ICDロゴ

byte

【バイト】

別名
バイト (byte)

最終更新日: 2002/04/04

 コンピュータにおける情報量の基本単位。1byteは8bit。

 コンピュータアーキテクチャにおいて、もっとも自然に1文字を表す(格納したり、処理したりする)ことのできる情報量として「byte」という単位が使われている。ただし現在のコンピュータでは、1byteといえば8bitのデータを指すが、初期のコンピュータでは、8bit以外のデータ(6bitや9bitなど)を情報処理の単位としているものもあった。英数字のみなら6bitでも足りるし、アークテクチャ的な理由によっては、9bitがもっとも自然に1文字を表すようなものもあったからだ(つまりこの場合には、1byteが6bitや9bitということになる)。そのため、正確に8bitを表したいときは、「byte」ではなく「octet」という単位を使う。

 コンピュータのCPUは、1byte(ないしはその倍数)を単位として、メモリや外部デバイスとのデータ交換を行う。このように1byteはコンピュータにおける情報処理の基本単位であり、システムのメモリサイズやハードディスクのサイズ、ディスク中に記録されたファイルのサイズなど、データサイズの単位として広く使われる。最近のパーソナルコンピュータでは、メモリはメガバイト(Mbyte)、ハードディスクはギガバイト(Gbyte)単位のデバイスが標準で装備されている。これらの単位の関係は以下のとおり。

1Kbytes(キロバイト) = 1024bytes
1Mbytes(メガバイト) = 1024Kbytes = 1,048,576bytes
1Gbytes(ギガバイト) = 1024Mbytes = 1,073,741,824bytes
1Tbytes(テラバイト) = 1024Gbytes = 1,099,511,627,776bytes
1Pbytes(ペタバイト) = 1024Tbytes = 1,125,899,906,842,624bytes
1Ebytes(エクサバイト) = 1024Pbytes = 1,152,921,504,606,846,976bytes

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

関連用語

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -