ICDロゴ

RCバージョン (Release Candidate version)

【アール・シー・バージョン】

最終更新日: 1999/09/21

 開発途中のハードウェアやソフトウェアに付けられる製品バージョンの1つで、最終的な製品候補となるバージョンのこと。「candidate」には「候補者」という意味がある。ベータバージョンからさらに製品版に向かって1段階進んだ状態のバージョン。

 一般に開発途中の製品に付けられるバージョンは、アルファバージョン→ベータバージョン→最終製品バージョンへと変遷する。しかしオペレーティングシステムなど、影響力の大きなソフトウェアでは、さまざまな環境でのテストを実施するために、ベータバージョンから製品版への過程でさらにテスト版を作成し、ユーザーの実際の環境でテストしてもらう場合もある。このとき、ベータバージョンからさらに1段階進んだものとして作成される開発途中版の総称がRCバージョンである。

 一般にRCバージョンは、一部の関係者だけでなく、最終的にその製品を導入するユーザーなどに広く配布し、実環境でのテストを実施してもらう。必要なら、RC1→RC2→RC3というふうにバージョンをあげ、大きな問題が解消された段階で、最終的な製品版(RTMバージョン)に進むことになる。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ

- PR -