Windows TIPS
[Active Directory]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

gpupdateでグループ・ポリシーの適用を強制する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2005/09/17
 
対象OS
Windows XP
Windows Server 2003
グループ・ポリシーを設定しても、すぐにクライアントには伝達されない。
グループ・ポリシーをすぐに適用したければgpupdateコマンドを利用するとよい。
gpupdate /forceコマンドを使うと、現在の状態にかかわらず、グループ・ポリシーを強制的に再適用させることができる。
 
解説

 Active Directory環境では、システム各部に関する設定をグループ・ポリシー機能を使って制御している。このグループ・ポリシーは、クライアントが起動するときや、ユーザーがシステムにログオンするときなどにロード、適用されるようになっている(バックグラウンドでも、ある一定時間ごとに更新されている)。

 だがシステムやネットワークの設定状態や、何らかのトラブルや設定ミスなどにより、正しくクライアントに伝達されない場合がある。またサーバ側でグループ・ポリシーを更新しても、その変更がクライアントへすぐに通知されるわけでないので、その変更されたグループ・ポリシーの設定結果をすぐに確認したり、適用することはできない。

 このような場合は、現在のグループ・ポリシーを直ちに適用するgpupdateコマンドを使って、強制的にグループ・ポリシーの適用を試みるとよい。


操作方法

 gpupdateコマンドは、Active Directoryの管理用に提供されているコマンドライン・ツールの1つであり、これを使うと、ドメイン・コントローラから現在の最新のグループ・ポリシーをロードし、システムに適用することができる。セキュリティ設定も含めた、グループ・ポリシーやローカル・グループ・ポリシーなどの設定を一括して更新、適用できる。グループ・ポリシーのテスト時の強制適用だけでなく、何らかのトラブルでグループ・ポリシーが更新されないような場合でも、このコマンドを使うと、更新することができる(可能性がある)。また、コンピュータの設定だけや、ユーザーの設定だけを選択して適用することもできる。

 gpupdateコマンド(ファイル名はgpupdate.exe)は、Windows XPおよびWindows Server 2003で利用できるコマンドである(Windows 2000の「secedit /refreshpolicy」コマンドとほぼ同じ)。gpupdateコマンドの使用方法は、「gpupdate /?」とすると表示される。

基本的な使い方

 一番基本的な使い方は、単に引数なしでgpupdateを実行するだけである。

C:\>gpupdate
ポリシーを最新の情報に更新しています...

User ポリシーの更新が完了しました。
Computer ポリシーの更新が完了しました。

 デフォルトでは、ユーザーの設定とコンピュータの設定の両方が適用される。

/logoff、/bootオプションでログオフ/再起動を行う

 再ログオンや再起動が必要なグループ・ポリシーを設定している場合は、「gpupdate /logoff」や「gpupdate /boot」オプションを使うことにより、ログオフさせたり、システムを再起動させたりすることができる。例えばユーザーやコンピュータを指定してソフトウェアのインストールや、ユーザーごとのフォルダ・リダイレクトの設定などが使われている場合には、再ログオンや再起動が必要となる。ただしこれらの操作が必要ないポリシーが定義されている場合は、ログオフや再起動は行われない。

/forceオプションで強制的に適用させる

 現在のポリシーの適用状態などにかかわらず、グループ・ポリシーを再ロードして、それらをすべて強制的に適用させるためには、/forceオプションを利用する。デフォルトでは、グループ・ポリシーのうち、変更があった部分のみが適用されるが、このオプションを使えばすべて再適用される。更新したグループ・ポリシーや定義しているはずのポリシーが何らかの原因でうまく適用できない場合は、このオプションを使って強制的に再適用させるとよい。

C:\>gpupdate /force ……強制再適用させる
ポリシーを最新の情報に更新しています...

User ポリシーの更新が完了しました。
Computer ポリシーの更新が完了しました。

起動時のみに実行できる特定のコンピュータ ポリシーが有効になっています。

再起動しますか (Y/N)?Y ……ここで「Y」と入力する

コンピュータを再起動しています...

TIPS:Active Directoryのデータベースを強制的に複製する

 なおグループ・ポリシーを更新したり、Active Directoryのオブジェクトを変更したりした場合、Active Directoryのドメイン・コントローラ間での複製には少し時間がかかることがあるが、gpupdateコマンドではドメイン・コントローラ間で複製が正しく行われているかどうかには関知しない。必要ならば関連記事のTIPSで紹介している方法などを使って、あらかじめドメイン・コントローラ間で複製を行っておくなどの手段を併用していただきたい。End of Article

関連記事(Windows Server Insider)
  Windows TIPS:グループ・ポリシー管理を強力に支援するGPMCを活用する
     
  関連リンク
  グループ ポリシー更新ユーティリティの説明(マイクロソフト サポート技術情報)
  Using Secedit.exe to Force Group Policy to Be Applied Again(マイクロソフト サポート技術情報)
  グループ ポリシー エディタで変更がすぐに適用されない(マイクロソフト サポート技術情報)
  デフォルトのドメイン グループ ポリシーの更新間隔を修正する方法(マイクロソフト サポート技術情報)
     
この記事と関連性の高い別のWindows TIPS
自動更新における自動再起動を抑止する
Windows Update適用後の自動再起動を抑制する
シャットダウン時に更新プログラムを適用させる
グループ・ポリシー管理を強力に支援するGPMCを活用する
グループ・ポリシーとpowercfg.exeコマンドで電源オプションの設定を変更する
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「Windows TIPS」

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • WindowsでOneDriveを活用するためのテクニック集 (2014/11/27)
     容量増加と価格下落により、身近になってきたオンラインストレージ「OneDrive」。Windows環境で本格的に使いこなすのに役立つテクニックやノウハウをまとめる
  • Google認証アプリとiPhoneで2段階認証を実現する (2014/11/26)
     オンラインサービスのアカウント乗っ取り防止に有効な「2段階認証」。無償のGoogle認証アプリとiPhone/iPadを組み合わせて実現する方法とは?
  • 第439話 明鏡止水 (2014/11/25)
     心が静かに澄み切ったこの感覚。困難を乗り越えてプロジェクトを完了したときに感じられるこの感覚を味わうために、わしは生きておる…
  • Outlook.comで複数のメールアドレスを作成する (2014/11/21)
     Outlook.comのエイリアス機能を使って複数のメールアドレスを作成する方法を解説する。用途別にメールアドレスを使い分けることも可能だ
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

博報堂生活総研、2014年のヒット商品分析レポートを発表
博報堂生活総合研究所は11月26日、2014年に生活者が関心を示したモノやサービス、コンテ...

アドビ、APAC地域におけるデジタルマーケティング活動の調査結果を発表
アドビ システムズ(以下、アドビ)は11月25日、アジア太平洋地域各国100名以上のマーケ...

第6回 チーフデータオフィサー(CDO)の必要性
前回は「データ活用を成功させるためポイント」として、1)ビッグデータへの対応、2)IT...