Windows TIPS
[User Interface]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

IE7でタブを作成後、すぐにアクティブにする

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2006/11/25
 
対象ソフトウェア
Internet Explorer 7
IE7ではリンク先を新規タブで開くと、デフォルトでは現在のタブの右隣にバックグラウンドのタブとして作成される。
タブを作成すると同時にアクティブにするには、タブのオプション設定を変更する。
 
解説

 タブブラウザであるInternet Explorer 7(以下IE7)では、Webページ中のリンクをクリックした場合、自動的に新しいタブを開いて表示させる機能がある。新しいタブを開くための具体的な方法についてはTIPS「IE7でタブを操作するためのショートカット・キー」を参照していただきたい。

 新規タブでリンクを開いた場合、デフォルトでは現在のタブ(フォアグラウンドのタブ)の右隣に新しいタブがバックグラウンド・タブとして追加され、そのタブ中にリンク先が表示される。現在のタブ(フォアグラウンド・タブ)の内容は変わらない。そのため、リンク先のページの内容を見るためには、右隣のタブを表示させる必要がある(タブの切り替え方法についても先のTIPS参照)。

 このような操作を省略し、リンク先を新しいタブで開くと同時に、表示をそのタブへ切り替えるにはIE7の設定を変更すればよい。本TIPSではその設定方法について紹介する。

操作方法

 IE7のタブに関する機能の設定は、オプション・ダイアログに新設された[タブ]グループの[設定]ボタンで行う。

IE7のタブ関連のオプション機能
IE7のタブ関連のオプション機能
タブ操作に関する設定は、オプション画面([ツール]−[インターネット オプション]メニュー)に新しく用意されたタブ・グループで行うことができる。
  これをクリックする。

 [設定]をクリックすると、次のようなダイアログが表示されるので、以下のチェック・ボックスを設定する。

IE7のタブ関連のオプション機能
タブに関するオプション設定
このダイアログでは、IE7のタブ関連の挙動を変更することができる。
  これをオンにすると、タブを新規作成すると同時に、アクティブになる。デフォルトではオフ。
  これをオフにすると、最後にタブが追加される。デフォルトはオンなので、現在のタブの右隣に作成される。タブの位置はドラッグして変更することもできる。デフォルトはオン。

 のチェック・ボックスをオンにすると、新規タブの作成と同時にそのタブがアクティブになる。なお新規されたタブは、デフォルトでは元のフォアグラウンドのタブの右隣になるが、のチェック・ボックスをオフにすると、常に最後(右端)に作成されるようになる。End of Article

関連記事(Windows Server Insider)
[製品レビュー]使い勝手とセキュリティ機能が改善された新ブラウザ、Internet Explorer 7
Windows TIPS:IE7でタブを操作するためのショートカット・キー
Windows TIPS:ちょっとしたウィンドウ操作に便利なショートカット・キー
Windows TIPS:なぜかヘルプには記載されていない、IEの便利なショートカット・キー
 
「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH