Windows TIPS
[User Interface]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

IEのお気に入り項目をキーボード操作だけで呼び出す

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 中塚 寛幸
2006/04/29
 
対象ソフトウェア
Internet Explorer 5.0
Internet Explorer 5.5
Internet Explorer 6.0
お気に入りのメニュー項目をいちいちマウスでたどるのは面倒である。
マウスを接続していないノートPCなどでは、メニューをたどる操作は簡単ではない。
お気に入りの項目名を変更して、少ないキーボード操作で呼び出せるようにしておくと便利である。
 
解説

 ノートPCを外出先で使うなど、USBマウスなどを外付けせずに、ノートPCに装備されている操作性のよくないポインティング・デバイスを使う場合には、可能な限りキーボードだけで操作したいと感じるものだ。

 Internet Explorer(IE)の場合、頻繁に使うのは[お気に入り]の項目を呼び出す操作だろう。だが、この操作をノートPCに装備されているポインティング・デバイスだけで行うと、操作しにくく不便である。

 そこで、IEの[お気に入り]項目を素早く、操作ミスせずに、キーボード操作だけで呼び出せるようにしておくと便利である。Hotmailやプロバイダが提供しているWebメールのサービスを利用するような場合に、少ない操作ステップで呼び出せるような[お気に入り]への登録方法と呼び出す際の操作方法を解説する。


操作方法

 IEの[お気に入り]項目の実体は、%UserProfile%\Favoritesフォルダに.urlファイルとして保存されている項目(やサブ・フォルダ)である。そこに保存された項目は、IEのアドレス・バーや[ファイルを開く]ダイアログで、ユーザーの文字列入力に従ってインクリメンタルに検索され、リストアップされる。このとき、履歴などの項目も検索対象となる。そのため、URLの直接入力だけでなく、サイトのタイトル([お気に入り]のメニュー項目名)を入力しても、サイトを開くことができる。

 IEでキーボード操作によって特定のURLを開くには、以下のような操作方法がある。

  • [Alt]+[D]キーを入力してアドレス・バーに移動し、URLを入力してEnterキーを押す。
  • [Ctrl]+[O]キー(あるいは[Ctrl]+[L]」キー)を入力して、[ファイルを開く]ダイアログを表示させ、そこでURLを入力してEnterキーを押す。

アドレス・バーでのインクリメンタル検索
IEを起動し、アドレス・バーに文字列を入力していくと、お気に入り項目が自動で補完されながら検索される。
  ユーザーが文字列を入力した部分。
  IEによって補完された文字列。
  ユーザーが入力した文字列に従って検索された[お気に入り]や[履歴]などの項目リストがここに表示される。リストの先頭にある項目名がに補完される。
 
[ファイルを開く]ダイアログでのインクリメンタル検索
[Ctrl]+[O]キー(あるいは[Ctrl]+[L]キー)を入力して表示される[ファイルを開く]ダイアログ。ここでもアドレス・バーと同様、ユーザーの入力に従ってインクリメンタル検索が行われ、入力文字列が補完される。

 この方法を使えば、アドレス・バーや[ファイルを開く]ダイアログをキーボードだけで操作して、Webサイトを開くことができる。

 だが上の画面のように、確定するまでに入力する必要のある文字数が多いため、このままでは不便である。そこで、お気に入りの項目を少し工夫して、素早く入力できるようにしておくとよい。例えばお気に入りの項目名(サイトのタイトル)が「MSN Hotmail - Today」だとすれば、この項目名を「mail」に変更すれば、省入力できるようになる。項目名を変更するには、[お気に入り]メニューから該当項目の右クリック・メニューを開き、[名前の変更]を選択する。

[お気に入り]の項目名を変更する
[お気に入り]メニューから名前を変更したい項目上で右クリック・メニューを開き、[名前の変更]を選択する。
  ここをクリックする。
  名前を変更したい項目上で右クリックする。
  表示されたメニューから[名前の変更]を選択する。

 すると、次のダイアログが表示されるので、ここでは例として「mail」と入力する。

新しい項目名を入力する
[名前の変更]を選択して表示されるダイアログ。ここで、新しい項目名を入力する。ここでは例として、「MSN Hotmail - Today」から「mail」に変更する。

 ここまでで設定完了である。実際にHotmailを省入力で呼び出すには、上述した方法でアドレス・バーに移動するか、[ファイルを開く]ダイアログを表示し、入力欄に「mail」と入力してEnterキーを押せば、Hotmailが開くことになる。

 ただし、この方法で省入力できるのは、[お気に入り]のルート・フォルダ(トップ・レベルの階層)にある項目だけである。[お気に入り]にサブ・フォルダを設けて項目を管理している場合は、サブフォルダ名も正しく指定しなければならない。

 例えば「sc」というサブ・フォルダの中に「mail」という項目を設定したら、アドレス・バーや[ファイルを開く]ダイアログの入力欄に「sc\mail」と入力する。フォルダ名を日本語にしていると入力が面倒なので、省入力機能を利用したい場合は、なるべく半角小文字の英語名のフォルダにするのがよいだろう。End of Article

関連記事(Windows Server Insider)
  Windows TIPS:Internet Explorer(IE)の「お気に入り」のパーソナライズ メニュー機能をオフにするには
  Windows TIPS:「お気に入り」を移行する方法
  Windows TIPS:IEのアドレス・バーをWindowsのタスク・バーに表示する
     
「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH