Windows TIPS
[Office Master]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

Outlook 2003の一時保存フォルダに素早くアクセスする

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 小川 誉久
2007/02/10
 
対象ソフトウェア
Outlook 2003
Outlookで受信メールの添付ファイルを開くと、内部では一時フォルダにファイルがコピーされ、それが開かれる。
この一時フォルダは、エクスプローラでは見えない特殊フォルダである。
特殊フォルダではあるが、ショートカットは作れるので、一時フォルダに不要なファイルが残っていないかなどをすぐに確認したいなら、フォルダへのショートカットを作成しておくとよい。
 
解説

 Outlookで受信したメールの添付ファイルをダブルクリックすると、対応するアプリケーションが自動的に起動され、ファイルの中身が表示される。この際Outlookは、添付ファイルをハードディスク内の一時フォルダにいったんコピーし、その後しかるべきアプリケーションを起動して、一時フォルダにコピーしたファイルを開くようにしている。詳細については、関連記事で紹介した。

Outlookで一時保存された添付ファイルを削除する
Outlook 2003の一時保存フォルダを変更する

 このとき使われる一時フォルダは、Internet Explorerなどが使用するTemporary Internet Filesフォルダ以下にあるが、これはエクスプローラでは一覧表示されない特殊なフォルダとなっており、フォルダ・ツリーなどをたどって表示させることはできない。場合によっては、一時フォルダにコピーされた、これらの添付ファイルがずっと残る場合がある。前記関連記事で紹介したとおり、フォルダのパスを指定すれば、エクスプローラからアクセスできるが、比較的頻繁にチェックするときには、ショートカットを作っておけば便利だろう。

操作方法

 Outlookが使用する一時フォルダのショートカットを作成するには、

で紹介した方法を利用して、一時フォルダのフルパスを特定し、そのパスへのフォルダ・ショートカットを[スタート]メニューなどに作成すればよい。こうすれば、設定したショートカットから、簡単に一時フォルダの内容を確認できるようになる。End of Article

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH