ICDロゴ

Itanium 2

【アイテニアム・ツー】

最終更新日: 2002/07/17

 「Itanium」の後継であるIntelの第2世代の64bitプロセッサ。開発コード名は「McKinley(マッキンリー)」で、2002年7月9日から量産出荷が開始されている。

Itanium 2
Itanium 2
写真提供:Intel

 Itaniumに比べてItanium 2は、クロック周波数が800MHzから最大1GHzに向上し、3次キャッシュがプロセッサ・コアと同一チップに統合されて高速化されている。また、FSBの帯域幅も2.1Gbytes/sから6.4Gbytes/sへと向上している。さらに、命令発行ポートと実行ユニットの数を増やすなど、マイクロアーキテクチャも改善されている。

項目 内容
マイクロアーキテクチャ Itaniumアーキテクチャ(EPIC)
コアのクロック周波数 900MHz/1GHz
FSB クロック:400MHz
最大帯域幅:6.4Gbytes/s
1次キャッシュ 容量:32Kbytes(オン・ダイ)
レイテンシ:1クロック
2次キャッシュ 容量:256Kbytes(オン・ダイ)
レイテンシ:5クロック
3次キャッシュ 容量:1.5Mbytesまたは3Mbytes(オン・ダイ)
レイテンシ:12クロック
SMP構成でのプロセッサ数 1〜4基
製造プロセス 0.18μm
トランジスタ数 2億2000万個以上
パッケージ 611ピンOLGA相当
Intaium 2の主な仕様

 Itanium 2は、Itaniumとバイナリ・レベルでのプログラムの互換性を維持しており、同じバイナリ・コード(Itanium 2向けに最適化されていないコード)を実行した場合でも1.5〜2倍の性能向上が実現するという。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

参考リンク

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -