ICDロゴ

DSU (Digital Service Unit)

【ディ・エス・ユー】

最終更新日: 2000/03/30

 ISDN(INSネット64、INSネット1500)や、デジタル専用線などに接続する際に必要となる網終端装置。コンピュータ機器や電話機などをISDNに接続する際に必要なデータの網への送り出しや受け取り、タイミング調整、モニタリング、電力転送、過電圧保護などを行う機器。一般には、外部から屋内に引き込まれた電話線(壁面のモジュラージャックなど)に接続し、さらにTA(ターミナルアダプタ)を接続して、このTAにコンピュータ機器やアナログ電話機などを接続することになる。したがってISDNの導入時には、必ずDSUを用意しなければならない。DSU単体の機器も利用可能だが、最近ではDSUを内蔵したTAやISDNダイヤルアップルータなども安価に販売されている。

 ISDNでは、局から加入者宅までの信号、加入者宅の屋内での信号がそれぞれ異なる。このための信号変換を行うのがDSUの働きである。NTTからの回線は、DSUによって4線の信号線に変換される。このDSUに入る以前の部分はLI点と呼ばれる。ISDNは国際規格であるが、LI点の仕様は各国によって異なっている。そしてDSUを通過した後はS/T点と呼ばれる。このS/T点には、複数のデジタル通信機器(ISDN電話やISDN FAX、TA、ダイヤルアップルータなど)をバス配線で接続することが可能である。

 このようにTAやダイヤルアップルータはLI点に直接接続できず、S/Tに接続するためにDSUが必要になる。DSUを内蔵したTAはLI点に接続可能だが、内部的にはDSU-TAと接続されることになる。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ

- PR -