Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

リモート・デスクトップをマルチディスプレイの全画面表示で使う

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 小川 誉久
2007/07/13
 
対象OS
Windows XP
Windows Server 2003
Windows Vista
リモート・デスクトップ接続クライアント6.0の新機能の1つとして、マルチ・ディスプレイ・サポートがある。
マルチディスプレイ環境なら、この機能により広大なリモート・デスクトップ画面を利用できる。
 
解説

 Windows XPに標準で付属するリモート・デスクトップ接続クライアントのバージョンでは、マルチディスプレイ環境であってもリモート・デスクトップの全画面表示はディスプレイ1台分の解像度に限定されてしまう。しかし、その後マイクロソフトから提供された新版の「リモート・デスクトップ接続クライアント 6.0」をダウンロードしてインストールすれば、マルチディスプレイ全体にリモート・デスクトップを全画面表示して使うことができる。マルチディスプレイ環境を利用しているなら、複数画面分の広大なデスクトップでリモート・デスクトップを使えるようになる。

操作方法

リモート・デスクトップ接続クライアントをアップグレードする
リモート・デスクトップ接続クライアントのバージョンを調べる

 前述したとおり、マルチディスプレイ全体をリモート・デスクトップとして利用するには、Windows XPに標準搭載されているものではなく、後から提供された新版の「リモート・デスクトップ接続クライアント 6.0」をマイクロソフトのWebサイトからダウンロードして更新する必要がある。このリモート・デスクトップ接続クライアントのアップグレード方法やバージョンの確認方法については、関連記事が詳しいので参照されたい。

リモート・デスクトップで目的のコンピュータに素早く接続する

 「リモート・デスクトップ接続クライアント 6.0」に更新すると、リモート・デスクトップの実行プログラム(mstsc.exe)で/spanコマンドライン・オプションを指定できるようになる。マルチディスプレイ全体をリモート・デスクトップとして利用するには、リモート・デスクトップ接続クライアントの起動時に、/spanコマンドライン・オプションを指定する。具体的には、[スタート]メニューの[ファイル名を指定して実行]で表示されるダイアログで“mstsc /span”と指定すればよい。また、特定の.RDPファイルを指定する場合は、“mstsc.exe /span 〜.rdp”とする。.RDPファイルについては関連記事を参照されたい。

 ショートカット・アイコンから起動するなら、「リモートデスクトップ接続」のショートカットのプロパティを開いて、[リンク先]の指定に/spanオプションを追加してもよい。

[リモート デスクトップ接続]のプロパティ
[スタート]メニューの[リモート デスクトップ接続]のショートカットのプロパティを開いたところ。
  /spanオプションを追加する。

 ただし、/spanオプションを追加すると、リモート・デスクトップ接続の[画面]タブにおける解像度の選択用スライド・バーが無効になり、常にリモート・デスクトップが全画面表示されるようになるので注意が必要だ。

 後は通常どおり、接続先コンピュータを選択して接続すればよい。例えば次の画面は、1600×1200ドットのディスプレイ2台のマルチディスプレイ環境で、/spanオプション付きでリモート・デスクトップに接続し、Googleマップを全画面表示してみたところである。

リモート・デスクトップを2画面全画面表示したところ
1600×1200ドットのディスプレイ2台のマルチディスプレイ環境でリモート・デスクトプに接続し、Googleマップを全画面表示してみた。

 ただし、この機能には以下のような制限がある。

  • ディスプレイ全体の合計解像度は、最大でも4096×2048までであること。
  • すべてのディスプレイの解像度は同一でなければならない。
  • ディスプレイは水平方向に並んでいること(縦並びなど、並び順は制御できない)。End of Article
関連記事(Windows Server Insider)
  リモート デスクトップで遠隔操作する(Windows XPの正体)
  強化されたターミナル・サービス(Windows Server 2003完全ガイド)
  ターミナル・サービスによるクライアントの仮想化(Windows Server 2008の基礎知識)
     
  関連リンク
  リモート デスクトップ接続(ターミナル サービス 6.0 クライアント)(マイクロソフト)
  Remote Desktop Connection Display(リモート デスクトップ接続の表示) (マイクロソフト)
     
この記事と関連性の高い別のWindows TIPS
リモートから「リモート デスクトップ」を許可する
リモート・デスクトップで目的のコンピュータに素早く接続する
リモート・デスクトップ接続の画面を縮小表示させる
リモート・デスクトップ接続クライアントを新バージョンにアップグレードする
リモート・デスクトップ接続の画面サイズを変更する
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「Windows TIPS」

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • Outlook.comで複数のメールアドレスを作成する (2014/11/21)
     Outlook.comのエイリアス機能を使って複数のメールアドレスを作成する方法を解説する。用途別にメールアドレスを使い分けることも可能だ
  • MacBook Airへの環境移行に踏み出そう (2014/11/20)
     Windows PCからのMacbook Airへの環境の移行を行う。MacBook AirでWindows PCと同様の環境が構築できるのか
  • Twitterのアプリ連携を確認・解除する【更新】 (2014/11/19)
     Twitterでしばしば報告されるアプリ連携機能を悪用したスパムツイートの被害。ときどき連携アプリ調べて、不審なものは解除すべきだ【最新の環境に対応】
  • 第438話 夫婦げんか (2014/11/18)
     「あなた、自分が言ったこと覚えてないの?」「何だっけ」「あなたあのとき、こう言ったのよ」「そうだっけ。でも10年も前のことだし……」
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第4回 マスとデジタルが与えている影響を可視化する「グレンジャー因果性」
テレビCMを出稿した。CVが増えた。だからテレビCM施策はよかった。……このロジックは果...

スイスの大手銀行PostFinance、SAS Marketing Automationでマルチチャネルのパーソナライズ化を実現
SAS Institute Japanは11月19日、スイスの大手銀行PostFinanceがSAS Marketing Automatio...

ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」、マイクロアドのSSPと連携
ソネット・メディア・ネットワークスは11月20日、同社のDSP(広告主の広告配信効果を最適...