Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

仮想マシンの実行優先度を調整する(Virtual PC 2004編)

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2006/06/03
 
対象ソフトウェア
Virtual PC 2004 SP1
仮想マシン・プロセスの実行優先度は、デフォルトではフォアグラウンド・アプリケーションと同じになっている。
だがこのままだと、フォアグラウンド・アプリケーションのパフォーマンスが下がったり、応答が遅くなって操作性が悪くなるので、仮想マシンの優先度を下げるとよい。
優先度を下げるには、タスク・マネージャのプロセス・タブで[通常以下]に設定する。
 
解説

 Virtual PC 2004やVirtual Server 2005を使って、仮想マシンを稼働させる場合、仮想マシン内での処理負荷が高いと、ホスト・システム上で動作している(仮想マシン以外の)フォアグラウンド・アプリケーションの動作にも影響を与え、処理速度が低下する。特にビジネス・アプリケーションやWebブラウザなどのように、GUIのユーザー・インターフェイス操作が必要なものはその影響を大きく受け、応答が遅れ、スムーズに操作できなくなる(何か「引っかかる」ような感じになる)などの症状が現れる。マルチプロセッサ・システム(デュアル・コア・プロセッサやハイパー・スレッディングなども含む)ならばその影響を最小限に抑えることも可能であるが(フォアグラウンドのCPUと仮想マシンのCPUが別々に処理を担当できるため)、2つとかそれ以上の仮想マシンを同時に利用していると、やはりその影響は避けられない。

 このような場合は、仮想マシンの実行優先度を下げれば、フォアグラウンドのアプリケーションに対する影響を低減できる。仮想マシンに対するCPU時間を削減するのではなく、実行優先度を下げるだけなので、フォアグランド・アプリケーションのCPU時間が不必要に制限されることがなく(仮想マシンが忙しいからといって、フォアグラウンド・アプリケーションが制限されることなく)、快適に利用することができる。またフォアグラウンド・アプリケーションがアイドルもしくはそれに近い状態の場合は、バックグラウンド(この場合は仮想マシン)アプリケーションがCPU時間を占有することができるので、仮想マシンの最大パフォーマンスが制限されることもない。

 本TIPSでは、Virtual PC 2004 SP1(以下VPC2004)における、仮想マシンの実行優先度の下げ方について解説する。Virtual Server 2005については、今後別TIPSで取り上げる。

操作方法

 VPC2004で実行中の仮想マシン全体の実行優先度を下げるには、[タスク マネージャ]でVPC2004のタスク(Virtual PC.exeプロセス)を選択し、実行優先度の設定を1つ分下げればよい。

 VPC2004のタスクを素早く見つけるには、[タスク マネージャ]でVPC2004のタスクをどれでもよいから1つ選択し、ポップアップ・メニューの[プロセスの表示]を選択する。

VPC2004のプロセスの見つけ方
VPC2004のプロセスを見つけるには、[プロセス]タブで探せばよい。だがプロセスが多くて面倒ならば、[アプリケーション]タブでVPC2004のアイコンを右クリックし、[プロセスの表示]を実行する。
  このタブを選択する。
  VPC2004の管理コンソールでもよいし、仮想マシンのタスクでもよいので(VPC2004の実行ファイルは1つしか存在しない)、どれか1つを選択して、右クリックする。
  これを選択すると、[プロセス]タブにあるVPC2004のタスクが表示される。

 [プロセス]タブでVPC2004のプロセス(Virtual PC.exe)が表示されたら、その優先度の設定を「通常以下」にする。

VPC2004プロセスの優先度を下げる
VPC2004のプロセス(Virtual PC.exe)の優先度を下げ、「通常以下」に設定する。
  [プロセス]タブを選択する。
  Virtual PC.exeというプロセスが選択されていることを確認する。もしくは[プロセス]タブでこのプロセスを直接選択してもよい。
  優先度をデフォルトの[通常]から[通常以下]に下げる。

 以上で設定は終了である。フォアグラウンド・アプリケーションには優先的にCPU時間が割り当てられ、その動作が制限されることなく利用することができる。

 なおVPC2004自体にも、アプリケーションの実行優先度を設定する機能があり(VPC2004管理コンソールの[ファイル]−[オプション]にある[パフォーマンス]で設定する)、デフォルトではVPC2004のCPU使用時間が50%に制限されることになっている。だが実際の使用感では、ここで紹介した優先度を下げる方法の方がフォアグラウンド・アプリケーションはスムーズに操作できるようである。

VPC2004起動時の優先度の変更

 プロセスの優先度を後で変更するのではなく、VPC2004の起動時から優先度を下げておきたい場合は、VPC2004の起動メニュー(ショートカット)でプロセスの優先度を下げておけばよい。プログラムの起動ショートカットで実行優先度を指定する方法については、「TIPS―起動するプログラムの優先度を変更する方法」を参照していただきたいが、コマンド・プロンプト上で「start /belownormal <実行ファイル名>」と指定すればよい。ただしstartコマンドはコマンド・プロンプト(cmd.exe)の内部コマンドなので、ショートカットに登録するためには、「cmd /c start /belownormal <実行ファイル名>」とする必要があるし、「<実行ファイル名>」は8.3形式の短い名前で指定しなければならないという制約もある。8.3形式の短い名前は実際のシステム環境によっても異なるが(「dir /x」コマンドで確認すること)、手元のマシンの場合だと次のようになる。

C:\>cmd /c start /belownormal C:\PROGRA~1\MI7A94~1\VIRTUA~1.EXE

 これをVPC2004の起動ショートカット(リンク先)として登録しておけばよい。End of Article

関連記事(Windows Server Insider)
Windows TIPS:仮想マシンの実行優先度を調整する(Virtual PC 2004編)
Windows TIPS:仮想マシンの実行優先度を調整する(Virtual Server 2005編)
Windows TIPS:仮想マシンの終了方法を理解する(Virtual Server 2005編)
Windows TIPS:起動するプログラムの優先度を変更する方法
Windows TIPS:Virtual PCの仮想マシンへのショートカットを素早く作成する
Windows TIPS:仮想ハードディスクのデフラグに注意
Windows TIPS:仮想ハードディスクを圧縮する(Virtual PC 2004編)
Windows TIPS:仮想ハードディスクを圧縮する(Virtual Server 2005 R2編)
製品レビュー:デスクトップOSのマイグレーションを支援するVirtual PC 2004
製品レビュー:サーバ・システムの統合/マイグレーションを推進するVirtual Server 2005
 
「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • Azure SQL DBのインデックスやキャッシュを制御する (2017/6/26)
     Azure SQL Databaseのインデックスやプロシージャキャッシュを制御するには、そのためのT-SQLを直接実行する。知っておくと便利なT-SQLを紹介する
  • DNSのリゾルバ/キャッシュ/フォワーダ機能 (2017/6/23)
     今回は、DNSサーバのクライアント側であるリゾルバやキャッシュの機能について見ていく。リゾルバは、コンテンツDNSサーバに繰り返し問い合わせて名前解決を図る
  • ドメインの情報を提供するDNSのコンテンツサーバ (2017/6/22)
     DNSサーバには、ドメインの情報を定義・公開するコンテンツサーバと、それを利用するリゾルバの2種類がある。今回はコンテンツサーバの機能についてまとめておく
  • DNS(Domain Name System)とは (2017/6/21)
     インターネット上にあるサーバやサービスの「名前」とIPアドレスとの対応を管理してインターネットを支えている「DNS」。今回は、DNSの役割や構造の概要を解説
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH