Windows TIPS
[User Interface]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

スタート・メニューの「最近使ったファイル」を非表示にする

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 中塚 寛幸
2006/02/18
 
対象OS
Windows 2000
Windows XP
Windows Server 2003
[スタート]メニューの[最近使ったファイル]を利用していない場合、メニュー項目から削除したいことがある。
タスク・バーのプロパティかレジストリで、[最近使ったファイル]メニューを非表示に設定できる。
 
解説

 Windows OSのデフォルト設定では、必ずしも使うとは限らないメニューが多く登録されている。その中でも[スタート]メニューにある[最近使ったファイル]は、アプリケーションが独自のドキュメント履歴機能を持つ場合が多いことなどから、使われないメニューの1つになっている場合が多いだろう。

 [最近使ったファイル]メニューの実体は、システム・ボリュームの\Documents and Settings\[ユーザー名]\Recentである。このフォルダには、最近使ったファイルの実体ではなく、ショートカットがコピーされている。

 この[最近使ったファイル]を非表示にして、少しでもすっきりとした[スタート]メニューにする方法を解説する。ただし今回紹介する方法では、Recentフォルダへのショートカットの作成は抑止できない。


操作方法

 [スタート]メニューの[最近使ったファイル]を非表示にする方法は、Windows XP/Server 2003のデフォルト、Windows XP/Server 2003のクラシック表示およびWindows 2000では異なるので、分けて解説する。ただし、Windows Server 2003の[スタート]メニューでは、[最近使ったファイル]がデフォルトで非表示となっている(クラシック表示ではデフォルトで表示される)。

Windows XP/Server 2003デフォルトの場合

 Windows XPのデフォルトでは、タスク・バーのプロパティから[最近使ったファイル]を非表示にできる。

タスク・バーのプロパティ
タスク・バー上で右クリックし、プロパティを表示する。
  [[スタート]メニュー]タブを選択する。
  [カスタマイズ]をクリックする。

 すると、[[スタート]メニューのカスタマイズ]が表示されるので、[詳細設定]タブを開く。

[スタート]メニューのカスタマイズ
[詳細設定]には、[最近使ったファイル]に関する項目などがまとめられている。[一覧のクリア]をクリックすると、Recentフォルダ内のショートカットがすべて削除される。
  [詳細設定]タブを選択する。
  ここのチェック・ボックスをオフにする。
  ここをクリックする。

 Windows XPのデフォルト設定の場合は、以上の操作で[最近使ったファイル]メニューが表示されなくなる。

[最近使ったファイル]を非表示にしたWindows XPのデフォルト・スタート・メニュー

Windows XP/Server 2003のクラシック表示とWindows 2000の場合

 Windows XP/Server 2003でクラシック表示を利用している場合とWindows 2000では、タスク・バーのプロパティに[最近使ったファイル]に関する設定項目が存在しないため、レジストリで設定する必要がある。レジストリの編集による[最近使ったファイル]の非表示設定は、Windows XP/Server 2003のデフォルト表示でも有効な方法である。

[注意]

レジストリに不正な値を書き込んでしまうと、システムに重大な障害を及ぼし、最悪の場合、システムの再インストールを余儀なくされることもあります。レジストリ・エディタの操作は慎重に行うとともに、あくまで御自分のリスクで設定を行ってください。何らかの障害が発生した場合でも、本Windows Server Insider編集部では責任を負いかねます。ご了承ください。

 [最近使ったファイル]メニューを非表示にするには、HKEY_CURRENT_USERキーのサブ・キー「Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\explorer」に以下のバイナリ値を設定すればよい。

値名
NoRecentDocsMenu 01 00 00 00

 レジストリ・エディタでの操作方法は以下のとおりである。

レジストリ・エディタでバイナリ型の値を新規作成する
レジストリ・エディタを起動し、HKEY_CURRENT_USERのSoftware\Microsoft\Windows\CurrentVersionPolicies\explorerにバイナリ型の値を新規作成する。
  ここで右クリックし、メニューを表示させる。
  [新規]を選択する。
  [バイナリ値]を指定する。

 すると、右ペインに新規に値が作成されるので、次のように値の名前とデータを設定する。

レジストリ値の名前の設定
NoRecentDocsMenuという名前を付ける。
  ここにレジストリ名を入力する。

 続けて、NoRecentDocsMenuをダブルクリックし、バイナリ値「01 00 00 00」を設定する。

レジストリ値(バイナリ)の編集
NoRecentDocsMenuをダブルクリックすると、値の編集ウィンドウが表示される。
  ここに「01 00 00 00」と入力し、[OK]をクリックする。左側の0000は、特に気にする必要はない。

 設定が完了したらレジストリ・エディタを終了する。このままでは設定が反映されないので、いったんログオフして再ログオンする。End of Article

[最近使ったファイル]を非表示にしたWindows XPのクラシック・スタート・メニュー
 
[最近使ったファイル]を非表示にしたWindows 2000のスタート・メニュー
 
関連記事(Windows Server Insider)
  Windows TIPS:現在のユーザーに対応するプロファイル・フォルダを素早く見つける方法
     
この記事と関連性の高い別のWindows TIPS
最近よく使っているフォルダへ素早く移動する
[スタート]メニューに[ログオフ]項目を表示するには
[スタート]−[プログラム]メニューに[管理ツール]項目を表示するには
タスク・バー・ボタンのグループ化表示設定を変更する
デスクトップにOSバージョン/ビルド番号を表示する方法(非表示にする方法)
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「Windows TIPS」

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

クロス組織化する企業に欠かせない情報共有の在り方とは――セールスフォース・ドットコム
日本市場で提供が開始されたデジタルマーケティングプラットフォーム「Radian6 Buddy Med...

ロックオン、テレビ番組/CMリサーチ調査のエム・データと業務提携を開始
広告効果測定システム「アドエビス」などの運営を手掛けるロックオンは10月21日、TV番組...

SAS、新世代データ・ビジュアライゼーション・ソフト「SAS Visual Analytics」を発表
SAS Institute Japanは10月21日、同社が提供するデータ・ビジュアライゼーション・ソフト...