Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

.ISOファイルをCD-Rに書き込む

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2006/12/09
 
対象OS
Windows XP
Windows Server 2003
.ISOファイルは、CD-ROMのディスク・イメージをそのままファイルにしたものである。
これを利用するには、仮想CD-ROMドライブにマウントするか、ライティング・ソフトウェアでCD-R/RWメディアに書き込む。
ISO Recorderというアドオン・ソフトウェアを利用すると、.ISOファイルを右クリックするだけで簡単に書き込むことができる。
 
解説

本TIPSでは、Windows XP/Server 2003向けの情報を記述しています。Windows 7/Windows Server 2008 R2の場合はOSの標準機能を使って.ISOファイルを書き込むことができます。具体的な方法についてはTIPS「Windows 7でISO/IMGファイルをCD/DVD-Rに書き込む」を参照してください。

 OSやアプリケーションの配布メディアとしてCD-ROMは広く利用されているが、最近では、CD-ROMのイメージ・ファイル(拡張子は.ISOや.IMGなど)をそのまま配布していることも少なくない。例えばマイクロソフト社は、評価版やベータ版だけでなく、TechnetやMSDNなどのユーザー向けの配布をCD-ROMメディアだけでなく、イメージ・ファイルとしてもダウンロードできるようにしている。ユーザーにとっては、実際のCD-ROMメディアよりも、手間がかからず、早期に入手できるので便利である。だが場合によっては物理的なCD-ROMメディアがないとシステムで利用できないこともあるので(インターネットに接続されていない環境や、CD-ROMでブートするような場合)、どちらか一方だけでは困ることもある。

 .ISOファイルを物理的なCD-Rメディアに書き込む(焼くともいう)には、一般的にはCD-Rライタソフトウェアを利用する。だがこのようなソフトウェアは非常に多機能なものが多く、.ISOファイルを書き込むだけという目的からすると、余計な機能が多すぎるきらいがある。トラブルを避けるためには、もっとシンプルなものでも十分であろう。Windows XPやWindows Server 2003では、OS自体がCD-Rに対する書き込み機能を持っているが、これらはファイルやフォルダをISO 9660フォーマットに変換して書き込むことはできるが、あらかじめ用意された.ISOファイルをそのまま書き込むことはできない。このためには、何らかのソフトウェアを追加インストールする必要がある。

 Windows XPやWindows Server 2003で利用できる.ISOファイルの書き込みソフトウェアにはいろいろなものがあるが、本TIPSではTechnetサイトのFAQページなどでも触れられている、「ISO Recorder」を取り上げる。

 なお本TIPSではGUIのツールを利用する方法を紹介しているが、コマンド・プロンプト上からCD-R/RWやDVD-R/RWに書き込む方法については、TIPS「cdburn/dvdburnで.ISOファイルをCD-R/DVD-Rに書き込む」を参照していただきたい。

操作方法

ISO Recorderのインストール

 ISO RecorderはWindows XPやWindows Server 2003に対するアドオン・ソフトウェアであり、エクスプローラから簡単に.ISOファイルをCD-Rメディアに書き込むことができる(DVD-RはWindows Vista版のみの対応しているようである)。

 OS別、SP別にインストール・プログラムが分かれているので、以下のページからWindows XP/Windows Server 2003用をダウンロードし、インストールする。

 ページの先頭の方にある「Here is the current build.」というリンクをクリックして、ファイルISORecorderV2RC1.msiをダウンロードし、実行してインストールする。インストール作業そのものはウィザード形式なので、特に難しくはない。

 インストールが完了するとすぐに利用できるはずだが、念のために再起動しておこう。

.ISOファイルの書き込み

 .ISOファイルを書き込むには、単にエクスプローラで.ISOファイルを右クリックし、ポップアップ・メニューから[Copy image to CD]を選ぶだけである。ファイル拡張子が.ISO以外では動作しないので、.IMGなどとなっている場合は、あらかじめ拡張子を.ISOに変更しておく。

.ISOファイルのCD-Rへの書き込み
.ISOファイルを右クリックして、書き込むを選べばよい。ファイルの拡張子が.ISO以外場合は、.ISOに変更しておくこと。
  これを選択する。

 ウィザードが起動したら、書き込み先ドライブの表示が[Blank Writable Usable]となっていることを確認し、[Next]ボタンをクリックして実行するだけである。ドライブ内に使用済み(未消去)のCD-RWメディアが入っている場合は、[Next]ボタンがグレー表示になりクリックできない。その場合はまず[Erase]をクリックし、メディアを消去してから先へ進む。

.ISOファイルのCD-Rへの書き込み
.ISOファイルの書き込みに特化しているため、余分な機能は何もなく、シンプルである。
  書き込み元ファイル。
  既存CDからのコピーも可能。
  書き込み速度の設定。
  書き込み先のドライブとメディアの状態。
  使用済みのCD-RWメディアの場合は、これをクリックして消去してから書き込む。
  これをクリックして書き込む。

CD-ROMのリッピング/CDのコピー

 ISO Recorderでは、CD-ROMメディアからのリッピング(CD-ROMのデータを読み出して.ISOファイルにすること)も可能である。CD-ROMが挿入されたドライブ名を右クリックし、ポップアップ・メニューから[Create image from CD]を選択する。また[Copy CD to CD]を選ぶと、CDのコピーが作成できる(中間ファイルを使うので、ドライブが1台しかなくてもコピーできる)。End of Article

関連記事(Windows Server Insider)
Windows TIPS:仮想CD/DVDイメージをマウントする(DAEMON Tools Lite編)
Windows TIPS:注意:Virtual PC 2004/Virtual Server 2005でマウントできるCD/DVDイメージは2Gbytesまで
 
この記事と関連性の高い別のWindows TIPS
cdburn/dvdburnで.ISOファイルをCD-R/DVD-Rに書き込む
Windows 7でISO/IMGファイルをCD/DVD-Rに書き込む
仮想CD-ROMイメージをマウントする(vcdrom.sys編)
バックアップ・ファイルをワン・アクションでCD-R/RWに書き込む
CD-ROMドライブの自動実行機能を有効/無効にする方法(Windows 2000の場合)
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「Windows TIPS」

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第5回 “事実の見える化”から“行動の測る化”へ
最終回となる今回は、営業活動における目標と実績のバラツキを抑えるために「マネジメン...

第2回 価値の連続性に責任を持つCCO
CRM成功の鍵となるCCO(Chief Customer Officer)。明確な答え、正解がないCRMにおいて何...

第3回 BtoBにおけるマーケティング活動の設計は「誰に」「何を」「どのように」で考える
BtoBマーケティング成功の鍵は、1)ターゲット企業における購買関与部門の責任者とどのよ...