ICDロゴ

Wi-Fi (Wireless Fidelity)

【ワイ・ファイ】

別名
WiFi (Wireless Fidelity) 【ワイ・ファイ】

最終更新日: 2002/11/09

 無線LAN技術の推進団体Wi-Fi Alliance(旧称WECA:Wireless Ethernet Compatibility Alliance)によって認定された、相互運用性のある無線LAN製品の認定テスト。このテストにパスした製品には、Wi-Fiロゴが与えられる。

 IEEE 802.11b無線LAN技術はイーサネットなどと比べるとまだ歴史が浅いため、当初は規格の解釈の違いや実装されている機能などに差異があり、すべての製品間で相互に問題なく接続できるわけではなかった。特定の機種同士では接続することができても、別の機種同士では通信できなかったり、使用する場所や状態によってはうまく通信できなかったりした。このような状況は、無線LAN業界としても問題であるばかりでなく、ユーザーにとってもどの製品を選ぶべきか選択が困難になるし、ひいては無線LAN製品全体に対する信頼が揺らぐことにもなりかねない。

 そこでWi-Fi Allianceでは、無線LAN規格に対応した製品同士が確実に相互運用できるかどうかを検証し、さらに無線LAN技術の普及促進を図るために、Wi-Fiという認定テストを行っている。テストでは、最低限サポートすべきSSIDの仕様やペイロードの暗号化サポートの有無、パワーセーブ・モードの仕様、WEPのサポート仕様、応答時間や転送レートの要求仕様、ローミング時の扱いなどのほか、規格上であいまいになっている部分やオプションとなっている部分などに対しても具体的な取り扱い方法などを取り決め、さらに標準的な環境を用意して相互運用性をテストすることになっている。

 このWi-Fi認定テスト(Wi-Fi System Interoperability Test Plan)に合格した製品にはWi-Fiロゴが与えられ、ある一定レベルの相互運用性が保証される。このロゴにより、ユーザーは製品選択の参考にすることができる。

 Wi-Fi Allianceでは、現在のIEEE 802.11b(11Mbits/s)だけでなく、次世代の高速無線LAN、IEEE 802.11a(54Mbits/s)に対する認定テストWi-Fi5などへも対応する計画を持っている。またWEPの後継として、より安全性を高めたWPA(Wi-Fi Protected Access)規格の策定作業も行っている。

Wi-Fiロゴ
Wi-Fiロゴ
Wi-Fi認定テストに合格した製品に与えられる。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

関連用語

参考リンク

    Wi-Fi Alliance
    無線LAN技術の推進団体のホームページ

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ

- PR -