Windows TIPS
[Office Master]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

すべてのセルの列幅を一括自動調整する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 正木 理絵子
2006/09/30
 
対象ソフトウェア
Excel 2000
Excel 2002
Excel 2003
Excelでセル幅を超えるデータを入力すると、一部のデータが隠れたり、“#”などとなってしまってデータが正しく表示されない。
このような場合には、列幅の自動調整機能が便利だ。
シート全体の列幅を自動調整したければ、シート全体を選択状態にして、自動調整を実行する。
 
解説

 Excelで表を作成しているうちに、入力した文字がセルの範囲をこえてしまうと、入力したデータが正しく表示されず、セルに入りきれない文字が見えなくなってしまったり、「#####」という表示になってしまったりする場合がある。こんなときは、列幅の自動調整機能を使うと便利である。列幅を調整するには、調整したい列の上部にある見出し行の、セルの右側の境界線部分をダブルクリックする。

セル幅を超える数値が入力されているところ
セル幅を超えて文字や数値を入力すると、このようにセルの内容が正しく表示されない。
  ここをダブルクリックする。
 
セルの境界線をダブルクリックしたところ
見出し部分のセル右側の境界線をダブルクリックすると、このように、値の最も長いセルに合わせてセル幅が自動調整される。

 するとこのように、同一列に含まれるセルのうち、最も長いデータのセルに合わせて、セル幅が自動調整される。ただしこの場合でも、自動調整される列は1つだけだ。しかし場合によっては、シートに含まれるすべての列幅を自動調整したいこともあるだろう。


操作方法

Excel 2000/2002の場合

 シートに含まれるすべての列の幅を自動調整するには、シート全体を選択状態にして、見出し行のどこかの列境界を先の例同様にダブルクリックすればよい。

 シート全体を選択する際、Excel 2000/2002では、キーボードで[Ctrl]+[A]キーを1回だけ押せば、シート全体が選択状態になった。

Excel 2003の場合

 これに対しExcel 2003では、[Ctrl]+[A]キーを押した場合の挙動が少しだけ変わっている。

 具体的な例を示そう。以下の画面は、Excel 2003でスケジュール管理用シートを作成しているところだ。ここで左上にある「10月の予定」をクリックして選択状態にし、[Ctrl]+[A]キーを押したところをキャプチャしたものである。

Excel 2003で[Ctrl]+[A]キーを押したところ
この画面は、左上にある「10月の予定」をクリックして選択状態にし、[Ctrl]+[A]キーを押したところである。Excel 2003で[Ctrl]+[A]キーを押すと、その時点で選択されているセルを含み、罫線もデータも含まない空白セルまでのセル領域が選択状態になる。この状態では、シート全体の列幅調整は行えない。

 シート全体を選択していないので、この状態では、すべての列の幅(例えば右上の「11月の予定の日付の列」を自動調整することはできない。

 意外に知られていないのだが、Excel 2003では、[Ctrl]+[A]キーを2回続けて押せば、シート全体が選択状態になる。例えば上の状態で、再度[Ctrl]+[A]キーを押す。すると次のように、シート全体が選択される。

[Ctrl]+[A]キーを2回押したところ
一部のセル領域だけが選択された前出の状態から、もう一度[Ctrl]+[A]キーを押すと、このようにシート全体が選択状態になる。

 この状態で見出し行の境界部分をダブルクリックすれば、すべての列幅を自動的に調整できる。End of Article

この記事と関連性の高い別のWindows TIPS
複数のシートをまとめて修正する
Excelシートの特定のセルを編集禁止にする
Excelのシートやセルを利用しやすいように表示する
Excelで隠れたシートを素早く選ぶ
列幅の違う表を同じシート上で上下に並べるには
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「Windows TIPS」

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第5回 “事実の見える化”から“行動の測る化”へ
最終回となる今回は、営業活動における目標と実績のバラツキを抑えるために「マネジメン...

第2回 価値の連続性に責任を持つCCO
CRM成功の鍵となるCCO(Chief Customer Officer)。明確な答え、正解がないCRMにおいて何...

第3回 BtoBにおけるマーケティング活動の設計は「誰に」「何を」「どのように」で考える
BtoBマーケティング成功の鍵は、1)ターゲット企業における購買関与部門の責任者とどのよ...