ICDロゴ

XOR演算 (eXclusive OR operation)

【エックス・オア・エンザン/エクスクルーシブ・オア・エンザン】

別名
EOR演算 (Exclusive OR operation) 【イー・オア・エンザン/エクスクルーシブ・オア・エンザン】
EXOR演算 (EXclusive OR operation) 【イー・エックス・オア・エンザン/エクスクルーシブ・オア・エンザン】
排他的論理和演算 (exclusive OR operation) 【ハイタテキ・ロンリワ・エンザン】

最終更新日: 2002/04/03

 コンピュータで使われる基本的な論理演算の1つで、排他的論理和とも呼ばれる。2入力の場合は、入力が「真」と「偽」の組み合わせならば出力は「真」、それ以外なら出力は「偽」となる。2進数で表現すると、入力が「1」と「0」、もしくは「0」と「1」ならば出力は「1」、それ以外なら出力は「0」となる。2つの入力が一致しているかどうかを調べるために使われたりする(一致していれば0、一致していなければ1となる)。

入力1
入力2
出力
0
0
0
0
1
1
1
0
1
1
1
0
2入力のXOR演算
2つの入力のうち、片方が1でもう片方が0ならば出力は1となるが、両方とも同じ値ならば(両方が一致していれば)出力は0となる。

 3入力以上のXORでは、まず2入力のXORを考え、その出力ともう1つの入力の間でさらにXOR演算を行う。結果的には、入力のうち「1」の数が奇数個ならば出力は「1」、偶数個ならば出力は「0」となる。このような特性から、パリティを計算する場合などに使われることがある。

入力1
入力2
入力3
出力
0
0
0
0
0
0
1
1
0
1
0
1
0
1
1
0
1
0
0
1
1
0
1
0
1
1
0
0
1
1
1
1
3入力のXOR演算
1の数が奇数個ならば出力は1となるが、偶数個ならば出力は0となる。

 回路図上でXOR演算回路(「XORゲート」とも呼ばれる)を表現する場合は、次のようなMIL記号が使われることが多い。MIL記号は、米国軍用規格(Military Standard)として決められている論理記号である。

MIL記号によるXORゲート
MIL記号によるXORゲート
これは2入力のXORゲートの例。左側が入力で、右側が出力を表している。ORゲートの入力側が2重線のようになっていて、これがXORを表している。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ

- PR -