4分 − これからのCRMシステム導入のポイント

 では、本来あるべきCRMを実現するためには、どんなシステムをどのように導入すればよいのでしょうか。

 いままでクライアント企業に提供されてきたCRMのシステムやツールの多くは、顧客購買データ管理・SFAデータマイニングテキストマニングなどに代表される、企業の本部が主に分析やマネジメント用途で利用するものでした。これらについては、個々の製品の精度はある程度のレベルまで高まっています。

- PR -

 今後は、本部だけではなく現場でのマーケティングアクションを十分に見据えた、販売やビジネスの現場で活用できる、いわゆる「アクション系」のCRMシステムの精度向上が大きな課題になります。それは、顧客へのきめ細やかなアクションの実行、売り上げアップにダイレクトにつながるシステムです。いままでのCRMシステムは、この部分が弱かったのです。

 「本部が活用する分析・マネジメントのためのCRMシステム」と、「現場が活用するマーケティング機能を持つCRMシステム」の高レベルでの融合が、今後のCRMシステム導入のポイントになります。例えば、本部でデータマイニングを行った結果、実際に現場でどのようなアクションを起こせばよいのか(接客、イベント、売り場作りなど)リアルタイムで提示できるようなシステムが望まれています。

 本部でデータマイニングを駆使してどんなに高度で複雑なデータ分析を行ったとしても、その結果現場に届くのは優良顧客のリストだけでは売り上げアップの成果にはつながりません。“本部の部分最適”のCRMシステムから、“本部と現場の全体最適”のCRMシステムへ、これからのCRMシステム導入の重要な視点になります。なぜなら、CRMの本質は、「企業と顧客の関係性の創造」にあるからです。

 具体的にどんな新しいマーケティングアクションが販売現場で実践できるのか。その問いについて十分考慮を重ねたうえで、CRMシステム導入を考えるべきでしょう。


  5分 − CRM成功のために求められる人材

 Index 
 5分で絶対に分かるCRM
 

CRMの現在

  1分 − それでもなお、求められるCRM
  2分 − 大事なのは、現場のマーケティング
  3分 − CRMシステムの本来の役割
4分 − これからのCRMシステム導入のポイント
  5分 − CRM成功のために求められる人材

5分で絶対に分かるシリーズ
 ・5分で絶対に分かるシステム開発
 ・5分で絶対に分かるプロジェクト管理
 ・5分で絶対に分かるCIO
 ・5分で絶対に分かるITアーキテクト
 ・5分で絶対に分かる工事進行基準
 ・5分で絶対に分かるSOX法と内部統制の違い
 ・5分で絶対に分かる日本版SOX法
 ・5分で絶対に分かる内部統制
 ・5分で絶対に分かるJ-SOX IT統制ガイダンス
 ・5分で絶対に分かるグリーンIT
 ・5分で絶対に分かる情報セキュリティ監査
 ・5分で絶対に分かるERP
 ・5分で絶対に分かるCRM
 ・5分で絶対に分かるビジネス・インテリジェンス
 ・5分で絶対に分かるBPMS
 ・5分で絶対に分かるSaaS
 ・5分で絶対に分かるITIL
 ・5分で絶対に分かるサーバ仮想化
 ・5分で絶対に分かるストレージ
 ・5分で絶対に分かるオフショア開発
 ・5分で絶対に分かるSOA
 ・5分で絶対に分かるUML
 ・5分で絶対に分かるオブジェクト指向
 ・5分で絶対に分かるフィッシング詐欺
 ・5分で絶対に分かるWinny情報漏えい対策
 ・5分で絶対に分かるRFID
 ・5分で絶対に分かる非接触ICカード
 ・5分で絶対に分かるPKI
 ・5分で絶対に分かるファイアウォール
 ・5分で絶対に分かるIDS
 ・5分で絶対に分かるVPN


この記事に対するご意見をお寄せください managemail@atmarkit.co.jp

キャリアアップ

- PR -
@IT Sepcial

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
@IT Sepcial

「ITmedia マーケティング」新着記事

パイプドビッツなど3社、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」が提供開始
パイプドビッツは、メディコムとトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向け...

EC・通販の広告クリエイティブは「製品・サービスを手に取ってもらう」ことに割り切る
豊富な実務知見に基づき、EC・通販で成功する方法について解き明かしていく本シリーズ。...

ブレインパッド、DMP「Rtoaster」のメジャーバージョンアップを発表
ブレインパッドは、DMP「Rtoaster」のメジャーバージョンアップを発表した。