Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

トラブル対策のためのコンピュータ情報を効率よく収集する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 小川 誉久
2006/09/09
 
対象OS
Windows XP
Windows Server 2003
トラブル対策では、まずは状況を正確に知る必要があるのだが、特に遠隔地にあるコンピュータの状態を把握するのは容易ではない。
msinfo32.exeツールを利用すれば、ハードウェア構成からソフトウェア構成、ネットワーク構成まで、必要な情報を一括して収集可能だ。
またローカル・コンピュータだけでなく、リモート・コンピュータの情報も収集できる。結果をファイルに保存することも可能である。
 
解説

 システム管理者にとって胃が痛む仕事の1つに、クライアントPCのトラブル対策がある。コンピュータの専門家でないユーザーは、コンピュータを使っていて何かトラブルが起こると、自身では対処しようがないため、PCに詳しい身近なリーダー的存在の人や、ヘルプデスク、管理者などに助けを求めてくる。

 トラブル対策の第一歩は、ユーザーのPCで何が起こっているか、状況を正しく把握することだ。しかしこれが簡単でない。OSのバージョン、Service Packのバージョン、ディスクやメモリのサイズ、インストールしているアプリケーション、ネットワークやIEの設定など、ユーザーのPCの状態を知りたいのだが、PCに詳しくないユーザーからこれらの情報を的確に聴取するのは難しい。各種オブジェクトのプロパティやコントロールパネルのアイテム、エクスプローラ、ときにはレジストリ・エディタを操作しないと調査できない情報もある。ユーザーのPCを実際に操作できるならまだよいが、遠隔地にいるユーザーと電話でやりとりするのは悪夢のような作業だ。

 Windows XPには、このような場合に頼りになるユーティリティが標準で用意されている。「システム情報」(msinfo32.exe)と呼ばれるツールだ。

「システム情報」ツール
「システム情報」を利用すれば、コンピュータの各種情報を簡単に収集できる。

 「システム情報」ツール(以下msinfo32.exeと表記)は、ハードウェア環境からソフトウェア環境、インターネット設定まで、コンピュータに関するさまざまな情報を簡単に収集できる。またローカル・コンピュータだけでなく、離れた場所にあるコンピュータの情報をリモートで収集することも可能だ。必要なら、収集した情報をファイル(テキスト形式、XML形式)にエクスポートすることもできる。収集した情報をファイルにエクスポートしてもらい、メールなどで送ってもらえば、遠くにいるユーザーの状態も詳細に把握できるようになる。


操作方法

 msinfo32.exeの初期バージョンは、Office 97に同梱された。現在でも、Officeアプリケーションの「バージョン情報」ダイアログ・ボックス([ヘルプ]−[バージョン情報]メニュー)には、[システム情報]というボタンがあり、これをクリックするとmsinfo32.exeが起動される。恐らく当初は、Officeのサポート支援ツールとして開発、同梱されたものと思われる。

 msinfo32.exeは、現在ではWindows XPやWindows Server 2003で標準提供されており、Officeをインストールしなくても利用できる。プログラム・ファイルは、

%ProgramFiles%\Common Files\Microsoft Shared\MSInfo\msinfo32.exe

にある。[スタート]−[ファイル名を指定して実行]からなら、パスを指定しなくても“msinfo32”だけで起動できるが、コマンド・プロンプトではパスが通っていないので、フルパスでコマンド名を指定するか、start msinfo32として実行する必要がある。

インタラクティブに情報を参照する

 msinfo32.exeを起動すると、左右2つに分かれたペインが表示される。このうち左側には情報の種類が階層表示され、ここから情報の種類を選択すると、右側のペインにその情報が表示されるしくみだ。情報のスキャンは、左側で項目をクリックした時点で実行され、一呼吸してから表示される。

インタラクティブな情報の確認
左側のツリーから項目をクリックすると、その情報がスキャンされ、右側のペインに結果が表示される。画面は[ネットワーク]−[アダプタ]を表示したところ。

リモート・コンピュータの情報をスキャンする

 msinfo32.exeを実行するローカル・コンピュータの情報だけでなく、リモート・コンピュータの情報をスキャンすることも可能だ。これには、[表示]−[リモート コンピュータ]メニューを実行し、表示されるダイアログでリモート・コンピュータ名やIPアドレスを指定すればよい。

[リモート コンピュータ]ダイアログ
[ネットワーク コンピュータ名]にスキャンしたいコンピュータの名前や、IPアドレスなどを指定する。

情報をファイルに書き出す

 ウィンドウでインタラクティブに情報を参照する以外にも、スキャンした結果をファイルに保存することもできる。保存できるファイルの形式は2種類で、1つはテキスト・ファイル形式、もう1つは拡張子.nfoというXML形式のファイルである。

 .nfoファイル形式で保存するには、[ファイル]−[上書き保存]メニューを実行する。すると見慣れた[名前を付けて保存]ダイアログが表示されるので、保存先フォルダとファイル名を指定する。すでにスキャンした情報があっても、ファイル保存前に再スキャンが実行され、その情報が保存される。すべての情報がスキャンされるので、保存が完了するまでに少々時間がかかる(手元のコンピュータでは30秒程度だった)。

 すでに述べたとおり、.nfoファイルはXML形式なので、必要なら、自分で情報を加工して利用することも可能だろう。またmsinfo32.exeで.nfoファイルを開けば、ツリー表示をたどりながら(msinfo32.exeのユーザー・インターフェイスを利用して)、オフラインで情報を確認できる。

 一方、テキスト・ファイルで保存するには、[ファイル]−[エクスポート]を実行し、表示される[名前を付けて保存]ダイアログで保存先フォルダとファイル名を指定する。この場合も、すべての情報が再スキャンされる。ただしテキスト・ファイルで保存した場合は、msinfo32.exeで開いて情報を参照することはできない。

コマンド・ラインでmsinfo32.exeを実行する

 msinfo32.exeをコマンド・ライン(cmd.exe)から実行することもできる。これにより、バッチを利用した自動化が可能だ。またコマンド・ラインからオプションを指定して実行すると、一部の情報だけ(例えばシステムのサマリ情報のみ)を高速にスキャンするなどが可能になる。もちろん、リモート・コンピュータの情報もスキャンできるので、スクリプトを作成すれば、ネットワーク中のコンピュータの情報を、まとめてスキャンすることもできる。

 例えば、リモートにある“testpc01”というコンピュータから、システムの概要情報をスキャンし、“testpc01.nfo”というファイルに情報を保存するには、コマンド・プロンプトで次のようにする(ただし冒頭で述べたとおり、msinfo32.exeにはpathが通っていないので注意すること)。

msinfo32 /computer testpc01 /nfo testpc01.nfo /categories +systemsummary

 そのほかのパラメータについては、msinfo32 /? で確認していただきたい。 End of Article

関連記事(Windows Server Insider)
Windows TIPS:ネットワークの診断ツールを活用する
 
この記事と関連性の高い別のWindows TIPS
systeminfoコマンドでシステムの情報を収集する
起動時に自動実行される不要なプログラムを「見つける」方法
NT 4.0のアプリケーション設定情報をWindows 2000に移行させる方法
これだけは覚えておきたい、コマンド・プロンプトの使い方
セキュリティ・パッチを適用する
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「Windows TIPS」

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • まだ知らない人のためのChromebook (2014/7/30)
     米国を中心に飛躍的に出荷が伸びている「Chromebook」。日本にも投入されたChromebookとはどのようなものなのか? 果たして実用になるものなのか?
  • 第423話 歴史の悲劇 (2014/7/29)
     どうしてハードディスクはCドライブなんだ。AやBはどうした。えっ、PCの歴史を知らないからだって? そんなもの知る必要あるの?
  • iPhone/iPadで使える「iBeacon」とは? (2014/7/28)
     iBeaconを活用したサービスでは、iPhoneなどのユーザーが実店舗に入店したときだけクーポンを入手したりできるという。その仕組みは? 活用例は?
  • dirコマンドでファイル名の一覧を取得する【更新】 (2014/7/25)
     Windows OS標準コマンドの基本中の基本、といっても過言ではないdirコマンド。オプションを駆使してさまざまなファイル名一覧を取得する方法を解説
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第5回 Webサイトの目的を社内で共有する――他部署をうまく巻き込むには?
遠藤さんのプレゼンがいよいよ始まる。Webサイトのリニューアルプランに「ソーシャルメデ...

第2回 ヒートマップでLPO――ヒートマップの登場で“in-page web analytics”時代に突入したLPO
ヒートマップがWebサイト分析の現場に登場したことで、LPOは、“in-page web analytics”...

ダウンロードフリー! 「戦略リーダーとしてのマーケティング組織、CMO機能」(eBook版)
「ITmedia マーケティング」編集部では、過去の人気連載をeBook 形式に再編集した新シリ...