Windows TIPS
[User Interface]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

Officeの余計なツール・バー・ボタンを非表示にする

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 正木 理絵子
2007/09/07
 
対象ソフトウェア
Office 2003
WordやExcelなどのアプリケーションの作業領域の上部には、ワン・クリックでさまざまな処理を実行するためのボタンが並んだツール・バーがある。
よく使う機能がボタンになっていると便利だが、使わないボタンが場所を占有しているのは無駄である。
特にOfficeのアドオン・ツールをインストールすると、自動的にツール・バーに登録され、デフォルトで表示されてしまう。
ツール・バー設定でボタンの非表示または削除を行う。

解説

 WordやExcelなどのOfficeアプリケーションのメイン・メニューの直下(デフォルト時)には、マウスによるボタンのワン・クリックだけでさまざまな機能を実行できるようにするツール・バーが配置されている。よく使う機能がボタンになっているのは便利だが、使わないボタンが場所を占有するのは無駄である。

 いったん設定してしまえば、通常はツール・バーに表示されるボタン構成などは変更されないが、Officeのアドオン・ツールなどをインストールすると、新しいツール・バーが自動的に登録され、デフォルト表示される場合がある。

Officeのアドオン・ツールのインストールで追加されたツール・バー
Officeアドオンの中には、インストールと同時に独自のツール・バーを登録するものがある。Officeを起動するたびに、毎回表示されることになる。
  アドオンによって追加されたツール・バーの例。

操作方法

  ツール・バーをOfficeのアプリケーションに表示されるツールを消すには、ツールのボタンを1つずつ確実に削除する方法と、ツール・バーごと簡単に非表示にする方法がある。

■ツール・バーを削除する
  個別のボタンではなく、ツール・バー全体が不要なら、Officeのツール・バー領域の空き部分をマウスで右クリックし、表示されるポップアップ・メニューの[ユーザー設定]を実行する(メイン・メニューの[表示]−[ツール バー]−[ユーザー設定]でも表示できる)。[ユーザー設定]ダイアログが表示されたら、[ツール バー]タブに一覧されたツール・バーから、削除したい項目を選択し、右の[削除]ボタンをクリックする。

ツール・バー全体を削除する
[ユーザー設定]ダイアログの[ツール バー]タブの一覧から削除したい項目を選択し、削除する。
  [ツール バー]タブを選ぶ。
  一覧から削除したい項目のチェックを外す。
  [削除]ボタンをクリックする。

■個別のツール・バー・ボタンを削除する
  ツール・バー全体でなく、個別のボタンを削除したいのなら、前記[ユーザー設定]ダイアログの[コマンド]タブをクリックし、右下にある[コマンドの配置の変更]ボタンをクリックする。続いて「変更するメニューまたはツール・バーの選択」より[ツール バー]を選び、右側のドロップダウン・リストから削除したいボタンを含むツール・バーを選ぶ。削除したいツールがコントロールのリスト覧に表示されたら、任意のボタン・メニューをクリックして反転させ、[削除]ボタンをクリックしてダイアログを閉じる。

個別のボタンを削除する
[コマンド]タブ選び[コマンドの配置の変更]ボタンをクリックしてツール・バーのカスタマイズ画面に移動する。
  [コマンド]タブを選ぶ。
  [コマンドの配置の変更]ボタンをクリックする。



削除するツール・バー・ボタンを選ぶ
「変更するメニューまたはツール・バーの選択」でツール・バーを選び、削除したいツールのツール・バーをドロップダウンリストから選ぶ。すると、ツール・バー・ボタンがコントロールのリスト覧に表示されるので、削除したいボタン選び[削除]ボタンをクリックして、ダイアログの画面を閉じる。
  [ツール バー]にチェックを入れる。
  ドロップダウン一覧から削除したいツールを選ぶ。
  削除したいボタンクリックして選ぶ。
  [削除]ボタンをクリックして閉じる。

 この方法でツール・バーやボタンを削除すると、そのボタンが参照するファイルなどがハードディスクから削除される。

■ツール・バーを非表示にする方法
 完全に削除しなくても、表示されないだけでよいなら、ツール・バーの非表示指定を行えばよい。

 ツール・バーを非表示にするなら、ツール・バーの[表示]−[ツール バー]より表示されるドロップダウン・リストから、非表示にしたいツールのチェックをクリックして外す。

ツール・バー全体の非表示設定
ツール・バー全体を非表示にしたければ、[表示]−[ツール バー]から表示されるリストから、非表示にしたいツール・バーのチェックを外す。
  [表示]−[ツール バー]を選ぶ。
  非表示にしたいツールを見つけチェックを外す。

 後で再度ツール・バーを表示させたいと思ったら、同様の手順でチェックマークをオンにすればよい。End of Article

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH