ネイティブXMLデータベースの最新版、
XML SchemaとWebDAVをサポート

2002/1/31

 ビーコンITは、ネイティブXMLデータベース「Tamino」の最新版「Tamino v3.1日本語版」を4月1日にリリースすると発表した。Taminoは、独ソフトウェアAG社の製品。最新版では、XML Schemaのサポート、WebDav機能の追加などが行われ、非XMLデータも含め柔軟なデータ操作を可能にした。

 ビーコンITマーケティング部の小島薫氏は、「企業システムのデータの入力と出力の部分はXML文書化しつつある。こうなれば、現在リレーショナルDBが使われているところもXMLデータベースになっていくだろう」と、将来はXMLデータベースが企業の中で大きく普及するとの見通しを述べた。

 Tamino v3.1では、W3Cが策定した最新の文書定義言語であるXML Schemaをサポートした。また、リレーショナルDBのプログラミングでよく使われる「カーソル」機能強化で、文書単位のロックや細かな排他制御、カーソルの前後移動機能などを実現。さらに、Tamino内のデータベースを操作するエクスプローラ「X-plorer」を用意することで、アプリケーションを用意しなくてもデータの追加や削除、参照などの操作が可能になる。

 また、新しく追加されたWebDAV機能を使うと、Taminoをファイルサーバのように扱うこともできる。Taminoには以前のバージョンから、スタイルシート、画像、マルチメディアデータなどの非XMLオブジェクトをストア可能であり、アプリケーション側でこれらをXML文書と連係させることで、よりリッチな表現を可能にしていた。新バージョンでWebDAVをサポートしたことにより、こうしたデータの管理が用意になった。WebDAVは、Internet Explorerなどがクライアント機能を備えているため、Windowsからは通常のフォルダのように見える。

 Tamino v3.1の価格は、1CPUあたり600万円から。また、今後「モバイルTamino」として、Taminoと連係するPocketPC用のバージョンもリリースすることも明らかにした。

(編集局 新野淳一)

[関連リンク]
ビーコンIT
Tamino XMLのサイト

[関連記事]
次世代プロトコルWebDAVの可能性(Linux Square )
XMLサーバカタログ/2001 Summer 〜XMLデータベース編〜 (XML eXpert eXchange)
「XMLで何ができるのか?」に答えるとエクセロン (@ITNews)
ノベルがDirXMLを拡張、インフォテリアとも協業へ (@ITNews)
XML対応を進める各社 (NewsInsight)

 

 

情報をお寄せください:


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

TechTargetジャパン