Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

タスク・バーのボタンの幅を調整する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 小林 章彦
2008/01/18
対象OS
Windows 2000
Windows XP
Windows Server 2003
Windows Vista
Windows OSでは、起動中のプログラムがタスク・バーにボタンとして表示され、アクティブなウィンドウの切り替えができる。
タスク・バーのボタンは、アイコン+21文字程度の幅しかない。
ボタンに表示できる文字数を多くすると、ファイル名が分かりやすくなる。
デフォルトの文字数は、レジストリにより変更することができる。

解説

 Windows OSでは、起動中のプログラムがタスク・バーにボタンとして表示され、アクティブなウィンドウの切り替えが簡単に行えるようになっている。このボタンの幅は、デフォルトではアイコン+英数21文字程度となっている。

 起動しているプログラム数が増えると、ボタン幅を狭めながら、タスク・バーにボタン表示していく。それもアイコンのみ(Windows 2000)またはアイコン+1文字(Windows XP/Windows Server 2003/Windows Vista)となった時点で、最小のボタン幅となり、それ以降はタスク・バーが複数行になり、そこに表示されることになる(2行目以降は、デフォルトでは、スクロールさせるなどの操作をしないと表示されない)。

 ただデフォルトの文字数では、Windowsエクスプローラのフォルダ・オプションで[タイトル バーにファイルのパス名を表示する]を有効にしていると、肝心のフォルダ名やファイル名が分からなくなってしまうことも多い。一方、起動しているアプリケーションが常に多い人は、最初から最小のボタン幅にしておいた方がボタンの位置が変わらず、操作しやすいということもあるだろう。

デフォルト状態のタスク・バーのボタン
[タイトル バーにファイルのパス名を表示する]を有効にしていると、肝心のフォルダ名やファイル名が隠れてしまい判別できないことがある。このような場合、ボタンをクリックして、いちいちウィンドウを開かないとならない。ファイル名が表示されていれば、ボタンの状態で目的のファイルにすぐにアクセスできる。

ボタン幅を最小にした場合のタスク・バーのボタン
ウィンドウを開いていくと、アイコン+1文字になるまで、ボタン幅が狭くなる。いつも多くのアプリケーションを起動しているなら、デフォルトでこのボタン幅になっていた方がボタンの表示位置が固定されるため使いやすいかもしれない。
最小のアイコン幅後、さらにウィンドウを開くと、タスク・バーに新たなページが追加される。この部分をクリックすることでタスク・バーのページを切り替えられる。

 タスク・バーに表示されるボタン幅のデフォルト値は、レジストリを操作することで、ある程度変更可能だ。よく利用するアプリケーション名やファイル名などが分かりやすく表示できるボタン幅に調整しておくとよいだろう。

操作方法

 タスク・バーに表示されるボタン幅のデフォルト値を変更するには、レジストリ・キーを編集する必要がある。

[注意]

レジストリに不正な値を書き込んでしまうと、システムに重大な障害を及ぼし、最悪の場合、システムの再インストールを余儀なくされることもあります。レジストリ・エディタの操作は慎重に行うとともに、あくまで御自分のリスクで設定を行ってください。何らかの障害が発生した場合でも、本Windows Server Insider編集部では責任を負いかねます。ご了承ください。

 レジストリ・エディタを起動し、以下のレジストリ・キーを作成すればよい。MinWidthのデフォルトは-2310だが、-285などとすると、ボタン幅が狭くなる(負数であることに注意)。逆に-4000にすると、1.5倍程度のボタン幅に広がる。レジストリを編集後に再起動すると、設定が反映される。End of Article

項目 内容
キー HKEY_CURRENT_USERの\Control Panel\Desktop\WindowMetrics
値の名前 MinWidth(文字列)
値のデータ -285以上(デフォルトは-2310程度)

レジストリ・エディタでの設定
HKEY_CURRENT_USERの\Control Panel\Desktop\WindowMetricsに新規のキー(文字列)を作成する。
右側ペインで右クリックし、[新規]をクリックする。
メニューから[文字列値]を選択し、新規のキーを作成する。

レジストリ・キーの編集
新規に作成したキーの名前を「MinWidth」に変更し、値のデータを修正する。
MinWidthで右クリックし、メニューから[編集]を選択する。
値のデータに設定したいボタン幅を入力する。

MinWidthを-4000にした場合のボタン幅
MinWidthを-4000にすると、デフォルトの1.5倍程度のボタン幅になる。自分に最適なボタン幅を探すには、適当な値を何度か設定して試してみる必要がある。幅広にしたい場合は-4000程度、最小にしたい場合は-285に設定しておけばよい。なお、-285以下にしても、アイコンのみ(Windows 2000)またはアイコン+1文字(Windows XP/Windows Server 2003/Winodws Vista)よりもボタン幅は狭くならない。

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • Azure SQL DBのインデックスやキャッシュを制御する (2017/6/26)
     Azure SQL Databaseのインデックスやプロシージャキャッシュを制御するには、そのためのT-SQLを直接実行する。知っておくと便利なT-SQLを紹介する
  • DNSのリゾルバ/キャッシュ/フォワーダ機能 (2017/6/23)
     今回は、DNSサーバのクライアント側であるリゾルバやキャッシュの機能について見ていく。リゾルバは、コンテンツDNSサーバに繰り返し問い合わせて名前解決を図る
  • ドメインの情報を提供するDNSのコンテンツサーバ (2017/6/22)
     DNSサーバには、ドメインの情報を定義・公開するコンテンツサーバと、それを利用するリゾルバの2種類がある。今回はコンテンツサーバの機能についてまとめておく
  • DNS(Domain Name System)とは (2017/6/21)
     インターネット上にあるサーバやサービスの「名前」とIPアドレスとの対応を管理してインターネットを支えている「DNS」。今回は、DNSの役割や構造の概要を解説
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH