ICDロゴ

グローバルIPアドレス (global IP address)

【グローバル・アイ・ピー・アドレス】

別名
グローバルアドレス (global address)

最終更新日: 2002/05/20

 インターネットの世界で使われる、公式に割り当てられたIPアドレスのこと。単にグローバル・アドレスともいう。

 TCP/IPプロトコルでは、通信する相手のノードを特定したり、IPのパケットをルーティングしたりするために、重複のない、ユニークなアドレスを付けておく必要がある。特にインターネットでは、世界中のノードがネットワークに接続されているため、これらの間でユニークになるようにIPアドレスを付けておかなければならない。

 この要求を満たすため、インターネットに接続するノードに対しては、公的な機関に申請して、あらかじめ決められたIPアドレスを割り当てておくことになっている。この割り当て作業はIANA(Internet Assigned Numbers Authority)という組織が、各国ごとの割り当て調整組織に依頼して行っている。アジア・太平洋地域におけるIPアドレスの割り当ては、IANAから依頼されているAPNIC(Asia Pacific Network Information Center)が受け持ち、日本国内については、そこからさらに依頼を受けたJPNIC(Japan Network Information Center)が実際の割り当て作業を行っている。

 現在の日本国内のインターネット環境では、JPNICがISP(インターネット・サービス・プロバイダ)に対してIPアドレスを割り当てておき、ユーザーは、そのプロバイダに割り当てられたIPアドレスの一部を使うという形態になっている。ダイヤルアップ接続のユーザーはもちろんのこと、たとえ専用線で接続されているユーザーでも、直接JPNICからIPアドレスを割り当ててもらうわけではない。これは、同じプロバイダに接続されるIPアドレスをなるべく集約して、IPのルーティング・テーブル情報を整理し、効率よくルーティング作業を行うためである。

 以上のようなグローバルIPアドレスに対して、インターネットに直接接続することのない、各組織内部の閉じたネットワークでは、プライベートIPアドレスを使うことができる。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

参考リンク

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ

- PR -