Windows TIPS
[Install & Setup]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

Flash Playerをアンインストールして、アップグレード時のトラブルを解消する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 島田 広道
2007/11/09
2007/11/12更新
対象ソフトウェア
Flash Player
Flash Playerを最新版にアップグレードするのに失敗することがしばしばある。
いったんFlash Playerをアンインストールしてから再インストールすると、アップグレードに成功することが多い。
アンインストールするには、アドビシステムズ提供のアンインストーラを利用すればよい。

解説

 いまや多くのWebサイトでアドビシステムズ(マクロメディア)のFlashを用いたコンテンツが掲載されており、そのプレーヤである「Flash Player」はもはやWebページの閲覧に必須のソフトウェアといっても過言ではないだろう。Windows XPにFlash Playerがプレインストールされていることもあって、多くのWindowsクライアントにはFlash Playerがすでにインストール済みと思われる。

 そのFlash Playerはしばしばアップグレードを迫られる。例えばセキュリティ上の脆弱性が見つかった場合は、たいてい最新版へのアップグレードによって脆弱性が解消される。またFlash Playerのバージョンが古すぎて最新のFlashコンテンツが正しく再生できない場合も、最新版へのアップグレードが必要になる。

 Flash Playerのアップグレードの手順自体はそう難しくない。対象のWebブラウザで以下のアドビシステムズのWebページで開き、指示に従って数ステップの作業をこなすだけだ。

 しかし、原因は不明だが、なぜかこのアップグレードに失敗することがある。例えば上記のページで何回アップグレードを繰り返しても、Flash Playerのバージョンが最新版にならない(古いまま)、といった具合だ。アドビシステムもこうしたFlash Playerのインストール(アップグレード)のトラブルは認識しているようで、以下のように複数のサポート情報を掲載している。

 この中で同社が挙げる解決策の1つとして、Flash Playerをいったんアンインストールしてから再インストールするというものがある。Flash Playerに限らず、インストール/アップグレード時のトラブル対策としてアンインストールは有効な方法だ。しかしインストール済みのFlash Playerのバージョンが古かったり、すでにアンインストールに失敗したりしていると、一般的なWindowsアプリケーションのように、コントロール・パネルの[プログラムの追加と削除]/[アプリケーションの追加と削除]/[プログラムと機能]アプレットからアンインストールできない場合がある(Ver 9.xなど新しいバージョンがインストール済みであれば、これらのアプレットに「Adobe Flash Player 〜」から始まる名前の項目が登録されており、アンインストールできることもある)。その場合は同社が提供している専用のアンインストーラを利用すればよい。本TIPSでは、Flash Playerのアンインストーラの使用方法について解説する。

操作方法

Flash Playerのアンインストーラの入手

  Flash Player専用のアンインストーラは以下のアドビシステムズのWebページからダウンロードできる。ときどき更新されるので、すでにダウンロード済みでも、なるべくアンインストール直前に改めてダウンロードして最新版を利用するように心掛けたい。

 このページの[Adobe Flash Player]−[Windows 98/ME/2000/XP/Vista]−[アンインストーラ]にある「Flash Player Uninstaller*」というリンクをクリックするとアンインストーラをダウンロードできる。uninstall_flash_player.exeというファイル名で保存できるはずだ。

 このアンインストーラは、以下のWebブラウザにインストールされたFlash Playerをアンインストールできる(Ver. 4.0.0.3で確認)。

  • Internet Explorer(ActiveXコントロール)
  • Firefox/Mozilla/Netscape/Opera(プラグイン)

 ただし、特定のWebブラウザだけ選んでアンインストールすることはできず、インストール済みの全WebブラウザのFlash Playerがすべてアンインストールされる。従ってこのアンインストーラを実行した後は、アップグレードのトラブルの有無に関係なく、すべてのWebブラウザに対してFlash Playerを再インストールする必要がある。

Flash Playerのアンインストーラの実行手順

 まずWindowsに管理者のアカウントでログオンし、不要なアプリケーションや常駐ソフトウェアなどを終了させる。特にWebブラウザやインスタント・メッセンジャなどFlashを利用するアプリケーションは終了させないと、削除されるべきファイルが残留することがあるので注意すること。

 以上の準備を終えたら、ダウンロードしたアンインストーラ(uninstall_flash_player.exe)を起動する。以下のように[Adobe Flash Player Uninstaller セットアップ]という画面が表示されるので、指示どおりに進めていく。

Flash Playerのアンインストーラを起動したところ
ダウンロードしたuninstall_flash_player.exeを実行すると、最初にこの画面が表示される。
このボタンをクリックすると、アンインストールの作業が実際に始まる。
をクリックした後にこのボタンをクリックすると、削除対象のファイルなどアンインストール中の作業過程が表示される。

 後はアンインストールが終わるのを待つだけだ。ただし、完了前に[詳細を表示]ボタンをクリックして、アンインストール中に削除できなかったファイルがないか確認した方がよい。もし「リブート時に削除:……」などと表示されたら、後でシステムの再起動を実施しよう。

アンインストーラの実行が完了したところ
インストール済みのWebブラウザの種類が多いほど、アンインストールには時間がかかる。
前述の[詳細を表示]ボタンをクリックしておくと、このように削除中のファイルなど作業過程が表示される。もし「リブート時に削除:……」などと表示されたら、アンインストーラの実行完了後にシステムの再起動を実施すること。再起動を促すダイアログ・ボックスなどは表示されないようなので特に注意したい。
アンインストールが完了するとこのボタンをクリックできるようになる。クリックしてアンインストーラを終了させよう。

 これですべてのインストール済みWebブラウザからFlash Playerがアンインストールされたはずだ。試しにFlashコンテンツのあるWebページを開いてみよう。Flashコンテンツは再生されず、代わりにFlash PlayerのActiveXコントロールまたはプラグインのインストールを促すメッセージが表示されるはずだ。そのまま手動でインストールを行ってもよいし、TIPS「Flash Playerの再配布版を入手する」の方法でスタンドアロン版のFlash Playerを入手してインストールしてもよい。End of Article

  関連リンク
  Flash Player プラグインおよび ActiveX コントロールをアンインストールする方法(アドビシステムズ テクニカル・ノート tn_14157)
  Flash Player のアンインストール手順(Windows)(アドビシステムズ サポート・データベース 228688)

この記事と関連性の高い別のWindows TIPS
Flash Playerのバージョンを調べる
Flash Playerの再配布版を入手する
Flash Playerをバックグラウンドで自動更新させる
Flash Playerの自動更新機能を設定する
エラー・メッセージから原因のプログラムを突き止める
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

更新履歴
【2007/11/12】 インストール済みのFlash Playerのバージョンによっては、コントロール・パネルの[プログラムの追加と削除]/[アプリケーションの追加と削除]/[プログラムと機能]アプレットからアンインストールできる場合があることを記しました。

「Windows TIPS」

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • Gmailのキーボードショートカットを素早く確認する (2014/4/23)
     マウス操作が基本とはいえ、キーボードショートカットを使いこなすことで、作業効率はグンと上がる。まずはショートカット一覧を素早く表示する方法を覚えよう
  • 第411話 連鎖反応 (2014/4/22)
     今日の授業は連鎖反応について。ある反応が次の反応を引き起こして、反応が次々と進むことです。おいっ、聞いてるかそこっ!
  • まだ知らない人のためのOneDrive入門 (2014/4/21)
     マイクロソフト提供の個人向けオンラインストレージ「OneDrive(旧SkyDrive)」。仕事で活用するうえでのメリット/デメリットは? 最新情報で全面更新
  • Win 7をUEFIインストールするためのUSBメモリの作成 (2014/4/18)
     Windows 7をUEFIモードでインストールするためのブータブルUSBメモリを作るには、不足しているファイルを手動で追加コピーする

@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「いいね!」やコメントが増える写真コンテンツ、10種類を紹介
企業がFacebookに投稿するコンテンツのうち75%が写真だという。「いいね!」やコメント...

ALBERT、シナノ電子技研と業務提携 ―― ビッグデータソリューションを一気通貫型で展開
マーケティングソリューション業を展開するALBERTは4月23日、MtoM(Machine to Machine)...

仮説ではなくオープンなクエスチョンでアプローチ――ビジネスパーソンが身につけたい「デザインリサーチ」手法
日本マイクロソフトが主催する「SQL Server 2014 発売記念フォーラム ビジネス成長を支え...