイルのアクセス(オフライン時)
ネットワークが切断されたオフライン状態では、ローカル・ディスクに作成されたキャッシュにアクセスする。ユーザーから見れば、オンライン状態と変わらずにファイルを参照したり、更新したりできる。

 オフラインの状態でローカル・キャッシュのファイルを更新した後、再度ネットワークに接続してオンライン状態になると、ネットワーク・ファイルとローカル・キャッシュの更新内容が同期される。

オフライン・ファイルの同期
オンラインの状態が回復されると、ネットワーク・ファイルとローカル・キャッシュの間で、加えられた変更が同期され、ともに最新の状態になる。

 つまりユーザーから見れば、最初にオフライン・ファイルを指定するだけで、後はオンライン/オフラインの状態を気にすることなく、ネットワーク・ファイルにアクセスできるようになるわけだ。

関連記事(Windows Server Insider)
  Windows TIPS:不整合を起こしたオフライン・ファイル機能を復活させる
     
この記事と関連性の高い別のWindows TIPS
不整合を起こしたオフライン・ファイル機能を復活させる
注目しているWebページが更新されたことをメールで通知させる方法
これだけは覚えておきたい、コマンド・プロンプトの使い方
robocopyでフォルダをバックアップ/同期させる
「デスクトップ」や「お気に入り」をネットワーク・フォルダに配置する
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

 

 INDEX
   オフライン・ファイルを利用する(解説)
   オフライン・ファイルを利用する(設定方法)
 
「Windows TIPS」

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • プロセスとスレッド (2014/10/30)
     OSカーネルを理解するための基本、プロセスとスレッドについて解説。タスクマネージャーを使ってWindows OSの中を見てみよう
  • WindowsでIEを使って文字コードを変換する (2014/10/29)
     Windows標準ツールはシフトJIS以外の文字コードを正しく扱えないことがある。そこでIEを利用すると、手軽に文字コードを変換して別のファイルに保存できる
  • 第435話 新旧交代 (2014/10/28)
     あらまぁ。最近はこんなもんで新聞がタダで読めちゃうってのかい? それじゃあお金を払うのはバカみたいじゃないの……
  • リモートデスクトップのウィンドウ位置を自在に変える (2014/10/24)
     Windowsのリモートデスクトップ接続はRDPファイルでカスタマイズできる。だがウィンドウの表示位置はGUIから指定できない。その設定方法とは?
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第5回 ヒートマップでSEO担当者の働き方が変わる(後編)
前編では、「1.『not provided』にヒートマップで挑む」として、オーガニック検索キーワ...

第5回 ヒートマップでSEO担当者の働き方が変わる(前編)
これまでに筆者は「ヒートマップはSEOに役立ちますか?」という質問を何度かいただきまし...

レオニス、オムニチャネルマーケティングシステム「OFFERs」にスタンプラリー機能追加
トランスコスモスの子会社でオムニチャネルマーケティング事業を展開するLeonis& Co.(通...