Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

Windows Update後継のMicrosoft Updateを利用する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2006/07/22
 
対象OS
Windows 2000
Windows XP
Windows Server 2003
Windows Updateの後継であるMicrosoft Updateを利用すると、Windows OSだけでなく、マイクロソフト社製アプリケーションに対する修正プログラムも自動的に適用することができる。
Microsoft Updateを利用するためには、最初に手動でインストールする必要がある。1度インストールすると、以後はWindows Updateではなく、Microsoft Updateが利用される。
元のWindows Updateに戻すためには、Microsoft Updateを無効化する。
 
解説

 Windows OSに対するセキュリティ修正プログラムをダウンロードして適用するために、「Windows Update」という仕組みが用意され、広く利用されている。だがWindows Updateでは、OSに関する修正プログラムは提供されているが、Office製品に関する修正プログラムは用意されておらず、必要ならばユーザーが自分自身で「Office Update」というサービスに接続し、修正プログラムなどを適用する必要がある。

 このような問題を改善し、さらに広範なアプリケーションに対応するために、Windows Updateの後継として、現在では「Microsoft Update」というサービスが提供されている。使用方法はWindows Updateと同じであり、Internet ExplorerでMicrosoft Updateのサイトに接続して、ボタンをクリックしていくだけである。

 Windows UpdateではWindows OSに関する修正プログラムだけが提供されていたが、Microsoft UpdateではOffice製品を始め、そのほかのマイクロソフト社製アプリケーションに対する修正プログラムや、さまざな追加モジュールも入手可能となっている。ただしいくらか制限がある。

  • サポートしているクライアント向けOSおよびアプリケーション
    Windows 2000 Professional/Windows XP/Office XP/Office 2003
  • サポートしているサーバ向けOSおよびアプリケーション
    Windows 2000 Server/Windows Server 2003/Exchange 2000 Server SP3/Exchange Server 2003/SQL Server 2000 SP4/SQL Server 2005

 Office製品はOffice XP/Office 2003のみに対応しており、Office 2000には対応していない。そのため、Office 2000を利用している場合は従来のOffice Updateを併用する必要がある。

 このように高機能なMicrosoft Updateであるが、OSインストール直後のデフォルト状態ではWindows Updateが使用され、Microsoft Updateは無効になっている。これを変更し、Microsoft Updateを利用するためには、最初に1回だけ、手動でインストール/設定作業を行う必要がある。本TIPSではMicrosoft Updateの有効化と、元のWindows Updateに戻す方法について解説する。

 Windows Vista/Windows Server 2008/Windows 7/Windows Server 2008 R2のWindows Updateで、Microsoft Updateを有効化する手順については、TIPS「Windows 7/Server 2008のWindows Updateの使い方(設定編)」を参照していただきたい。

操作方法

Microsoft Updateを有効にする

 Microsoft Updateを有効にする方法は簡単である。まず管理者権限のあるアカウントでWindows OSにログオンし、Windows Updateサイトに接続する。Windows Updateに接続するためには、[スタート]メニューから[Windows Update]を実行するか、Internet Explorerを起動後、[ツール]−[Windows Update]を実行する。

Windows Updateの画面
Windows Updateサイトへ接続すると(初回接続時にはActiveXコントロールの組み込みが必要)、このような画面が表示され、Windows OSに関する修正プログラムを自動的に検出、適用することができる。
  これをクリックするだけで、現在のWindows OSに必要な修正プログラムが自動的に検出され、インストールされる。
  Windows Updateの場合、Office製品に関する修正プログラムは、このリンク先で別途入手する必要がある。
  Microsoft Updateを利用するにはこれをクリックする。
  このリンクをクリックしてもよい。

 これは通常のWindows Updateの画面であるが、画面上部にある[Microsoft Update]というリンクをクリックするか、右側の[ニュース]欄に表示されているリンクをクリックする。するとMicrosoft Updateモジュールのダウンロードとインストールの画面が表示される。

Microsoft Updateのインストール画面
Microsoft Updateへのリンクをクリックすると、このようなインストール画面が表示される。
  これをクリックすると、インストールが始まる。

 この画面の[今すぐ開始]をクリックすると、使用許諾契約の確認画面が表示され、それを許諾するとMicrosoft UpdateのActiveXコントロールがダウンロード、インストールされる。ブラウザのセキュリティ設定によっては、セキュリティ警告画面やポップアップ・ブロックの情報バーが表示されることがあるが、それらを許可すると(必要ならば信頼済みサイトへの登録も行う)、プログラムがダウンロードされ、インストールされる。

 1度インストールされると、次のようなMicrosoft Updateの画面が表示される。[スタート]メニューには、新しく[Microsoft Update]へのリンクが表示されるし、以後は[Windows Update]というメニュー項目を実行しても(Windows Updateサイトへのリンクを開いても)、Microsoft Updateサイトが表示される。

Microsoft Updateの画面
Microsoft Updateでは、従来のWindows Updateと違い、OSだけでなく、アプリケーションに関する修正プログラムなどもまとめてインストールできる。
  Windows Updateのサイトへ接続しても、自動的にこのMicrosoft Updateサイトへ誘導される。
  これをクリックするだけで、OSやアプリケーションの修正プログラムがまとめてインストールされる。
  インストールする修正プログラムを個別に選択するには、これをクリックする。
  Microsoft Updateの設定を変更するためには、これをクリックする。Microsoft Updateを無効にすることもできる。

Microsoft Updateを無効にする

 Microsoft Updateを利用すれば、もうWindows Updateを利用する必要はない。だが何らかの理由で(例えば互換性問題など)、元のWindows Updateに戻したければ、設定を変更してMicrosoft Updateを無効にしなければならない。上のMicrosoft Updateウィンドウの左側にある[設定の変更]というリンク()をクリックすると、次のような設定画面が表示される。

Microsoft Updateの無効化
Microsoft Updateをアンインストールして無効化し、従来のWindows Updateを利用するには、ここで設定する。
  無効化するには、これをクリックして、設定画面を表示させる。
  設定ページの最後までスクロールし、これをオンにする。すると次のボタンが有効になる。
  これをクリックすると、Microsoft Updateが無効化される。

 ここの最後にある[Microsoft Updateソフトウェアを無効にし、Windows Updateのみを使用する]というチェック・ボックスをオンにし、[変更を今すぐ適用]というボタンをクリックする。すると確認ダイアログが表示されるので[はい]を選ぶと、Microsoft Updateが無効化され、従来のWindows Updateに戻る。End of Article

関連記事(Windows Server Insider)
Windows TIPS:Microsoft Update/自動更新のエラー・ログを調査する
Windows TIPS:Windows Updateを無効化する
Windows TIPS:Windows Updateのファイルを個別にダウンロードする
Windows TIPS:Windows Updateの不要な項目を表示させないようにする
Windows TIPS:オフラインで修正プログラムを入手・適用する
Windows TIPS:自動更新における自動再起動を抑止する
Windows TIPS:グループ・ポリシーでWindows Updateの実行を禁止する
Windows TIPSディレクトリ:自動更新/Windows Update/SUS/WSUS
連載:そこが知りたい Windows Server Update Services
Insider's Eye:パッチ適用サービス新版、Microsoft Updateの機能としくみ
[運用]Windows Server Update Services
[運用]Microsoft Software Update Servicesの実力を探る
 
関連リンク
Microsoft Update/Windows Update v6 の概要(マイクロソフト サポート技術情報)
利用している Windows Update のバージョンを確認するには(マイクロソフト サポート技術情報)
Windows Update v6 へのアップグレード(マイクロソフト サポート技術情報)
Microsoft Update を利用するには(マイクロソフト サポート技術情報)
Microsoft Update の利用を中止するには(マイクロソフト サポート技術情報)
Microsoft Update/Windows Update v6 にて更新プログラムをインストールする方法(マイクロソフト サポート技術情報)
Windows Update v6 で更新プログラムの非表示と復元を設定する方法(マイクロソフト サポート技術情報)
更新プログラムが正しくインストールされたかどうか確認する方法(マイクロソフト サポート技術情報)
自動更新機能の使用方法(マイクロソフト サポート技術情報)
Windows Update トラブルシューティングの使い方(マイクロソフト サポート技術情報)
Windows Update に関する技術情報(マイクロソフト サポート技術情報)
 
「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH