Windows TIPS
[Active Directory]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

gpupdateでグループ・ポリシーの適用を強制する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2005/09/17
 
対象OS
Windows XP
Windows Server 2003
グループ・ポリシーを設定しても、すぐにクライアントには伝達されない。
グループ・ポリシーをすぐに適用したければgpupdateコマンドを利用するとよい。
gpupdate /forceコマンドを使うと、現在の状態にかかわらず、グループ・ポリシーを強制的に再適用させることができる。
 
解説

 Active Directory環境では、システム各部に関する設定をグループ・ポリシー機能を使って制御している。このグループ・ポリシーは、クライアントが起動するときや、ユーザーがシステムにログオンするときなどにロード、適用されるようになっている(バックグラウンドでも、ある一定時間ごとに更新されている)。

 だがシステムやネットワークの設定状態や、何らかのトラブルや設定ミスなどにより、正しくクライアントに伝達されない場合がある。またサーバ側でグループ・ポリシーを更新しても、その変更がクライアントへすぐに通知されるわけでないので、その変更されたグループ・ポリシーの設定結果をすぐに確認したり、適用することはできない。

 このような場合は、現在のグループ・ポリシーを直ちに適用するgpupdateコマンドを使って、強制的にグループ・ポリシーの適用を試みるとよい。


操作方法

 gpupdateコマンドは、Active Directoryの管理用に提供されているコマンドライン・ツールの1つであり、これを使うと、ドメイン・コントローラから現在の最新のグループ・ポリシーをロードし、システムに適用することができる。セキュリティ設定も含めた、グループ・ポリシーやローカル・グループ・ポリシーなどの設定を一括して更新、適用できる。グループ・ポリシーのテスト時の強制適用だけでなく、何らかのトラブルでグループ・ポリシーが更新されないような場合でも、このコマンドを使うと、更新することができる(可能性がある)。また、コンピュータの設定だけや、ユーザーの設定だけを選択して適用することもできる。

 gpupdateコマンド(ファイル名はgpupdate.exe)は、Windows XPおよびWindows Server 2003で利用できるコマンドである(Windows 2000の「secedit /refreshpolicy」コマンドとほぼ同じ)。gpupdateコマンドの使用方法は、「gpupdate /?」とすると表示される。

基本的な使い方

 一番基本的な使い方は、単に引数なしでgpupdateを実行するだけである。

C:\>gpupdate
ポリシーを最新の情報に更新しています...

User ポリシーの更新が完了しました。
Computer ポリシーの更新が完了しました。

 デフォルトでは、ユーザーの設定とコンピュータの設定の両方が適用される。

/logoff、/bootオプションでログオフ/再起動を行う

 再ログオンや再起動が必要なグループ・ポリシーを設定している場合は、「gpupdate /logoff」や「gpupdate /boot」オプションを使うことにより、ログオフさせたり、システムを再起動させたりすることができる。例えばユーザーやコンピュータを指定してソフトウェアのインストールや、ユーザーごとのフォルダ・リダイレクトの設定などが使われている場合には、再ログオンや再起動が必要となる。ただしこれらの操作が必要ないポリシーが定義されている場合は、ログオフや再起動は行われない。

/forceオプションで強制的に適用させる

 現在のポリシーの適用状態などにかかわらず、グループ・ポリシーを再ロードして、それらをすべて強制的に適用させるためには、/forceオプションを利用する。デフォルトでは、グループ・ポリシーのうち、変更があった部分のみが適用されるが、このオプションを使えばすべて再適用される。更新したグループ・ポリシーや定義しているはずのポリシーが何らかの原因でうまく適用できない場合は、このオプションを使って強制的に再適用させるとよい。

C:\>gpupdate /force ……強制再適用させる
ポリシーを最新の情報に更新しています...

User ポリシーの更新が完了しました。
Computer ポリシーの更新が完了しました。

起動時のみに実行できる特定のコンピュータ ポリシーが有効になっています。

再起動しますか (Y/N)?Y ……ここで「Y」と入力する

コンピュータを再起動しています...

TIPS:Active Directoryのデータベースを強制的に複製する

 なおグループ・ポリシーを更新したり、Active Directoryのオブジェクトを変更したりした場合、Active Directoryのドメイン・コントローラ間での複製には少し時間がかかることがあるが、gpupdateコマンドではドメイン・コントローラ間で複製が正しく行われているかどうかには関知しない。必要ならば関連記事のTIPSで紹介している方法などを使って、あらかじめドメイン・コントローラ間で複製を行っておくなどの手段を併用していただきたい。End of Article

関連記事(Windows Server Insider)
  Windows TIPS:グループ・ポリシー管理を強力に支援するGPMCを活用する
     
  関連リンク
  グループ ポリシー更新ユーティリティの説明(マイクロソフト サポート技術情報)
  Using Secedit.exe to Force Group Policy to Be Applied Again(マイクロソフト サポート技術情報)
  グループ ポリシー エディタで変更がすぐに適用されない(マイクロソフト サポート技術情報)
  デフォルトのドメイン グループ ポリシーの更新間隔を修正する方法(マイクロソフト サポート技術情報)
     
「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Focus

- PR -
- PR -

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH