Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

Windows Vista/Windows Server 2008で従来のJIS90互換フォントを利用する

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ 打越 浩幸
2008/03/21
対象OS
Windows Vista
Windows Server 2008
Windows Vista/Windows Server 2008ではJIS X 0213:2004規格に基づいた新しい日本語文字コードが採用されている。
JIS2004では従来のJIS90文字コードとは一部変更されているので、Windows Vista/Windows Server 2008で作成された文書と以前のOSで作成された文書では字体が異なるなどの不整合が生じる可能性がある。
これを避けるにはJIS2004のフォントを従来のOSにインストールするか、逆に、従来と互換性のあるフォントを新OSにインストールして、文字コードを揃えればよい。

解説

 Windows Vista/Windows Server 2008では、新しくJISで制定された日本語文字コード「JIS X 0213:2004(以下JIS2004)」に対応したフォントを使用している。フォントの名称はいままでのMS明朝やMSゴシックと同じだが、使用する文字コードや一部の文字の字体が従来のJIS規格(JIS90)のものではなく、JIS2004に基づいている。詳しくは以下の記事などを参照していただきたい。

 このような事情があるため、同じ文書(文字コード)やメールであっても、OSが異なると字体が異なり、互換性などに問題が生じる可能性がある。

 これを解決する方法として、使用するフォントをJIS2004かJIS90のいずれかに揃えるという方法がある。TIPS「従来のOSで新しいJIS2004フォントを利用する」では、新しいJIS2004フォントを従来のWindows OSにインストールする方法を紹介した。これとは逆に、従来のJIS90フォントを新しいWindows Vista/Windows Server 2008上にインストールするという方法もある。本TIPSではこの方法について紹介する。

操作方法

JIS90フォントをインストールする

 Windows Vista/Windows Server 2008向けのフォントに関する情報は、以下のページから得られる。

 この中に、JIS90フォント・パッケージをダウンロードするためのリンクが含まれているので(x86版、x64版、IA64版の3種類がある)、それをクリックしてファイルをダウンロードし、ダブルクリックして実行する。インストーラを起動すると、ライセンス条項への同意が求められるので、[同意します]をクリックしてインストールを許可する。インストール終了後に再起動すると、新しいフォントが有効になっている。

JIS90フォントのアンインストール

 JIS90フォントをアンインストールするには、[コントロール パネル]の[プログラム]にある[インストールされた更新プログラムを表示する]をクリックする。そして[MS Gothic and MS Mincho JIS90-Compatible Fonts (KB927490)]]を選択/ダブルクリックして、アンインストールする。End of Article

JIS90フォントのアンインストール
JIS90フォントのパッケージは「更新プログラム」カテゴリに属するので、[コントロール パネル]の[プログラム]を起動後、タスクの[インストールされた更新プログラムを表示する]を実行すると、表示される。
これを選択する。
ダブルクリックするか、この[アンインストール]をクリックしてフォントを削除する。アンインストール後はシステムの再起動が必要。

「Windows TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH