Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

.ISOファイルをCD-Rに書き込む

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2006/12/09
 
対象OS
Windows XP
Windows Server 2003
.ISOファイルは、CD-ROMのディスク・イメージをそのままファイルにしたものである。
これを利用するには、仮想CD-ROMドライブにマウントするか、ライティング・ソフトウェアでCD-R/RWメディアに書き込む。
ISO Recorderというアドオン・ソフトウェアを利用すると、.ISOファイルを右クリックするだけで簡単に書き込むことができる。
 
解説

本TIPSでは、Windows XP/Server 2003向けの情報を記述しています。Windows 7/Windows Server 2008 R2の場合はOSの標準機能を使って.ISOファイルを書き込むことができます。具体的な方法についてはTIPS「Windows 7でISO/IMGファイルをCD/DVD-Rに書き込む」を参照してください。

 OSやアプリケーションの配布メディアとしてCD-ROMは広く利用されているが、最近では、CD-ROMのイメージ・ファイル(拡張子は.ISOや.IMGなど)をそのまま配布していることも少なくない。例えばマイクロソフト社は、評価版やベータ版だけでなく、TechnetやMSDNなどのユーザー向けの配布をCD-ROMメディアだけでなく、イメージ・ファイルとしてもダウンロードできるようにしている。ユーザーにとっては、実際のCD-ROMメディアよりも、手間がかからず、早期に入手できるので便利である。だが場合によっては物理的なCD-ROMメディアがないとシステムで利用できないこともあるので(インターネットに接続されていない環境や、CD-ROMでブートするような場合)、どちらか一方だけでは困ることもある。

 .ISOファイルを物理的なCD-Rメディアに書き込む(焼くともいう)には、一般的にはCD-Rライタソフトウェアを利用する。だがこのようなソフトウェアは非常に多機能なものが多く、.ISOファイルを書き込むだけという目的からすると、余計な機能が多すぎるきらいがある。トラブルを避けるためには、もっとシンプルなものでも十分であろう。Windows XPやWindows Server 2003では、OS自体がCD-Rに対する書き込み機能を持っているが、これらはファイルやフォルダをISO 9660フォーマットに変換して書き込むことはできるが、あらかじめ用意された.ISOファイルをそのまま書き込むことはできない。このためには、何らかのソフトウェアを追加インストールする必要がある。

 Windows XPやWindows Server 2003で利用できる.ISOファイルの書き込みソフトウェアにはいろいろなものがあるが、本TIPSではTechnetサイトのFAQページなどでも触れられている、「ISO Recorder」を取り上げる。

 なお本TIPSではGUIのツールを利用する方法を紹介しているが、コマンド・プロンプト上からCD-R/RWやDVD-R/RWに書き込む方法については、TIPS「cdburn/dvdburnで.ISOファイルをCD-R/DVD-Rに書き込む」を参照していただきたい。

操作方法

ISO Recorderのインストール

 ISO RecorderはWindows XPやWindows Server 2003に対するアドオン・ソフトウェアであり、エクスプローラから簡単に.ISOファイルをCD-Rメディアに書き込むことができる(DVD-RはWindows Vista版のみの対応しているようである)。

 OS別、SP別にインストール・プログラムが分かれているので、以下のページからWindows XP/Windows Server 2003用をダウンロードし、インストールする。

 ページの先頭の方にある「Here is the current build.」というリンクをクリックして、ファイルISORecorderV2RC1.msiをダウンロードし、実行してインストールする。インストール作業そのものはウィザード形式なので、特に難しくはない。

 インストールが完了するとすぐに利用できるはずだが、念のために再起動しておこう。

.ISOファイルの書き込み

 .ISOファイルを書き込むには、単にエクスプローラで.ISOファイルを右クリックし、ポップアップ・メニューから[Copy image to CD]を選ぶだけである。ファイル拡張子が.ISO以外では動作しないので、.IMGなどとなっている場合は、あらかじめ拡張子を.ISOに変更しておく。

.ISOファイルのCD-Rへの書き込み
.ISOファイルを右クリックして、書き込むを選べばよい。ファイルの拡張子が.ISO以外場合は、.ISOに変更しておくこと。
  これを選択する。

 ウィザードが起動したら、書き込み先ドライブの表示が[Blank Writable Usable]となっていることを確認し、[Next]ボタンをクリックして実行するだけである。ドライブ内に使用済み(未消去)のCD-RWメディアが入っている場合は、[Next]ボタンがグレー表示になりクリックできない。その場合はまず[Erase]をクリックし、メディアを消去してから先へ進む。

.ISOファイルのCD-Rへの書き込み
.ISOファイルの書き込みに特化しているため、余分な機能は何もなく、シンプルである。
  書き込み元ファイル。
  既存CDからのコピーも可能。
  書き込み速度の設定。
  書き込み先のドライブとメディアの状態。
  使用済みのCD-RWメディアの場合は、これをクリックして消去してから書き込む。
  これをクリックして書き込む。

CD-ROMのリッピング/CDのコピー

 ISO Recorderでは、CD-ROMメディアからのリッピング(CD-ROMのデータを読み出して.ISOファイルにすること)も可能である。CD-ROMが挿入されたドライブ名を右クリックし、ポップアップ・メニューから[Create image from CD]を選択する。また[Copy CD to CD]を選ぶと、CDのコピーが作成できる(中間ファイルを使うので、ドライブが1台しかなくてもコピーできる)。End of Article

関連記事(Windows Server Insider)
Windows TIPS:仮想CD/DVDイメージをマウントする(DAEMON Tools Lite編)
Windows TIPS:注意:Virtual PC 2004/Virtual Server 2005でマウントできるCD/DVDイメージは2Gbytesまで
 
この記事と関連性の高い別のWindows TIPS
cdburn/dvdburnで.ISOファイルをCD-R/DVD-Rに書き込む
Windows 7でISO/IMGファイルをCD/DVD-Rに書き込む
仮想CD-ROMイメージをマウントする(vcdrom.sys編)
バックアップ・ファイルをワン・アクションでCD-R/RWに書き込む
CD-ROMドライブの自動実行機能を有効/無効にする方法(Windows 2000の場合)
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「Windows TIPS」

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • PowerShell DSCによる展開の概要とプッシュ型展開 (2014/7/24)
     Windows OSの設定や構成変更を簡単に、そして確実に行うことができるPowerShell DSC。今回は展開の概要とプッシュ型の展開方法について解説
  • IIS/Azure WebのURL Rewriteの基本的な使い方 (2014/7/23)
     WebサイトのURLを変更したいとき、いちいちHTMLファイルの名前や配置を変えるのは非効率だ。URL Rewriteで手間なくURLを「書き換える」方法を解説
  • 第422話 つい (2014/7/22)
     成功する可能性があるものは、成功する。失敗する可能性があるものは、失敗する……
  • Twitterのアプリ連携を確認・解除する (2014/7/18)
     Twitterでしばしば報告されるアプリ連携機能を悪用したスパム行為などの被害。ときどき連携アプリ調べて、不審なものは解除した方がよい。その方法は?
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第3回 潜在興味を言語化するカギ、Topic Modelの威力とは
潜在興味を炙り出す方法を発見し、そのための武器である「Topic Model」も手に入れました...

LINE、Google+を活用する企業がいずれも3割超え
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションとループス・コミュニケーションズ...

メディア企業コンデナストが考えるブランデッド/ネイティブコンテンツ
Maxifierが主催する「Maxifier Tokyo Summit 2014」が7月16日、東京の恵比寿で開催された...