派遣Plus 派遣Q&A

人材派遣の基礎知識人材派遣の形態

人材派遣の形態
 


一般労働者派遣
登録型派遣と呼ばれる形態。この一般労働者派遣のスタッフとして働く場合は、人材派遣会社に登録し仕事が発生したときのみ雇用契約を結ぶ。人材派遣会社に登録しただけでは雇用契約が結ばれたことにならず、派遣先が決定した時に初めて契約が成立し派遣期間の満了とともに契約も終了する。また、1つの人材派遣会社と雇用契約中でも、自由にほかの人材派遣会社に登録したり仕事の依頼を受けることができる。なお、契約期間などを遵守することが条件となる。

特定労働者派遣
人材派遣会社に正社員として入社し、その立場のまま派遣スタッフとして派遣先で働く形態。人材派遣会社の社員なので、派遣先が決まらずに待機している期間も給料は定期的に支払われる。

紹介予定派遣
派遣先に入社することを前提に派遣先で働く形態。派遣契約が終了した時点で、派遣先企業と合意のうえ雇用関係を結ぶので、仕事や会社が自分に向いているかどうか、しっかり見極めてから入社することができる。なおこの紹介予定派遣を取り扱える人材派遣会社は、厚生労働省から一般労働者派遣業の許可と人材紹介業の認可の両方を受けていることが必要となる。


■人材派遣の基礎知識
  人材派遣の仕組み
→ 人材派遣の形態
  紹介予定派遣の特徴
  派遣業と請負業の違い
■派遣Q&A
人材派遣の基礎知識
人材派遣会社に登録する
仕事を始めるまで
就業開始
派遣社員の給与と保険・休暇
トラブルに巻き込まれたら
このページのコンテンツは、はたらこ ねっとの「人材派遣の知識に強くなろう」をもとにし、JOB@ITが一部改変して 掲載しています。