ICDロゴ

NBT (NetBIOS over TCP/IP)

【エヌ・ビィー・ティー】

別名
NetBT (NetBIOS over TCP/IP) 【ネット・ビィー・ティー】
NetBIOS over TCP/IP 【ネットバイオス・オーバー・ティーシーピー・アイピー】

最終更新日: 2002/12/06

 NetBIOSインターフェイスを、TCP/IP上に実装したプロトコルのこと。NetBIOSはネットワーク サービス用のAPIインターフェイスであるが、そのトランスポート層プロトコルとしてTCP/IPを使ったものをNBT(NetBIOS over TCP/IP)といい、RFC1001、1002で規格化されている。このほかに、NetBEUIやIPX/SPXを使ったものがある。

NetBIOSインターフェイス
NetBIOSインターフェイス
NetBIOSは、トランスポート層やセッション層のネットワーク・サービスを呼び出すためのAPIインターフェイス。下位ネットワーク・プロトコルとしては、NETBEUIやTCP/IP、IPX/SPXなどが利用される。TCP/IPをベースとするものを特にNBT(NetBIOS over TCP/IP)という。

 NetBIOSでは、もともとはNetBEUIプロトコルをベースにしていたが、これはルーティング能力を持たないので大規模なネットワークを構築できない、ブロードキャストを多用するのでネットワークが飽和しやすい、などの問題点があった。これに対してNBTでは、TCP/IPの持つルーティング機能を使って、ルータで相互に接続されたような複数セグメントを持つLANや、インターネット/WANを使って複数拠点を結ぶような大規模なネットワークも構築できるという利点がある。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ

- PR -