Windows TIPS
[Network]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

サブミッション・ポートを利用してメールを送信する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2006/09/30
 
対象ソフトウェア
Outlook Express 6
Outlook 2000
Outlook 2002
Outlook 2003
メールの送信がOutbound Port 25 Blockingで制限されている場合は、サブミッション・ポートを利用して送信する。
サブミッション・ポートを使用する場合は、ポート番号をデフォルトの25番から587番に変更する。
必要ならば、認証用のアカウントの指定も行う。
 
解説

 スパム・メールやウイルス・メールなどの送信を制限する技術として、最近Outbound Port 25 Blocking(以下OP25B)という技術が導入され、普及し始めている。TIPS「スパム・メールの送信を制限するOutbound Port 25 Blockingとは」では、OP25Bとは何か、OP25Bと同時に利用されるSMTPのサブミッション・ポートとは何か、について解説した。OP25Bが設定された環境では、インターネット上の任意のメール・サーバに対するSMTP接続が制限され、プロバイダが用意したメール・サーバか、サブミッション・ポートを備えたメール・サーバしか利用できなくなる。サブミッション・ポートとは、TCPの25番ではなく、(デフォルトでは)TCPの587番ポートを利用するメール・サービスである。通常のSMTPプロトコルのメール・サーバとほぼ同じであるが、認証機能を有効にして利用されることが多い。

 本TIPSでは、Outlook ExpressやOutlook 2003といったメール・クライアント・ソフトウェア(メーラ)において、サブミッション・ポートを使用する方法について解説する。

操作方法

Outlook Express/Outlook 2000の場合

 Outlook Express/Outlook 2000において、メールの送信にサブミッション・ポートを利用するには、メール・サーバへの接続アカウントにある、サーバのプロパティを変更する。認証とサブミッション・ポートの設定は別画面に分かれているので、その両方を設定する。

 まず[ツール]−[アカウント]メニューで[インターネット アカウント]画面を表示させる。そしてサブミッション・ポートを設定したいアカウントの設定項目を選び、ダブルクリックするか、[プロパティ]ボタンをクリックする。

 するとアカウントのプロパティ画面が表示されるので、[サーバー]タグで認証の設定をする。

SMTP認証の設定
認証(SMTP AUTH認証)を利用するSMTPサーバの場合は、ここで設定する。
  これを選択する。
  サブミッション・ポートをサポートするSMTPサーバの名前。
  認証が必要なら、これをオンにする。
  認証用のアカウントを入力する。

 接続するポート番号をデフォルトの25番から587番に変更するには、[詳細設定]タブを開き、[サーバーのポート番号]−[送信メール]を変更する。

サブミッション用のポート番号の指定
デフォルトの25から、サブミッション・ポート用の587に変更する。
  これを選択する。
  587にする。

Outlook 2002/2003の場合

 Outlook 2002/2003の場合も、メール・サーバへの接続アカウントにある、サーバのプロパティを変更する。

 まず[ツール]−[電子メール アカウント]を選択して[電子メール アカウント]ウィザードを起動する。そして[電子メール]カテゴリの[既存の電子メール アカウントの表示と変更]を選択して[次へ]をクリックすると、現在利用可能なアカウントの一覧が表示される。

 その画面で該当するアカウントを選び、[変更]ボタンをクリックすると[インターネット 電子メールの設定]画面が表示される。ここで[詳細設定]ボタンをクリックし、[インターネット電子メール設定]画面の[送信サーバー]タブをクリックする。すると送信サーバの認証画面が表示されるので、必要ならばチェック・ボックスをオンにし、それぞれの値をセットする。

SMTP認証の設定
認証(SMTP AUTH認証)を利用するSMTPサーバの場合は、ここで設定する。
  これを選択する。
  認証が必要なら、これをオンにする。
  認証用のアカウント情報を入力する。

 ポート番号を変更するには、[詳細設定]タブを選択し、[サーバーのポート番号]−[送信サーバー]を変更する。End of Article

サブミッション用のポート番号の指定
デフォルトの25から、サブミッション・ポート用の587に変更する。
  これを選択する。
  587にする。
 
関連記事(Windows Server Insider)
Windows TIPS:スパム・メールの送信を制限するOutbound Port 25 Blockingとは
 
関連リンク
迷惑メール対策、「まず25番ポートの遮断とSPFを広めたい」(@IT NewsInsight)
ケータイ向けのスパムはシャットアウトします、IIJ(@IT NewsInsight)
25番ポートの攻防(Security&Trust ウォッチ)
Outbound Port 25 BlockingワーキンググループのRecommendation参照(JEAG:Japan Email Anti-Abuse Group)
RFC2476 -- Message Submission(RFC Editor)
 
この記事と関連性の高い別のWindows TIPS
スパム・メールの送信を制限するOutbound Port 25 Blockingとは
メールの送受信でSSLを利用して暗号化する
複数のメール・アカウントを使い分ける
メール・サーバ用にSMTP/POP3サービスをインストールする
SMTPメール・サービスの中継機能を有効にする(IPアドレスによって制限する方法)
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「Windows TIPS」

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • IIS/Azure WebのURL Rewriteの基本的な使い方 (2014/7/23)
     WebサイトのURLを変更したいとき、いちいちHTMLファイルの名前や配置を変えるのは非効率だ。URL Rewriteで手間なくURLを「書き換える」方法を解説
  • 第422話 つい (2014/7/22)
     成功する可能性があるものは、成功する。失敗する可能性があるものは、失敗する……
  • Twitterのアプリ連携を確認・解除する (2014/7/18)
     Twitterでしばしば報告されるアプリ連携機能を悪用したスパム行為などの被害。ときどき連携アプリ調べて、不審なものは解除した方がよい。その方法は?
  • アクセス制御リストACL (2014/7/17)
     Windows OSの管理で必ず目にすることになる「アクセス制御リストACL」。その機能概要や設定方法、ACLの継承などについて解説
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

メディア企業コンデナストが考えるブランデッド/ネイティブコンテンツ
Maxifierが主催する「Maxifier Tokyo Summit 2014」が7月16日、東京の恵比寿で開催された...

第2回 「マーケティング活動」の詳細解説――メッセージ開発とチャネルの検討
マーケティング部門の役割は、確度の高い見込み客(リード)と、見込み客に関する精度の...

第40回 ビジネスSNS「LinkedIn」に過去55年間で150職種を経験した「バービー」が登場
1959年〜1960年頃の「バービー」はファッションモデルやファッション編集者だった。以後...