常陽銀行で「地銀共同化システム」の第一弾システムが稼働

2007/1/6

 日本IBMおよび「地銀共同化システム」プロジェクト参加行は1月4日、2003年4月より進めてきた同プロジェクトの第一弾として常陽銀行のシステムが稼働したと発表した。

 同プロジェクトは、三菱東京UFJ銀行の現行システムをベースとしたシステムを常陽銀行、百十四銀行、十六銀行、南都銀行で共同化するもので、2003年から検討・開発を進めてきた。今回の常陽銀行を皮切りに、今後、百十四銀行、十六銀行、南都銀行も順次、地銀共同化システムに移行する予定。

 地銀共同化システムは、三菱東京UFJ銀行の預金・融資・外為などの主要勘定系システムおよび情報系システムをベースとして、参加行の共通ニーズと個別ニーズを反映して構築したもの。参加行は、本システムへの移行後も三菱東京UFJ銀行から継続的に業務プログラムの提供を受ける。対象業務は当初の勘定系/情報系を中心に開始し、今後は範囲をさらに拡大する。

 日本IBMは同システムの開発・保守・運用の委託を受け、コンピュータは同社センターに設置。開発・保守・運用の実務は、日本IBM子会社の地銀ITソリューションが行っている。

[関連リンク]
日本IBMの発表資料
三菱東京UFJ銀行の発表資料(PDF)
常陽銀行の発表資料
百十四銀行
十六銀行
南都銀行

[関連記事]
北越銀行、NTTデータの「地銀共同センター」への参加を決定(@IT NewsFlash)
鹿児島銀行、次期基幹システムにユニシスのオープン系システムを採用(@IT NewsFlash)
北都銀行、富士通の共同利用型勘定系システムを導入・稼働(@IT NewsFlash)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

マーケティング未経験の2児の母、育休明け1年半でMarketo Championになる
営業出身で2人の子の育休を終えた「おかん」が復職してマーケティング部門に異動し、成果...

「インスタ映え」の熟知度は97.4%、非利用者も認知――ベネッセコーポレーション調べ
ベネッセコーポレーションは、ベネッセ教育総合研究所と共同で「第3回現代人の語彙(ごい...

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...