Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

VMRCplusでVirtual Server 2005を効率よくリモート管理する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2007/07/06
 
対象OS
Windows XP
Windows Server 2003
Windows Vista
Virtual Server 2005を利用する場合、Webベースの管理ツールとVMRCクライアントを使うのが普通である。
だがVMRCplusというツールを利用すると、1つのプログラムでサーバの管理とゲストOSコンソールへのアクセスが可能になる。
VMRCplusでは、同時に複数のVirtual Server 2005やゲストOSへアクセスして管理できる。
 
解説

サーバ・システムの統合/マイグレーションを推進するVirtual Server 2005(Windows TIPS)

 Virtual Server 2005 R2(以下VS2005と表記)は、サーバ・システムのマイグレーション(移行)や複数のサーバ・システムの統合、アプリケーションなどのテスト実行環境の構築用などに広く利用されている仮想化ソフトウェアである(VS2005については関連記事参照)。

 VS2005の管理は、通常はWebベースの管理ツールを利用する。例えばvserver01というサーバならば、http://vserver01:1024/というWebページにアクセスすることで、vserver01上のVS2005の管理画面へアクセスできる(ポート番号1024はデフォルト設定)。また実行されているゲストOSの操作は、VMRC(Virtual Machine Remote Client)というアプリケーションを使って行う(VMRCはWebブラウザ上で動作するActiveXコントロール版と、スタンドアロンのWindowsアプリケーション版の2つがある)。

 だが新しくリリースされたVMRCplusというクライアント・プログラムを利用すると、このようなWebサーバ(+Webブラウザ)を利用せず、VS2005のサーバ管理とゲストOSの(画面の)操作を行うことができる。これはVS2005の管理のために開発されたアプリケーションであり、VS2005利用者には無償で提供されているツールである(ほかのいくつかのツールのように、サポートなしで無償提供されている)。本TIPSではその利用方法について簡単に解説する。

操作方法

VMRCplusのインストール

 VMRCplusは以下のページからダウンロードできる。

 x86版とx64版の2種類があるので、どちらか適切な方をダウンロードする(英語版しか用意されていない)。インストール可能なOSは、Windows Server 2003(R2)、Windows XP SP2、Windows Vistaであり、ローカルに.NET Framework 2.0がインストールされている必要がある。

 ダウンロードした.zipファイルを解凍して適当な場所に展開し、中に含まれるsetup.exeを実行するとインストールが開始される。オプションでインストールするコンポーネントを選ぶことができるが、リモートのWindows Server 2003上のVS2005を管理する場合は[VSCOMAPI]コンポーネントも同時にインストールしておく。ローカルのVS2005を管理する場合は(つまりVS2005がインストールされたWindows Server 2003上で、そのVS2005だけを管理する場合は)、このコンポーネントは不要である。

VMRCplusツールのインストール
インストールの途中で、どのコンポーネントをインストールするかを選択する。
  コア・コンポーネント。必ずインストールすること。
  リモートのVS2005を管理する場合はこれもインストールする。[×]印の場所をクリックし、[Will be installed on local hard drive]を選択する。デフォルトではインストールしない設定になっている。

VMRCplusの起動とサーバへの接続

 インストールが終了すると(以下の操作で、うまくサーバに接続できない場合は、インストール後に1度システムを再起動すること)、[スタート]メニューの[すべてのプログラム]に[VMRCplus]というメニュー項目が追加されているはずである。これを実行すると、次のような起動画面が表示されるので、まずは接続先のVS2005コンピュータ名を指定する。

VMRCplusの起動画面
VMRCplusを起動するとこのような画面が表示されるので、まず接続先を指定する。
  接続先サーバ名。デフォルトではlocalhostとなっているが、適当なリモート・サーバ名に変更できる。
  サーバ名を入力後、これをクリックする。

 デフォルトではローカル・コンピュータ(localhost、自分自身を表す)に接続するようになっているが、の場所にサーバ名を入力しての[Connect]をクリックすると、リモートのサーバにも接続できる。サーバに接続する際に利用されるユーザー・アカウントを指定することはできないので(正しくログオンできない場合は単にエラーとなり、アカウント名を入力することはできない)、VS2005を管理できるユーザー・アカウントでまずローカルのコンピュータにログオンしてから、VMRCplusを起動する必要がある。サーバ名を確認後、をクリックして管理対象のVS2005に接続する。

■ファイアウォールの設定
 VMRCplusを利用するためには、場合によってはファイアウォールの設定が必要になる。そのため、VS2005サーバに対して、MS-RPCとVMRCの制御ポートで接続するので、これらのポートを許可しておくか、VMRCplusの実行ファイルからの接続を許可するように、ファイアウォールを設定しておく。

 例えばWindows XP標準のWindowsファイアウォールならば、[Connect]ボタンをクリックすると次のようなダイアログが表示されるので、[ブロックを解除する]を選択する。

VMRCplusからの通信の許可1
VMRCplusでリモートのVS2005を管理する場合は、VMRCplusからの通信をファイアウォールで許可しておく。これはWindowsファイアウォールでの設定の例。
  VMRCplusツールからの接続要求。
  これを選択してファイアウォールでの通信を許可する。

 ブロックの解除後のWindowsファイアウォールの設定は次のようになっているはずである。

VMRCplusからの通信の許可2
先ほどのダイアログで通信を許可すると、[コントロール パネル]−[Windowsファイアウォール]の[例外]タブにこのようなエントリが追加されているはずである。
  作成されたVMRCplusツールのエントリ。手動で作成してもよい。
  設定内容を確認するにはこれをクリックする(→へ)。
  このチェック・ボックスがオンになっていないと、先ほどのようなダイアログは出ず、すぐに通信が失敗する。
  デフォルトではVMRCplusはこの場所にインストールされている。

VMRCplusの基本操作

 [Connect]ボタンをクリックし、VS2005に正しく接続できると次のような管理画面が表示される。

VMRCplusの管理画面
VMRCplusでVS2005に接続すると、そのサーバ上で動作しているゲストOSの一覧が表示される。なおタイトル・バーにある「Guest Manager」とは、VS2005上のゲストOSを管理するツール、という意味。
  接続先のVS2005サーバ名。同時に複数のサーバに接続した場合は、このサーバ名の部分をクリックすると、接続先をすばやく切り替えることができる。
  接続先のVS2005サーバにおける、Virtual Server 2005のイベント・ログを参照するには、これをクリックする。以下、いずれもローカルではなく、リモートのVS2005サーバ上の管理を行うための機能である。
  ディスク管理画面の起動。VHDファイルを作成、管理できる。
  ネットワーク・インターフェイスの管理画面の起動。
  登録されているゲストOSの一覧。右クリックして起動や停止、設定変更などの操作も行える。
  実行状態。停止中か実行中か、保存中などの状態が表示される。
  CPU使用率。
  割り当てられているRAMサイズ。
  起動やコンソール画面の表示などの操作ボタン。
  ゲストOSの状態。

 このように、VS2005の管理が簡単に行える。またゲストOS環境の作成(.VHDファイルの作成なども含む)や削除もできるし、その設定変更も行える。また、ゲストOSのエントリを選んで[Ctrl]+[G]キーを押すと(もしくはのディスプレイ画面のアイコンをクリックすると)、ゲストOSのコンソール画面が表示され、そのまま操作できる。従来のVMRCクライアントよりも簡単に起動できるし、さまざまな操作も簡単にできるので便利である。

VMRCplusによるゲストOSのコンソールの操作
VMRCplusでは、従来のVMRCクライアントよりも簡単に起動して操作できるし、停止や終了、設定変更なども簡単に行える。
  ゲストOSの起動や終了、一時停止などのボタン。
  設定変更。
  [Ctrl]+[Alt]+[Del]の送信など。
  ゲストOS名。同時に複数のゲストOSコンソールに接続した場合でも、このボタンを使って簡単に切り替えられる。
  ゲストOSのコンソール画面。
  ゲストOSのステータス。

 以上簡単にVMRCplusについて解説した。より進んだ使い方については、今後別TIPSなどで取り上げる予定である。End of Article

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH