Windows TIPS
[User Interface]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

マウス・ポインタを自動的に既定ボタン上に移動させる

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 正木 理絵子
2007/06/08
 
対象OS
Windows 2000
Windows XP
Windows Server 2003
ダイアログ・ボックスでの作業はマウスを使って操作することが多いが、場合によってはマウス・ポインタを見失うことがある。
このような場合は、自動で既定のボタン上にマウスを移動させるよう設定しておくと便利である。
ダイアログ・ボックスを開くと、常に既定のボタン上にマウス・ポインタが移動するようになる。
 
解説

 GUIベースのOSであるWindows OSでは、マウスを使って操作することが多いが、画面が込み入っていたり、多数のウィンドウを表示させていたりすると、マウス・ポインタ(マウス・カーソル)を見失うことがある。たいていのことはキー操作のみで解決できるにしても、日頃マウス操作に頼ることの多いユーザーにとって、このような現象はストレスになる。

 特に、ダイアログ・ボックスの画面でボタンのクリックを要求されたときにポインタを見失うと戸惑うことがある。

 そのような場合は、あらかじめ[マウスのプロパティ]の設定を変更して、自動的にダイアログ・ボックスの既定ボタンの上にマウスのポインタがセットされるようにしておくと便利だ。いちいち手動でポインタを動かさなくても必ず作業中のダイアログ・ボックスの上にポインタが表示されるようになる。ポインタを手動で移動することなど、大した手間ではないと思うかもしれないが、慣れると意外に便利である。

操作方法

 ダイアログ・ボックスを開いたとき、自動で既定ボタン上にマウスのポインタを移動させるには、[コントロール パネル]の[マウス]を起動して設定を変更する。

[マウスのプロパティ]設定画面
[マウスのプロパティ]ダイアログで[ポインタ オプション]タブを開いたら、[動作]グループの[ポインタを自動的に既定のボタン上に移動する]のチェック・ボックスをオンにする。Windows 2000の場合は、[動作]タブにある[ダイアログ ボックスの既定のボタンにマウス ポインタを移動させる]をオンにする。
  [ポインタ オプション]タブを選ぶ。
  このチェック・ボックスをオンする。
  [OK]ボタンをクリックする。

 この設定により、ダイアログ・ボックスを開くと、常に自動で既定のボタン上にマウスのポインタが移動する。End of Article

設定後、自動で既定ボタン上にセットされるようになったマウス・ポインタの例
上記の設定を行うと、ダイアログ・ボックスを開くたび既定ボタンの上に自動でマウスのポインタがセットされるようになり、見失うことがない。
  ポインタは常に既定ボタン上にセットされる。

この記事と関連性の高い別の記事

このリストは、デジタルアドバンテージが開発した自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。

generated byJigsaw
「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH