Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

IEのお気に入りメニューに表示されるアイコンを設定する

解説をスキップして設定方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2006/08/05
 
対象ソフトウェア
Internet Explorer
IEのお気に入りメニューの項目が多くなってくると、目的のサイトを見つけるのが難しくなる。
Webサイトの管理者がfavicon.icoというアイコン・ファイルを用意しておくと、ユーザーのお気に入りメニューに小さなアイコンを表示させることができる。
お気に入り用のアイコンはアイコン・エディタで作成し、Webサイトのトップなどに置いておけばよい。
 
解説

 Internet Explorer(以下IE)の[お気に入り]メニューには、Webサイトのタイトルとアクセス先のURLが登録されている。ユーザーがこのメニューから項目を選ぶと、すばやくそのサイトに接続される。だがこのメニューに多数のお気に入り項目が並んでいると、目的のサイトを探すのが困難になる(特に、名前順になるように整列させていない場合)。

 IEでは、このような不便を解消する1つの方法として、お気に入りメニューの項目名の前に小さなアイコン(以下「お気に入りアイコン」と呼ぶことにする)を表示させる機能が用意されている。Webサイトの管理者がこのアイコン・ファイルを設定しておくと、ユーザーがお気に入りに項目を新しく登録した場合(目的のWebページを表示させた状態で[お気に入り]−[お気に入りに追加]を実行する)、自動的にお気に入りアイコンが表示されるようになる。これにより、目的のお気に入り項目を見つけるのが容易になる。

アイコンが表示された「お気に入り」メニュー
Webサイトの管理者がアイコンを設定しておくと、ユーザーがそのWebサイトのアドレスを「お気に入り」に登録した場合、項目名の直前に小さなアイコンが表示される。
  デフォルトの状態の項目。IEのアイコンが表示されている。多数の項目があると、見分けるのが難しくなる。
  お気に入りアイコンが表示された項目。各サイトごとに、固有のアイコンが表示されている。
  1度お気に入りアイコンが設定されると、以後はそのサイトをアクセスするたびに、このようにお気に入りアイコンが[アドレス]の先頭に表示されるようになる。

 これを実現するためには、Webサイト側でアイコンのデータを用意しておく必要がある。ユーザーが自分自身がお気に入りアイコンを設定できるわけではない。本TIPSではこの方法について解説するが、以下の方法は、Webサイトの管理者(Webサーバの管理者)側で行うべき対策であることに注意していただきたい。

 なお、お気に入りアイコンが表示されるのは、ユーザーが手動でお気に入りメニューに追加した場合だけである。お気に入りフォルダの内容をコピーしたり、別のシステムから移行させたりした場合は、標準のアイコンのままである。

設定方法

 お気に入りメニューにアイコンを表示させるといっても、その設定方法は非常に簡単である。Webサイトの管理者が「favicon.ico」というアイコン・ファイルを用意して、それをWebサイトのトップに置いておく(アクセスできるようにしておく)だけでよい(favicon=favorite iconの略。favorite=お気に入り)。

 この状態で、ユーザーがその場所のURLをお気に入りに追加するか([お気に入り]−[お気に入りに追加]メニュー)、Webページ上のショートカットを右クリックして、ポップアップ・メニューから[お気に入りに追加]を実行すると、IEは「favicon.ico」というファイルをそのサイトから取得しようとする。取得に成功すれば、IEは、URL情報と共にそのアイコンもお気に入りメニューに登録する。しかし取得できなければ、デフォルトのアイコン(IEの形のアイコン)を利用する。

 サイトのトップではなく、サブフォルダの場所をお気に入りに追加する場合は(例:「http://www.atmarkit.co.jp/」ではなく、「http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/index/index.html」を登録する場合など)、IEは、その場所にあるfavicon.icoファイルを取得して利用しようとする。だが、それが見つからなければ、より上位のフォルダにあるfavicon.icoファイルを利用する。これにより、場所ごとに異なるお気に入りアイコンを設定することができる。通常はサイトのトップで1つだけ登録しておけばよいだろう。

 なお、WebページのHTMLコードを修正することにより、特定の場所に置いたアイコン・ファイルを利用させることもできる。詳細については、以下のサポート技術情報を参照していただきたい。

お気に入りアイコンの変更

 1度お気に入りアイコンが設定されると、以後はずっとそのアイコンが使用される。アイコンを変更するなどして、別のアイコンになった場合は(もしくは別のアイコンに変更したい場合は)、1度その項目を削除してから、再登録する。

アイコン・ファイルの作成方法

 アイコン・ファイルは、Windows OSの標準的な形式のファイルであり、サイズや色数は「16×16ドット、256色」や「32×32ドット、256色」にしておけばよい(メニューでは16×16ドットに縮小されて利用される)。アイコンを作成する方法についてはここでは解説しないが、Windows用のいわゆる「アイコン・エディタ」と呼ばれるツールを利用すればよい。以下はVisual Studio 2005で編集している場合の例である。End of Article

Visual Studio 2005でアイコンを編集している例
アイコンを作成・編集するには、いわゆるアイコン・エディタと呼ばれるものを利用する。Visual Studio 2005のような開発ツールでも作成できるし、フリー・ソフトウェアなども多く存在しているので、好みのものを利用すればよい。専用のアイコン・エディタでは、ほかの画像データ・ファイルを読み込んで、縮小/加工する機能などを持っており、簡単にアイコンを作成することができる。
 
関連記事(Windows Server Insider)
Windows TIPS:グループ・ポリシーでIEのリンク・バーを設定する
Windows TIPS:Internet Explorer(IE)の「お気に入り」のパーソナライズ メニュー機能をオフにするには
Windows TIPS:「デスクトップ」や「お気に入り」をネットワーク・フォルダに配置する
Windows TIPS:IEのお気に入り項目をキーボード操作だけで呼び出す
Windows TIPS:マウス操作でIEのホームページ/お気に入りを素速く設定する
Windows TIPS:IEのアドレス・バーをWindowsのタスク・バーに表示する
 
関連リンク
[IE5] お気に入りに表示されるアイコンをカスタマイズする(マイクロソフト サポート技術情報)
お気に入りのオリジナルのアイコンを保存するには(マイクロソフト サポート技術情報)
 
「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH