Windows TIPS
[Network]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

サブミッション・ポートを利用してメールを送信する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2006/09/30
 
対象ソフトウェア
Outlook Express 6
Outlook 2000
Outlook 2002
Outlook 2003
メールの送信がOutbound Port 25 Blockingで制限されている場合は、サブミッション・ポートを利用して送信する。
サブミッション・ポートを使用する場合は、ポート番号をデフォルトの25番から587番に変更する。
必要ならば、認証用のアカウントの指定も行う。
 
解説

 スパム・メールやウイルス・メールなどの送信を制限する技術として、最近Outbound Port 25 Blocking(以下OP25B)という技術が導入され、普及し始めている。TIPS「スパム・メールの送信を制限するOutbound Port 25 Blockingとは」では、OP25Bとは何か、OP25Bと同時に利用されるSMTPのサブミッション・ポートとは何か、について解説した。OP25Bが設定された環境では、インターネット上の任意のメール・サーバに対するSMTP接続が制限され、プロバイダが用意したメール・サーバか、サブミッション・ポートを備えたメール・サーバしか利用できなくなる。サブミッション・ポートとは、TCPの25番ではなく、(デフォルトでは)TCPの587番ポートを利用するメール・サービスである。通常のSMTPプロトコルのメール・サーバとほぼ同じであるが、認証機能を有効にして利用されることが多い。

 本TIPSでは、Outlook ExpressやOutlook 2003といったメール・クライアント・ソフトウェア(メーラ)において、サブミッション・ポートを使用する方法について解説する。

操作方法

Outlook Express/Outlook 2000の場合

 Outlook Express/Outlook 2000において、メールの送信にサブミッション・ポートを利用するには、メール・サーバへの接続アカウントにある、サーバのプロパティを変更する。認証とサブミッション・ポートの設定は別画面に分かれているので、その両方を設定する。

 まず[ツール]−[アカウント]メニューで[インターネット アカウント]画面を表示させる。そしてサブミッション・ポートを設定したいアカウントの設定項目を選び、ダブルクリックするか、[プロパティ]ボタンをクリックする。

 するとアカウントのプロパティ画面が表示されるので、[サーバー]タグで認証の設定をする。

SMTP認証の設定
認証(SMTP AUTH認証)を利用するSMTPサーバの場合は、ここで設定する。
  これを選択する。
  サブミッション・ポートをサポートするSMTPサーバの名前。
  認証が必要なら、これをオンにする。
  認証用のアカウントを入力する。

 接続するポート番号をデフォルトの25番から587番に変更するには、[詳細設定]タブを開き、[サーバーのポート番号]−[送信メール]を変更する。

サブミッション用のポート番号の指定
デフォルトの25から、サブミッション・ポート用の587に変更する。
  これを選択する。
  587にする。

Outlook 2002/2003の場合

 Outlook 2002/2003の場合も、メール・サーバへの接続アカウントにある、サーバのプロパティを変更する。

 まず[ツール]−[電子メール アカウント]を選択して[電子メール アカウント]ウィザードを起動する。そして[電子メール]カテゴリの[既存の電子メール アカウントの表示と変更]を選択して[次へ]をクリックすると、現在利用可能なアカウントの一覧が表示される。

 その画面で該当するアカウントを選び、[変更]ボタンをクリックすると[インターネット 電子メールの設定]画面が表示される。ここで[詳細設定]ボタンをクリックし、[インターネット電子メール設定]画面の[送信サーバー]タブをクリックする。すると送信サーバの認証画面が表示されるので、必要ならばチェック・ボックスをオンにし、それぞれの値をセットする。

SMTP認証の設定
認証(SMTP AUTH認証)を利用するSMTPサーバの場合は、ここで設定する。
  これを選択する。
  認証が必要なら、これをオンにする。
  認証用のアカウント情報を入力する。

 ポート番号を変更するには、[詳細設定]タブを選択し、[サーバーのポート番号]−[送信サーバー]を変更する。End of Article

サブミッション用のポート番号の指定
デフォルトの25から、サブミッション・ポート用の587に変更する。
  これを選択する。
  587にする。
 
関連記事(Windows Server Insider)
Windows TIPS:スパム・メールの送信を制限するOutbound Port 25 Blockingとは
 
関連リンク
迷惑メール対策、「まず25番ポートの遮断とSPFを広めたい」(@IT NewsInsight)
ケータイ向けのスパムはシャットアウトします、IIJ(@IT NewsInsight)
25番ポートの攻防(Security&Trust ウォッチ)
Outbound Port 25 BlockingワーキンググループのRecommendation参照(JEAG:Japan Email Anti-Abuse Group)
RFC2476 -- Message Submission(RFC Editor)
 
この記事と関連性の高い別のWindows TIPS
スパム・メールの送信を制限するOutbound Port 25 Blockingとは
メールの送受信でSSLを利用して暗号化する
複数のメール・アカウントを使い分ける
メール・サーバ用にSMTP/POP3サービスをインストールする
SMTPメール・サービスの中継機能を有効にする(IPアドレスによって制限する方法)
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「Windows TIPS」

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • 第431話 仮想空間 (2014/9/30)
     「今回は複数のサーバーで仮想空間を作ってそこでサーバーを仮想的に動かします」「いやもうさっぱり何のことやら……」
  • iPhoneでOneDrive上のファイルを他人に公開する (2014/9/29)
     オンラインストレージ「OneDrive」のファイル公開・共有機能を使えば、インターネット経由で簡単にファイルを他人に渡せる。iPhoneアプリでの設定手順を解説
  • エクスプローラーで表示される属性情報の意味は? (2014/9/26)
     エクスプローラーの詳細表示ではファイルやフォルダーの持つ属性がAやD、S、I、L、C、E、P、Tなどの省略文字で表示される。その意味は?
  • Macってどうでしょう (2014/9/25)
     本連載では、WindowsユーザーがMacBookを使って、困ったことなどをレポートしていく。まずはMacBookのハードウェアを見ていこう
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第2回 「基本統計量」と「グラフ」を使えばデータは丸裸にできる!
いきなりデータを分析するのは手ぶらで樹海に乗り込むのに等しい。例えばエクセルを使う...

第2回 CCCM導入におけるシナリオ設計の手法と要注意ポイント
「第1回 導入してみて分かったCCCMの特徴とポイント」では、クロスチャネル・キャンペー...

FAX――テレマーケティングのきっかけとして実は最もスムーズな手段
テレマーケティングに先駆けて行う“事前情報提供”の手段として、意外にもFAXは有効に機...