Windows TIPS
[Office Master]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

Outlook 2003迷惑メール・フィルタの判定レベルを変更する

解説をスキップして設定方法を読む

デジタルアドバンテージ 小川誉久
2006/06/03
 
対象ソフトウェア
Outlook 2003
Outlook 2003には、迷惑メールを自動分類するフィルタ機能がある。
このフィルタはデフォルトで有効化されているが、判定基準は緩い。
必要なら、判定基準をより厳しくすることができる。
 
解説

 Outlook 2003には、迷惑メール(いわゆるスパム・メール)を自動的に判別し、迷惑メールと判定したメールを「迷惑メール」フォルダに自動的に振り分ける機能がある。これがOutlook 2003の「迷惑メール・フィルタ機能」だ。

迷惑メールの受信を回避しながらWebでメール・アドレスを公開する方法

 迷惑メールの発信者は、ハーベスタ(=収穫機)と呼ばれるソフトウェアを使って、Webページや電子掲示板などに記載されたメール・アドレスを地引き網的に収集したり、名簿業者からアドレスを入手したりして、収集したメール・アドレスに対し、アダルト・サイトなどに誘導するためのメールを無差別かつ大量に送信している。こうした「迷惑メール発信業者」にアドレスを教えないことが何より重要なのだが、Webサイトなどを管理していると、問い合わせ先としてWebページにメール・アドレスを表記する必要などがあり、迷惑メールとの闘いが始まることになる(完全ではないが、ハーベスタを回避しながらWebにメール・アドレスを表記する方法がある。これについては関連記事を参照)。

 例えば以下の画面は、筆者の「迷惑メール」フォルダの一部である。筆者はHotFix Report BBS(Windowsセキュリティ管理者向け掲示板)などを運営しており、多くはここで公表しているメール・アドレスに対して送信されたものである。数えてみたら、1日あたり100件近くあった。

筆者の「迷惑メール」フォルダ
Web掲示板に表記したメール・アドレスに送信されてきた迷惑メール。

最新のフィルタ・プログラムを入手する

 Outlook 2003には標準で迷惑メール・フィルタの機能があり、受信メールが自動的に走査され、迷惑メールと判別されると通常の受信フォルダではなく、「迷惑メール」フォルダに分類される。この際の判別プログラムは、新種の迷惑メールを判定できるように、ほぼ毎月のように更新されており、マイクロソフトが無償で提供している。Windows Update/Microsoft Updateでも提供されているので、これらのサイトにアクセスすれば(Windows XPでは[スタート]−[すべてのプログラム]−[Windows Update])、最新版のフィルタ・プログラムを入手できる。

迷惑メールの判定基準が緩い、とお思いなら

 明らかに迷惑メールと分かるものの多くが迷惑メール・フォルダに分類されるので便利である。しかし、しょせんは機械がやっていることであり、完全ではない。チェックを漏れて、受信フォルダにやってきてしまう迷惑メールも少なくない。

 「迷惑メールをもっと厳しく判定してほしい」と考えているなら、迷惑メール・フィルタの設定を変更してみる価値がある。


設定方法

 Outlook 2003の迷惑メール・フィルタには2段階の判定レベルがあり、デフォルトではこのうち緩い方(「低」レベル)が設定されている。判定をもっと厳しくしてほしければ、これを「高」にすればよい。設定を変更するには、Outlook 2003の[ツール]−[オプション]メニューを実行し、表示される[オプション]ダイアログの[初期設定]タブにある[迷惑メール]ボタンをクリックする。

[オプション]ダイアログの[初期設定]タブ
迷惑メール・フィルタ設定はここから変更できる。
  これをクリックする。

 次に表示される[迷惑メールのオプション]ダイアログの[オプション]タブで設定を変更できる。

[迷惑メールのオプション]ダイアログの[オプション]タブ
ここで迷惑メール・フィルタの設定を変更する。
  迷惑メール・フィルタの処理を行わない。
  緩い基準で迷惑メール判定を行う。
  厳しい基準で迷惑メール判定を行う。
  迷惑メール・フィルタは使わず、「セーフリスト」に登録されたユーザーからのメールだけを配信する。

 ここでデフォルト設定は「低」になっているので、より厳しい判定を望むなら「高」を選択すればよい。ちなみに、フィルタ機能を使いたくなければ、の[自動処理なし]を選択することもできる。

 ただし「高」を選択した場合、迷惑メールではない、通常のメールが、間違って「迷惑メール」フォルダに分類されてしまう危険も増大するので注意が必要だ。設定変更後は、本来必要なメールが誤分類されていないかどうか、定期的に「迷惑メール」フォルダをチェックした方がよいだろう。End of Article

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH