ICDロゴ

トランスポート層 (transport layer)

【トランスポート・ソウ】

最終更新日: 2003/03/31

 OSI参照モデルにおいて、各ノード上で実行されている2つのプロセス間で、エラーのない、仮想的な通信路を実現するためのプロトコル層。TCP/IPでいえばTCP層に相当する。

 ネットワーク層では、2つのノード間での通信を行なう機能を提供しているが、これを使って、2つのプロセス(アプリケーション)間で、エラーのない、仮想的な通信路を提供するのがこの層の役目である。ネットワーク層ではデータを送ることはできるが、そのデータが確実に相手に届くという保証はないし、送信した順に正しくデータが届くという保証もない。そこで、アプリケーションにとって使いやすくするために、エラーのない通信路を提供するのがこの層である。必要ならばデータの受信確認を返したり(正しくデータを受け取ったということを、送信元に伝える)、何らかのエラーが発生した場合に、再送・回復処理などを行なう。

OSI参照モデル
OSI参照モデル
ネットワークの機能やプロトコルを階層的に分類し、その意義を定義したもの。さまざまなネットワーク媒体やプロトコル、機能などを階層的に分類して構築することにより、相互運用性を向上させ、柔軟なネットワーク・アーキテクチャを実現することができる。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -