Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

ASRでシステムをリストアする

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2005/08/06
 
対象OS
Windows XP
Windows Server 2003
Windows OSシステム全体の完全なバックアップとリストアを行うためには、ASR(自動システム回復)機能を利用するとよい。
ASRリストアでは、最初にWindows OSを仮インストールして、その上でリストア・ツールが実行される。
ASRリストアを起動するためには、Windows OSのインストールCD-ROMでシステムを起動し、[F2]キーを押してASRリストア・モードに入る。
 
解説

 Windows TIPS「ASRでシステムをバックアップする」では、Windows XPおよびWindows Server 2003に用意されている「自動システム回復(Automated System Recovery、以後ASRと表記)」機能を使ったシステムのバックアップ方法について解説した。本TIPSではそのリストア方法について解説する。

Windows TIPS ディレクトリ:バックアップ ソリューション
SP導入のためのバックアップ/リストア・ガイド

 Windows 2000以前のバックアップ・ツールでは、システム・ファイルやレジストリ、システム状態などのバックアップを行うことはできるが、OS全体の完全なリストアは困難であった(まったく不可能というわけではなく、リストア後にさまざまな手作業を行えば可能であった。具体的な手順はWindows 2000のヘルプ・ファイルなどを参照のこと)。現在稼働しているOSにおいて、自分自身を上書きするようなリストアは、通常のWindowsアプリケーションとしては実行できないからだ。

 これに対してASRでは、特別な方法を使ってシステムをリストアしている。まず既存のシステム・パーティションをフォーマット後、仮のWindows OSを新規にインストールし、その上でASRリストア用のプログラム(実体はバックアップ・ツールのリストア・モード)を実行させる。つまり既存のWindows OSとは別に、リストア・ツールを動作させるための仮のOS環境をセットアップしているのである。この仮のOSはリストア後には上書きされて消え、システムを再起動すると元のWindows OS環境が再現されているというわけである。


操作方法

ASRリストアによる復旧

 以下、Windows Server 2003でのASRリストア手順を具体的に紹介する。Windows XPでも同じであるが、リストア時に使用するWindows OS(のCD-ROM)は、バックアップしたOSと同じでなければならない。例えばWindows XPのASRバックアップを、Windows Server 2003のASRリストア・モードを使ってリストアすることはできない。

ASRリストア・ツールの起動

 ASRリストア処理は、Windows XPやWindows Server 2003のインストール時に選択できる、特別なモードの1つである。ASRリストアを行うためには、まずWindows OSのインストールCD-ROMをコンピュータにセットし、セットアップを開始する。

 CD-ROMを入れてシステムを起動すると、最初に「Boot from CD : Press any key to boot from CD.」というメッセージが表示されるので、ここで[Enter]キーを押してインストール作業を開始する。

 すると青いWindows Setup画面が表示されるが、画面最下部に「Press F2 to run Automated System Recovery (ASR)...」と表示されたところで、素早く[F2]キーを押す。

ASRリストア・モードの起動
Windows Server 2003のインストールCD-ROMで起動し、最初の段階でASRリストア・モードに入る。インストールが始まってすぐに(10秒程度で)このようなメッセージが画面最下部に表示されるので、[F2]キーを押す。押し損ねて通常のインストール・シーケンスが始まってしまったら、[Ctrl]+[Alt]+[Del]キーを押してシステムを再起動するか、インストール作業を[F3]キーで中断して、もう1度最初から実行すること。
  このメッセージが表示されたらすぐに[F2]キーを押す。

 正しくASRリストア・モードに入ると、最下部に「Staring Windows Automated System Recovery...」と表示され、次のような画面が表示される。

ASRディスクの要求
もしすでにASRディスクがフロッピー・ドライブに入っていると、この画面はスキップされ、インストール作業は先へ進む。
  ASRバックアップで作成したフロッピー・ディスクを入れろというメッセージ。
  何かキーを押すとASRリストアが始まる。

 ここでASRディスク(ASRバックアップで作成したフロッピー・ディスク)をドライブに入れて[Enter]キーを押す。ここから先は、通常のWindows OSのインストール作業と同じである。キーボードの種別を判別するために[漢字]キーを押すと、次はディスクのパーティション構成の確認と、パーティションの再構成、フォーマット作業が行われる。

 Windows TIPS「ASRでシステムをバックアップする」で述べたように、もしバックアップ時とパーティションの構成(位置やサイズ)が異なっていれば、そのドライブ上にあるパーティションはすべて削除され(実行前に確認画面が表示される)、その後、元通りの位置とサイズでパーティションが再作成され、元のドライブ名が割り当てられる。しかしシステム・パーティション以外は、フォーマットによって消えたファイルは復元されないので(ASRバックアップではシステム・パーティションしかバックアップしていないため)、ASRバックアップ後に構成を変更しないように注意する。

 フォーマットが完了すれば、(元の)システム・パーティションにWindows OSの最小セットが仮インストールされ(途中で1回だけシステムを再起動する)、Windows OSが起動した後、ASRによる自動システム回復ウィザード(バックアップ・ツール)が始まる。

ASRによる自動システム回復ウィザードの開始
Windows OSのインストールが進み、GUIセットアップ画面の最後でこのASRウィザードが自動的に起動する。
  何もしなくても90秒経つと自動的にリストア処理が始まる。
  これを押して次へ進む。

 [次へ]をクリック後、バックアップ・ファイルのパスを指定するが(デフォルトはASRバックアップ時のパス)、何もしなくても90秒後には自動的にリストア作業が始まる。

バックアップ・ファイルの指定
ASRバックアップで保存したバックアップ・ファイルを指定する。
  ファイルのパス名。デフォルトではバックアップ時のパスが指定されている。
  これを押して次へ進む。

 リストア作業が終了するとシステムが自動的に再起動する。ログオンすると、バックアップした時点での状態に戻っていることが分かるだろう。End of Article

関連記事(Windows Server Insider)
  Windows TIPS:ASRでシステムをバックアップする
  Windows TIPS ディレクトリ:バックアップ ソリューション
  運用:SP導入のためのバックアップ/リストア・ガイド
     
「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • Windows 10のUIをWindows 7風にする (2017/6/28)
     Windows 10に移行したものの、UIに慣れない。そんな場合は、Windows 10のUIを慣れたWindows 7に合わせよう。設定やユーティリティーでどこまで近づけられるのか?
  • 第552話 怖い話 (2017/6/27)
     なにぃ、会社のトイレにお化けが出るって? あー、バカバカしい。ホラー映画の観過ぎじゃないの、まったく……
  • Azure SQL DBのインデックスやキャッシュを制御する (2017/6/26)
     Azure SQL Databaseのインデックスやプロシージャキャッシュを制御するには、そのためのT-SQLを直接実行する。知っておくと便利なT-SQLを紹介する
  • DNSのリゾルバ/キャッシュ/フォワーダ機能 (2017/6/23)
     今回は、DNSサーバのクライアント側であるリゾルバやキャッシュの機能について見ていく。リゾルバは、コンテンツDNSサーバに繰り返し問い合わせて名前解決を図る
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH