検索エンジンの新製品を発表、インクトゥミ

2001/1/11

 キャッシュサーバなどで知られるWebサイトインフラ関連のソフトウェアベンダー、インクトゥミ ジャパンは、1月10日、検索エンジンの新製品「Inktomi Search Software 4.0」を発表した。

 新製品は、企業や学校、官公庁などの中小規模のポータルサイト向けの検索エンジン機能で、インストールが完了すればサービスが開始できるなど、導入や保守・管理を安易にした。

 ロボット検索による自動更新では、更新間隔の設定が自由に行える。検索作業が実行されているときもデータの更新が可能で、XML、Acrobatなどの多用なフォーマットや言語のデータの検索や、Lotus DominoやMS Exchangeなどのグループウェア内での検索も可能。カスタマイズは、分散検索やインデックスなどでPython、Java APIなどにより設定できる。同社によれば、新製品を使用してASPサービスへ展開させることもできるという。

 対応プラットフォームは、Sun Solaris 2.5以降、Windows NT 4.0/2000のほか、Linux やHP-UXにも対応する。(詳細は同社URL:http://www.inktomi.com/products/search/products/ultraseek/ultrareq.htm を参照。)

 価格はオープンで、販売は販売代理店(1月10日現在、デジタルガレージのみ)を通して行う。同社では、新製品の発表会/導入セミナーを今月31日(水)に行う予定だ。

 

[関連リンク]
インクトゥミ
Inktomi Search Software

[関連記事]
IBMがポータル構築ソフトを発表 (@ITNews)
Oracle9i:一体何が新しくなるのか (@ITNews)
コンパック、新ブランド「iPAQ」で新製品とサービスを提供 (@ITNews)
エンタープライズポータルに軸足を傾けるサイベース (@ITNews)
“Tahoe”の正式名称は「SharePoint」に (@ITNews)
座談会 「3年後のグループウェアはどうなるのか」 (Master of Network)
コンテンツをコマースに変えるASP企業 (IT Business Review )

情報をお寄せください:


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

TechTargetジャパン