Windows TIPS
[User Interface]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

Wordの閲覧レイアウト・モードでの自動起動を禁止する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 正木 理絵子
2007/05/25
 
対象ソフトウェア
Word 2003
Word 2003より、メールの添付ファイルとして受け取ったWordファイルを開くと、自動的に「閲覧レイアウト・モード」に切り替わるようになった。
閲覧レイアウト・モードは、文書を読みやすくする目的で追加された表示モードだが、文書によってはかえって読みにくくなる場合がある。
Word 2003のオプションを変更すれば、閲覧レイアウト・モードでの自動表示を禁止することができる。
 
解説

 Word 2003では、読むためだけに開く文書を、できるだけ読みやすく表示するためのモードとして「閲覧レイアウト・モード」が追加された。閲覧レイアウト・モードでは、文書が本のように1ページずつ表示され、ツール・バーにはレビューに必要なツール([チェック/コメント][ファンクションキーの表示][閲覧レイアウト])のみが表示される。またページの先頭にページ数が表示されたり、文書中で指定されているフォント種類にかかわらず、本文文字がClear Typeでの表示に切り替わったり、文書中で指定された文字サイズとは無関係に、文字サイズを拡大したり縮小したりできる。文書の表示だけの目的として設定されたビューになっている。

 電子メールに添付されたWordファイルを開くと、自動的にこの閲覧レイアウト・モードで表示されるようになっている。

メールから開いたWordファイル(閲覧レイアウト・モード)
メールに添付されたWordファイルは、自動的に閲覧レイアウト・モードで開くよう設定されている。

 しかし閲覧レイアウト・モードでは、デフォルトで1ページに表示される文字数が少なく、表示ページ数が増えてしまったり、本来の文書レイアウトが無視されてしまうため、扱いにくいと感じたりすることがある。ファイルを開いてから、ツールバーの[閉じる]ボタンで別のモードに切り替えてもよいのだが、毎回同じ操作をするのも面倒だ。Wordのオプション設定を変更すれば、自動的に閲覧レイアウト・モードに切り替わるのを禁止することができる。

操作方法

 メールに添付されたWordファイルを開いたとき、自動的に閲覧レイアウト・モードで開かれないようにするには、Wordの[ツール]−[オプション]メニューを実行し、表示される[オプション]ダイアログの[全般]タブにある[閲覧レイアウトで起動する]チェック・ボックスをオフにする(デフォルトではこれがオンになっている)。

[閲覧レイアウトで起動する]のチェックを外す
Wordを起動して、[ツール]−[オプション]メニューを実行し、表示される[オプション]ダイアログの[全般]タブにある[閲覧レイアウトで起動する]チェック・ボックスをオフにする。
  [全般]タブを選ぶ。
  [閲覧レイアウトで起動する]のチェックを外す。

 [OK]ボタンをクリックして設定を保存すれば、以後メール添付のWordファイルを開いても、閲覧レイアウト・モードは使われなくなる。End of Article

この記事と関連性の高い別のWindows TIPS
Wordをセーフ・モードで起動する
Office文書ファイルに含まれているプライバシー情報を削除する
Word 2002/2003で「音声認識データを保存する十分な空き領域がない」というエラーが発生する場合の対処方法
Officeドキュメントの[作成者]情報を確認/設定する
OfficeドキュメントをWebブラウザで開かないようにする
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「Windows TIPS」

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第4回 潜在興味が照らし出す専門メディアの新たな価値
潜在興味を言語化できる武器「Topic Model」を手に入れたことで、消費者の「潜在インサイ...

第3回 Smart Phone時代の超UI/UX改善、CVRアップ術
スマートフォンサイトでショッピングや会員登録をするユーザーは、今後もまだまだ増え続...

第1回 「マス」と「デジタル」は横断して分析できる!
マスの効果は測り難いと言われる一方、マーケティング潮流はオムニチャネルが叫ばれるよ...